かわしまようこ著『草と暮らす』を刊行


美しいと思えば花になり、おいしいと思えば野菜になる。
こころと身体を調える雑草レシピ集

 


株式会社誠文堂新光社から、2016年4月5日(火)に、『草と暮らす』が発売されます。

道端に咲き、じゃまもの扱いされがちな雑草は、見方を変えれば美しい花になり、野菜にも薬草にもなる身近な植物。本書は、そんな雑草の魅力を本や教室で伝えてきた著者が、暮らしのなかで雑草を活用する方法を解説した実用書です。草を摘む心得にはじまり、ごはんやお茶にして味わったり、ブーケやリースにして部屋に飾ったり、入浴剤や酵素にして体を癒したり、といったさまざまなノウハウを紹介します。

 

撮影は写真家の藤代冥砂。生命力あふれる草花や沖縄での著者の暮らしぶりをとらえた写真も数多く掲載し、眺めるだけでもこころが安らぎます。

 

 

春の草サラダ

 


タンポポコーヒー

 


【目次】
・草を摘む(摘むときに気をつけたいこと)
・ごはんとして食べる(春の草サラダ、ハマダイコンの塩もみ、根菜のピクルス、トマトのスープ、白菜のチヂミ、韓国風しょうゆ漬け、小花かきあげ、姿あげ、焼きぎょうざ、コロッケ、おむすび、冬瓜カレー、花と種のっけ豆乳プリン、じゃがおかき)
・お茶にして飲む(お茶9種、タンポポコーヒー、松葉サイダー)
・飾ってたのしむ(草飾り5種、ブーケ、ギフトラッピング、リース、キャンドルリース)
・こころと体を癒す(ドクダミ化粧水、かゆみどめ、クレイパック、入浴剤、手浴・足浴、もぐさ、ハコベの歯磨き粉、豆腐パスター、ススキのお守り)
・酵素をつくる
・わたしの好きな草(図鑑)

 

美しいと思えば花になり
おいしいと思えば野菜になる
雑草の魅力を生かすさまざまな知恵。
 

【書籍概要】
書 名:『草と暮らす —こころと体を調える雑草レシピ』
著 者:かわしまようこ
写 真:藤代冥砂
仕 様:A5判、144ページ
定 価:1,500円+税
配本日:2016年4月5日(火)

 

【著者プロフィール】
かわしまようこ
1974年生まれ。2000年に「花だな」と思い、雑草と呼ばれる草にまつわる活動を開始。廃品に飾ったものやアスファルトのすき間から咲く雑草の写真をギャラリーや美術館などで展示したり、雑誌などのメディアで草の魅力を紹介。2009年、東京より沖縄に住まいを移し、草を摘むことが健康的な暮らし方、生き方につながることを発見。自然とつながり自分を見つめる宿泊型の雑草教室を沖縄などで開催している。著書にかわしまよう子名義で、『道ばたに咲く』(地球丸)、『草かざり』(ポプラ社)、『花よ花よ』(雷鳥社)、『ブータンが教えてくれたこと』(アノニマ・スタジオ)など多数。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-6  /  更新日:2016.03.29)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ