欧州出店から世界へ向かうインテリアブランド~


海外から見た日本といえば寿司、侍、忍者、スーパーマリオ、アニメなど多様なイメージで、最新ハイテク技術と伝統文化が融合した不思議な国のようです。
 

2016年訪日外国人客数が2000万人を突破し、東京五輪が行われる2020年には「4000万人」の誘致を目指している日本です。その中で訪日外国人の7割を占めるのがアジアの近隣諸国。歴史問題を背景に政治的な関係は決して良好とは言えませんが、若者たちはアニメなどの文化的な影響力で日本に対して「並々ならぬ関心」を抱いています。
 

一方日本国内は、円安の影響など外貨を稼ぎなんとか景気をささえていますが、経済が本格的に回復するには国民がもっとお金を使って内需拡大が必要です。ですが、20前に比べて若者人口は年々減少し生産年齢の人口が減っている上、人口減少も進み、やがて日本の内需志向にも限界がきます。人口ボーナスで景気を支えられたのは昔の話。内需を中心に発展してきた企業には切実な問題です。それを考えるといやおうなしに諸外国、特に近隣諸国とは手を取りあって進んでいかなくては日本の未来は見えてきません。
 

そんなものづくりの企業では「日本製の商品を海外展開したい」と考えているところも多いです。クールジャパン戦略の影響でMade in Japanは世界中でブーム。しかし、このままではMade in Japanブームは一時的なもので終わる可能性が高いのでは?とも言われています。

それは、日本企業がこのすばらしい「価値」を「ブランド化」してしていないからです。そのすばらしい価値をいち早くブランド化し、未来にむけて動き出した企業があります。

 

 


| 海外出店

毎年ミラノ、パリやフランクフルトでの海外見本市に出展をしていて、これは絶対に必要だと考えていました。10年くらい前からいやもっと前からヨーロッパ出店は考えていました。とおっしゃるのは株式会社プレステージジャパンの代表取締役の吉田さんです。タイム アンド スタイル(TIME & STYLE)ブランドで知られる株式会社プレステージジャパンは、日本の消費財の中心であるインテリア産業を担う企業です。

 

インテリアは国の品位を守る生活文化であり、日本は独自のすぐれたものをたくさん持っています。それを守り、世界に伝えるためには日本以外のどこかにリアル店舗は必要でした。インターネットで何でも買える時代ですが、この空気感はインターネットでは伝わらない。

 

 


タイム アンド スタイル(TIME & STYLE)は2017年3月23日、オランダ・アムステルダム市に自社店舗を開店しました。

新店舗を構えた場所は、近くにナチスからの迫害で隠れ家として住んでいた場所が博物館となった「アンネ・フランクの家」や、王宮や国立美術館も顕在する観光客が多く訪れる旧市街地。好立地なところです。建物は1888年に建造され、一昨年までの約130年の長きにわたりアムステルダム市の警察署として市民に親しまれてきたオランダ国の歴史保護建造物に指定されているもの。その一棟を借り受けて、店舗、ショールームとして運営していきます。

 

 

 

1  2  3  次へ >>

(文:KEIKO YANO (矢野 恵子)  /  更新日:2017.10.01)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ