佐藤 オオキ 本 まとめ アイデアの出し方からスピード仕事術まで

 

 

nendo 佐藤オオキの本 
アイデアの出し方からスピード仕事術までまとめ

 

 

 

佐藤オオキ氏が代表を努めるデザインオフィスnendoは、常に数百を超えるプロジェクトを同時進行させながら多くのヒットデザイン案件を生み出してきました。そんな佐藤オオキ氏のユニークな発想はどこから来るのか? その答えとなる4冊の本を紹介します。

 

企業の問題解決しながらデザイン提案をする「問題解決ラボ 「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術」。デザインを生み出す仕事の後ろには、当然のように大量の「ボツ案」が積み上がっていく。その“門外不出"の渾身のボツ案を一挙公開した「佐藤オオキのボツ本」。代表の佐藤オオキ氏の独自の思考法と、チームを挙げてアイデアを具現化する行動術が、多くの企業に支持されている。その思考法10と行動術3を初めて1冊にま書籍 「ウラからのぞけばオモテが見える」 。

そして、400のプロジェクトを同時に進める多きなぜ、それが可能なのか?「佐藤オオキのスピード仕事術」などの4冊も紹介します。

 

【関連記事】
・nendo作品の記事を見る>>>>#nendo1 
・nendo作品の記事を見る>>>>#nendo2

 

 

 ■ 問題解決ラボ 「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術


「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)、「ガイアの夜明け」(テレビ東京系列) 「SWITCHインタビュー 達人達」(Eテレ)出演で大反響だった佐藤オオキ氏のアイデア発想術。ロッテ、エステーなどの日本企業から、コカ・コーラなどのグローバル企業、ルイ・ヴィトンなどの欧州名門ブランド、さらには「箸」や「桶」の伝統工芸職人までが「そうか、そこが“問題"だったのか! 」と世界中がうなった「問題発見プロフェッショナル」。300超の案件を同時進行で解決するデザイナーが「ひらめき」つづけるノウハウを初めて明かします

・本当の課題は、相手の話の「ウラ」にある
・「ありそうでなかった」は「ふとした不便」から見つかる
・アイデアは探さない――「ボヤッと見」で視点をズラす
・既視感も時には「武器」となる
・「チマチマメモ術」でアイデアに化学反応を起こす
・アイデアの「入力」と「出力」の循環を保つための3ステップ
・「組み換え」だって立派な解決法
・「1+1」ではなく、「1÷2」で――当たり前の疑い方
・「光る脇役」から考えてみる
・デザインの「正解」は不安と安心の狭間にある
・奇抜さはいらない――メタファー思考で「例えて伝える」技術
・整理、伝達、ひらめき。デザイン思考を構成する3つのカギ

 


問題解決ラボ 「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術 (日経ビジネス人文庫)

 

 

問題解決ラボ 「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術 [ 佐藤オオキ ]

価格:1,650円
(2020/6/6 18:57時点)

 

問題解決ラボ 「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術 (日経ビジネス人文庫 Bさー19-2) [ 佐藤 オオキ ]

価格:880円
(2020/6/6 18:57時点)

 

■ 佐藤オオキのボツ本

失敗にこそ成功の種がある――
「ボツ」を生かして最高のアイデアを生むプロセス教えます

佐藤オオキが初めて明かす仕事の裏側とは?
“門外不出"渾身の「ボツ案」も一挙公開!


佐藤オオキさん率いるデザインオフィスnendoでは、常に数百を超えるプロジェクトを同時進行させながら、「提案の数」「質」「スピード」の3つすべてを目指しています。クライアントから依頼を受けてから短期間で複数の詳細な案をしっかり提案し、プレゼンが盛り上がる。まるで息をするようにたくさんのデザインを生み出す佐藤さんの仕事の後ろには、当然のように、大量の「ボツ案」が積み上がっていきます。

一見華麗に見えるかもしれないプロジェクトの陰には、多くの失敗があります。考え方を変えれば、むしろ1つの成功のために、数々の失敗をあえて生み出す必要があると言えるかもしれません。本書では、さまざまな企業にご協力をいただき、佐藤オオキさんの“門外不出"の渾身のボツ案を一挙公開。アイデアがボツに至るプロセスを類型化し、ボツ案が生成されるプロセスを整理して、そこに至るまでの過程を図式で示しています。「ボツ」を恐れる必要はありません。それは、成功への第一歩なのです。

-----------------------------------------------------------------
「日の目を見ることのできなかったボツ案と、
そこに至るまでの経緯の中にこそ、デザイナーの葛藤や苦悩が潜んでおり、
『成功体験』や『美談』を通じては到底理解できない本質的な価値が
そこに存在しているんじゃないか、と常々感じています。
そんな、デザイナーの『カッコ悪い』姿を通じて、デザインの魅力を
少しでも多くの方に感じ取って頂けたら幸いです。」
――「はじめに」より
-----------------------------------------------------------------

第1章 散りゆくボツ案
第2章 未来を導くボツ案
第3章 ボツ案を育てる
第4章 よみがえるボツ案
第5章 ボツが人を育てる


 


 

佐藤オオキの ボツ本 [ 佐藤 オオキ ]

価格:1,980円
(2020/6/6 19:00時点)

 

 
 ■ ウラからのぞけばオモテが見える
(佐藤オオキ/nendo・10の思考法と行動術)

 
 
世界中のクライアントを相手に、常に数百を超えるプロジェクトを抱えるデザインオフィス「nendo」。代表の佐藤オオキ氏の独自の思考法と、チームを挙げてアイデアを具現化する行動術が、多くの企業に支持されています。本書は、その思考法10と行動術3を初めて1冊にま書籍です。デザイナーのみならず、ビジネスマンにとっても、ビジネス上のヒントを多く含んでいる1冊です。

 

ウラからのぞけばオモテが見える (佐藤オオキ/nendo・10の思考法と行動術)

 

ウラからのぞけばオモテが見える 佐藤オオキnendo・10の思考法と行動術 [ 佐藤オオキ ]

価格:1,980円
(2020/6/6 19:01時点)
感想(1件)

 

 

 
■ 400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術 (日本語) 単行本


佐藤オオキ氏はズバリ「仕事の質は、スピードで決まる」だと言います。デザインオフィスnendoは常に400以上ものプロジェクトを動かしつつ、新規の仕事もどんどん引き受けています。なぜ、これが可能なのか?その秘密は「スピードにある」。「仕事の質は、スピードで決まる」のモットーはどこからくるのか?

・「時間をかけるほどアイデアはよくなる」は間違い
・「とりあえず会って話を」は非効率
・ 大切なのは、選択肢の中から「2つに絞る力」

などからの実践的な方法は、どのビジネスにも通じるものがある。どの分野の職種でも仕事のスピードと効率を格段に上げてくれる一冊。
 

 


400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術 (幻冬舎単行本)

 

400のプロジェクトを同時に進める佐藤オオキのスピード仕事術 [ 佐藤オオキ ]

価格:1,320円
(2020/6/6 19:04時点)

 

■インテリアデザインの本をもっとみる >>>>> Check!!

■建築・建築デザインの本をもっとみる >>>>> Check!!

■マーケティング・デザイン本をもっとみる >>>> Check!!

■ライフスタイル本をもっとみる >>>>> Check!!

(文:PR / 広告_1 制作-クリエイティブ事業部  /  更新日:2020.06.05)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ