アクタスのバイヤーが選んだあかりの大展示会「101灯のあかり展」アクタス・新宿店にて開催

 

 


すべて買えます。
アクタスのバイヤーが選んだあかりの大展示会
「101灯のあかり展
アクタス・新宿店にて開催
2021年3月28日(日)まで開催。
 

 

 


インテリア販売を行う株式会社アクタスは、2021年2月11日(木)から3月28日(日)までアクタス・新宿店にて、アクタスのバイヤーが選んだ「101灯のあかり展」を開催いたします。

「101灯のあかり展」では、半世紀以上前に北欧で生まれ世界中で愛され続けている灯りの定番をはじめ、イタリア・ミラノサローネなど海外のデザインイベントで注目を集めた話題作、アクタス初登場の新作まで、様々なデザインの照明が集います。

 

明かりを灯すというシンプルな機能と、最低限電球の大きさだけあれば成立する照明は、インテリアを構成する要素の中でもデザインの自由度が高いアイテムのひとつ。その選択肢はシンプルな佇まいのものから、オブジェのような煌びやかなものまで無数に存在します。

 


アクタス・新宿店で開催する「101灯のあかり展」では、ペンダント、フロアランプ、デスクランプ、そして最近需要が高まっているポータブルランプ、LEDを使うことでもはや照明の領域を超えたアートのような製品などもご紹介しています。照明と家具のコーディネートも一緒にご提案していますので、室内にいる時間が増えている昨今の消費者の皆様の生活に、お役に立てる展示会となっています。


【開催概要】
「101灯のあかり展」
日時:2021年2月11日(木)~3月28日(日)
会場:アクタス・新宿店
       東京都新宿区新宿2-19-1BYGSビル1・2F ⇒ map
TEL03-3350-6011
営業時間:11:00~19:00*水曜定休
入場料:無料


*ミラノサローネとはイタリア・ミラノで毎年4月に開催されている世界最大規模の家具見本市『ミラノサローネ国際家具見本市』の通称である。


 

アクタス・吉祥寺では「ANGLEPOISE(アングルポイズ)」のポップアップを開催

アクタス・吉祥寺店では、イギリスを代表する灯りのブランド「ANGLE POISE」の美しい照明を集めたポップアップを開催。今回のポップアップでは、ブランドの象徴的アイテムといわれる「original 1227 Desk lamp」からUSB式充電でお家のどこでも持ち運べる「ANGLEPOISE 90 Mini Mini」など卓上でご使用いただきやすいアイテムを幅広く取り揃えてました。ご自宅にいる時間が増えた今、リビングダイビングのあかりだけではなく、ご自宅でのテレワーク用の照明をお探しの方も必見です。

アクタス・吉祥寺店
2/28(Sun.) まで

詳細はこちらから

 
 
 

 

また、アクタスオンラインでも北欧を代表するlouis poulsenをはじめ、家族のだんらん時間やリラックスタイムなど大事な時間を演出してくれる照明をブランド別・アイテム別にご紹介しています。

Lighting Collection

お部屋を明るく照らす器具としてだけではなく、その佇まいや色合いでお部屋の印象を変える照明選び。季節によって外の明るさが異なる北欧の国々では、お家の中の灯りの演出を上手に取り入れてインテリアを楽しみます。


LIGHTING collection お取り扱いアイテムが増えました!ルイスポールセンはペンダントのコードカットも承ります。 >>>>  

 

 

▼ Louis Poulsen(ルイスポールセン)

ルイス・ポールセン

1874年に創業したデンマークの照明メーカー、Louis Poulsen(ルイスポールセン)。「形態は機能に従う」というスカンディナヴィア・デザインの伝統にもとづく製品づくりを実践しています。製品の機能とデザインはどれも、自然の光のリズムを反映し、サポートするよう意図されています。製品のすべてのディテールが目的を持っており、デザインのすべては光に始まり、光に終わります。 ルイスポールセンは長年にわたり、単にランプをデザインするだけではなく、屋内そして屋外で人々が心地よいと感じる雰囲気を生みだす光をかたちづくってきました。機能美を備えたルイスポールセンの製品は、どんなスタイルの空間とも調和を保ち、魅力的で優しい光を発します。

詳細をみる >>>>

 

 

 

▼ レ・クリント


レ・クリント

はじまりは1901年、デンマークの建築家のP.V.イェンセン・クリントが日本の折り紙をヒントにオイルランプのあかりを調節するためのシェードでした。規則的に続く折りは美しい陰影を生み出し、レ・クリントの原点となっています。長い冬を過ごすデンマークの生活の中で磨かれてきたデザインや伝統の技術は、時代を超えて大切に受け継がれてきました。2003年にはデンマーク王室御用達に選定されるなど格式の高さがある一方で、北欧の一般家庭で愛用される身近なブランドでもあります。創業から変わらぬデンマークにある工房で、職人の手仕事によってつくられた美しいデザインと柔らかなあかりをお届けします。

詳細をみる >>>>

 

 

▼ ANGLEPOISE(アングルポイズ)


アングルポイズ

イギリスを代表する照明・ANGLEPOISE。その歴史は、1855年にハーバート・テリーが息子3人と共にスプリングを製造するHerbert Terry and Sons Ltd.(通称Terry’s)を設立したことから始まりました。Terry’sは、世界クラスの技術をもつスプリングメーカー。天才エンジニアであるジョージ・カワーダインのアイデアによるスプリングを利用したバランスアームランプは、スプリング式アームランプの元祖となりました。時代のニーズに応えた機能的なランプは、誕生から75年以上を経た現在でも、デザイン通の人々の間だけではなく、一般の人々まで幅広く知られるタスクランプのアイコン的存在になっています。

詳細をみる >>>>

 

 

▼ アンビエンテック


アンビエンテック

プロ仕様の水中ライトなど撮影機材メーカーとして世界最高水準の技術力を持つ会社の創設者であった久野義憲が、これまでの経験と開発スタッフを駆使し、配線のない高品位な照明器具を実現するために2009年に新たに立ち上げたカンパニー。社外の優秀なデザイナーを起用することでデザイン性にすぐれ、人々に長年愛用されるようなプロダクトの製品化を目指し、2012年初のコードレスランプを発表します。質にこだわったコードレスの照明で、新たなライフスタイルを日本から世界に発信しつづける企業として成長し続けています。

詳細をみる >>>>

 

(文:PR_A PR制作部-1  /  更新日:2021.02.10)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ