インテリアのお仕事⑤ インテリアデザイナー

インテリアのお仕事⑤ インテリアデザイナー

 

私達の周りにあふれているインテリア。お店や住空間、ホテル、公共の施設など、インテリアのプロフェッショナルが作り上げた空間は、華やかさや安らぎ、そして居心地の良さを感じることができ心を豊かにしてくれます。そんな様々なインテリアのお仕事を隔週にわたって紹介しています。第5回目は『インテリアデザイナー』のお仕事です。

 


インテリアデザイナーって?

インテリアデザイナーとは、住居・店舗・オフィスなどの建物空間のデザインを行うデザイナー
よく間違われる職業でインテリアコーディネーターがありますが、違いはインテリアコーディネーターが家具や照明といったインテリアのアイテムを組み合わせてコーディネートする仕事に対して、インテリアデザイナーは、建物内部やファサードなどの外部の装飾や空間構成、家具や照明器具、照明計画など空間の一部ないし全体の室内演出・デザインや建物全体の構成など、コスト管理をもとにゼロから空間を設計・デザインするといった仕事です。
現代では建築家との違いはデザイン性だと言われています。

 

インテリアデザイナー

 

インテリアデザイナーのお仕事

インテリアデザイナーのお仕事
インテリアデザイナーのおもな活躍場所は、建築会社、デザイン事務所、設計事務所、住宅設備・インテリアメーカーのデザイン部署などに就職するなどがあげられます。もちろんフリーランスで活躍するデザイナーもたくさんいますが、まずは企業やデザイン事務所に就職し、現場での経験を積み、人脈を作ってから独立する場合が多いようです。また、一人前のインテリアデザイナーになるには、幅広い知識と経験が必要であるため、少なくとも5年~10年はかかるといわれています。

 

 

 

インテリアデザイナーになるには

インテリアデザイナーになるには一人前のインテリアデザイナーになるには、幅広い知識とスキルが必要になります。
その為、インテリアデザインを学べるスクールでインテリアの基礎知識や製図の基礎、建築知識、業界標準ともいえるVectorWorksを中心としたCAD技術、またプレゼンテーションで使用するIllustratorPhotoshopでのボード作成技術を学びます。
インテリアデザイナーとしての資格はありませんが、就職に有利な資格として一級・二級建築士や商業施設士、インテリアコーディネーター、インテリアプランナーなどがあります。
インテリアデザインの空間は視覚だけではなく五感で感じること全てがデザインの要素です。
日頃から様々なものに触れ、センスを磨く事も重要です。

 

 

有名インテリアデザイナー

内田繁
片山正通
森田恭通
橋本夕紀夫

 

インテリアのお仕事⑤ インテリアデザイナー

インテリアのお仕事④ インテリアスタイリスト

インテリアのお仕事③ インテリアコーディネーター

インテリアのお仕事② 家具デザイナー

インテリアのお仕事① プロダクトデザイナー

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2011.09.30)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ