『いちからはじめるプリザーブドフラワーの作り方』が発売

 

思い出の花をプリザーブド加工して、長く素敵に楽しみませんか?
初心者でもできる!「プリザーブドフラワーの作り方」刊行 

 

 


株式会社誠文堂新光社から、 『いちからはじめるプリザーブドフラワーの作り方』が発売されました。

「プリザーブドフラワー」って聞いたことがありますか?それは、生のお花を特別な液で加工して、その美しさを長く楽しむための手法です。ドライフラワーと違って、生花の時の柔らかな質感がそのまま残せるので、パリパリと脆く崩れてしまう心配も少なくなります。

たくさんある液を混ぜたりして自分好みの色を作れるのも、プリザーブドフラワーの醍醐味。世界にひとつだけ、自分だけの花を作ることができるんです。そうして美しさを留めた花をアレンジメントにして飾ったり、アクセサリーにして身に付けたり……。



大事な記念日にもらったブーケや大好きな庭の花を、より長く、もっと豊かに楽しむことができます。生花が持つ自然の美しさは言うまでもなく尊いものですが、時にはこうして手を加えることで、思い出を留めておいたり、誰か大切な人への贈り物にしたりすることも、花の楽しみ方のひとつとしてあってもいいのではないでしょうか。

そんな「プリザーブドフラワー」を自分で手作りし、作ったプリザーブドフラワーを生かしたすてきな作品を作る方法までをしっかり網羅した、初心者でも安心の一冊です。

 

 

 

【目次抜粋】
プリザーブドフラワー作りの基本
プリザーブドフラワー作りの応用テクニック
プリザーブドフラワーを生かした作品の作り方…アレンジメント、アクセサリーなど

 

 

 

 

【書籍概要】
書 名:『いちからはじめるプリザーブドフラワーの作り方』
著 者:長井睦美
仕 様:B5判、 128ページ
定 価:1800円+税

 

 

【著者プロフィール】
長井睦美
中学2年生に活け花「嵯峨御流」をクラブ活動で始める。草月流を木下夢幻氏に師事。フラワーアレンジメントを神保 豊氏に師事し、プリザーブドフラワーに出会う。独自で試行錯誤をしながらオリジナルのプリザーブドフラワーを作り始め、その楽しさを広めるべく活動している。一般社団法人ユニバーサルデザイナーズ協会代表理事、日本バイオフラワー協会常任理事、オールアバウト プリザーブドフラワーガイド担当。プリザーブドフラワースクール運営の他、花関係のイベントプロデュース、ディスプレー、企業向けのプリザーブドフラワーのデザイン、プランニング、プリザーブドフラワー講師の育成なども手がけ、海外へもプリザーブドフラワー制作技術の指導に赴くなど多方面で活躍中。

 

 


株式会社 誠文堂新光社
http://www.seibundo-shinkosha.net/ 

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2017.02.11)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ