20世紀を代表する椅子のデザイン一覧 Vol.3


 

20th_3


 

20世紀のデザイン史は、伝統の再生や新しい発見を繰り返し、文化と日常生活の中で多様化して来た。常に変化する消費者の好み、商業的優先順位、生産技術の発展などに対応しながら空間提案・デザインを形作られた。現代の生活に適応する多くの「20世紀の名作椅子」の代表作を年代順に辿ってみよう。
 

1929年は、世界大恐慌、バルセロナ万博、フランスではル・コルビジェらがUAM(現代芸術家連盟)を設立し、アメリカにもアールデコが広まった。翌年30年にはストックホルム博では、北欧にもモダンデザインが広まった。その時代の技術とデザインは、建築家達がトータルデザインを試みた空間に、座る機能を追求しながら美しく調和している。
 

 

 

 

 

13

0140

革張りの弾力性があるクッションが体を覆い、体を包み込まれるような座り心地で、タイヤを重ねたようなフォルム。ビバンダムは、タイヤメーカーのミシュランのキャラクターの名称である。
フランスで活躍した女性家具・プロダクトデザイナー、建築家。漆工芸作品がある。E1027サイドテーブルは機能的なサイドテーブルで、世界中で多くの贋作がある。

0141

 

 

 

 

他作品:   トランザット   /  E1027サイドテーブル

 

 

 

14

 

バイミオにあるサナトリウム(療養施設)の設計に合わせて作った椅子。背もたれから座のカーブは、積層合板の適度な弾力性を持ち、木材の美しさを強調したやさしさと機能主義的なデザイン。
フィンランドの国産バーチ材と古くからの成型合板技術を使う、フィンランドを代表する建築家。

0131

 

 


 

他作品: チェアNo66   /  スツールE60    /  イージーチェア406

 

 

 

15

0160

スチールパイプのフレームに、座と背もたれをゴムのロープで体を支えて弾力ある面を作っている。座る人により座面を変えるゴム製のロープを使い、サンドウズシリーズとしてダイニングチェアや肘掛け椅子などもある。
フランスの建築家で、現代芸術家連盟UAM創設。

 

0161

 

 

 

 

他作品:  サンドウズチェア

 

 

16

0150

平板三角形の後ろ脚が特徴あるフォルムで、前脚は細いスチールパイプを曲げて木の座を支える。木材と金属の組み合わせが、シンプルでスタイリッシュな構造になっている。
ブルーヴェは金属職人の経験を生かした建築家であり、椅子のディティールに鉄骨構造の専門家としての技術工法を生かしている。

0151

 

 

 

 

他作品: グランルポD80(1930年)

 

 

17

0170

シンプルなスチールパイプのフレームで、座と背をスチール板を塗装している。曲げ木の椅子のような金属椅子である。
フランスの建築家で、現代芸術家連盟UAMの会長。

 

 

 

18

0180数多くの建築作品に置かれる椅子をデザインしており、樽を連想するこの椅子は、1904年設計のダーウィン・D・マーチン邸のための椅子で、その後ディティールにアレンジを加え、フリーマン邸や1937年にハーバート・ジョンソン邸で製作し直した。
数多くの建築作品に置かれる椅子をデザインしているライトは、旧帝国ホテルの宴会場などに置かれた椅子など、六角形をモチーフに幾つかデザインした。
20世紀建築の代表的な巨匠の一人で、800以上の建築作品がある。

0181

 

 

 


他作品:  帝国ホテルの椅子(1922) /  ミッドウェイ 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

(文:小竹 みちえ  /  更新日:2016.04.07)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ