vol.28 ミース・ファン・デル・ローエ

デザイナーをもっと知ろう!!第28弾 ミース・ファン・デル・ローエ(Mies van der Rohe)

各国の建築デザイン・インテリアデザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・インダストリアルデザイン業界の有名デザイナーを紹介していく、「デザイナーをもっと知ろう!!」シリーズ。
第28弾は、ミース・ファン・デル・ローエ(Mies van der Rohe)です。

 

"Less is more." (厳選された少ないマテリアルで、豊かな空間を作る)という標語で知られ、近代主義建築のコンセプトの成立に貢献したミース・ファン・デル・ローエ。柱と梁によるラーメン構造の均質な構造体が、その内部にあらゆる機能を許容するという意味のユニヴァーサル・スペースという概念を提示した。

ミース・ファン・デル・ローエ(Mies van der Rohe)

 

 

 

 

 

 

<経歴>
1886年 ドイツ・アーヒェンに、石工の息子として生まれる。
1900年 同市の工業学校に通う(~1901)
1902年 工房やアトリエに、ドラフトマンとして働く
1905年 ブルーノ・パウルの事務所で働く(~1907)
1908年 ベーレンスの事務所で働く(~1911)
1912年 ベルリンに事務所を開設(~1914)
1921年 ノベンハー・グルッペ(11月グループ)の活動に参加
    マリア・ミハエル・ルードヴィッヒ・ミースから
    ルードヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエに本名を改める
1922年 ノベンハー・グルッペの建築部門責任者として活動する(~1925)
1923年 雑誌「G」のグループに参加
    「Less is More.」
1924年 ドイツ建築家協会(BdA)の下部組織「リング」を創設
1926年 ドイツ建築家協会(BdA)を脱退する
    ドイツ工作連盟の副会長に就任(~1932)
1930年 バウハウスの校長に就任
1933年 ナチスの圧力によりベルリン・バウハウス閉鎖
1937年 スタンレー邸設計のため渡米(旅行を兼ねる)
1938年 アメリカに移住、シカゴのアーマー工科大学主任教授に就任
1944年 アメリカ市民権を取得
1958年 イリノイ工科大学建築学科主任教授を退職、設計活動に専念する
1969年 8月17日シカゴにて死去

 

"Less is more." (厳選された少ないマテリアルで、豊かな空間を作る)という標語で知られ、近代主義建築のコンセプトの成立に貢献したミース・ファン・デル・ローエ。柱と梁によるラーメン構造の均質な構造体が、その内部にあらゆる機能を許容するという意味のユニヴァーサル・スペースという概念を提示した。

 

バルセロナ・パヴィリオン(Barcelona Pavillion)

 

 

 

 

 

 

 

バルセロナ・パヴィリオン Barcelona Pavillion 1929年

バルセロナ万博において設計されたドイツ館。
鉄とガラスで構成され、大理石の壁を配したもので、モダニズムの空間を実現したものとして建築史上有名。
なお同館のために、ミースがデザインしたバルセロナ・チェアも、モダンデザインの傑作として知られる。パヴィリオンは博覧会終了後に取り壊されたが、1986年に同じ場所に復元され、「ミース・ファン・デル・ローエ記念館」となっている。


 

トゥーゲントハット邸(Villa Tugendhat)

 

 

 

 

 

 

 

 

トゥーゲントハット邸 Villa Tugendhat 1930年

トゥーゲントハット邸は、1928年から1930年にかけてチェコスロバキア(現チェコ内)のブルノに建てられた邸宅。
チェコスロバキアの機能主義的建築物の中では、最重要にして最も美しいものである。1992年には、チェコとスロバキアが分離独立を決めた際に、調印式が行われた歴史的な場所でもある。2001年12月にユネスコの世界遺産に登録された。


 

ファンズワース邸(Farnsworth House)

 

 

 

 

 

 

ファンズワース邸 Farnsworth House 1951年

四方をガラスの壁で囲んだファンズワース邸

彼が設計したいちばん有名な住宅であり、完成型ともいえる。求めた空間とディテールを実現するため、不思議な構造になっている。週末別荘として建てられたもので、建設費が当初予算を大幅に超えたため、施主のエディス・ファンズワースと訴訟沙汰になったがミースが勝訴した。
 

ベルリン国立美術館・新ギャラリー (Neue Nationalgalerie Berlin)

 

 

 

 



ベルリン国立美術館・新ギャラリー Neue Nationalgalerie Berlin 1968年

鉄とガラスのスタイルを確立した芸術的な建物。

ミースが米国亡命後はじめてドイツに建設した作品。1階部分はユニバーサル・スペースを具現化しており、地下が大きな美術館になっている。


 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-12  /  更新日:2011.09.03)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ