インテリアの知識 家具Vol.7 ~テーブルの構造~

インテリアの知識 家具Vol.7 ~テーブルの構造~

お店や住空間、ホテル、公共の施設など、インテリアのプロフェッショナルが作り上げる空間は、華やかさや安らぎ、そして居心地の良さを感じることができ、心を豊かにしてくれます。ここではそのインテリアのプロフェッショナルを目指す人のための『インテリアの基礎知識』をご紹介します。

生活の中でかかすことのできない家具の数々、中でも食卓や作業に使用されるテーブルや机は私達の生活の中でかかせない大切な家具のひとつです。テーブルや机にも折り畳み式や複雑な構造など種類はありますが、ここでは基本的なテーブルと机の構造、テーブル・机にかかせない天板の構造をご紹介します。

テーブルの構造・デスクの構造

 

◆天板の構造

木製天板には、ソリッド板(むく板)と框(かまち)組、合板の構成が一般的にあげられます。ソリッド板を2枚つなげるときには、下図のような継ぎ手を用います。
框組は板材で四周枠を組み、鏡板と呼ばれる1枚板をはめ込んだものです。ソリッド板より正確性が上がり軽く仕上がります。合板構造は表面に樹脂板を張り、端を緑材(木材、樹脂、金属)を回します。比較的安価なのも特徴です。

天板の構造

テーブルの構造はいかがだったでしょうか?
次回は食器棚や収納タンスなどの家具「箱物」の構造についてご紹介します。

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2013.08.17)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ