ビュッフェレストラン「青森りんごキッチン」が青森にオープン


青森の星野リゾート奥入瀬渓流ホテル内に
「青森りんごキッチン」がオープン。

 


青森の星野リゾート奥入瀬渓流ホテル内に「青森りんごキッチン」がオープンしました。青森と言えば、りんご。宿泊客の8割は東京からの来訪者のため、りんごの生産量日本一という青森の最大の特徴をお客さまに味わっていただくビュッフェレストランです。

 

エントランスエリアでは、約1800個のりんごとオリジナルシードルを貯蔵するりんごセラーと津軽びいどろのガラスのりんごのアートが店内への導入部を演出。

 

 

ビュッフェエリアでは、りんごをイメージさせる巨大なブナコのペンダントと、奥入瀬渓流の川の流れをビュッフェ台のカーブで表現し、オープンキッチンのシェフの動きと相まって空間にリズムを作り出します

 

 

店内は木を多用した空間で、ホテルに合わせた山のリゾート感とカジュアル感を出しながら、随所に青森を感じるエレメントが配されています。

 

奥入瀬の木々をレストランにも引き込むイメージで生まれた木の間仕切り造作が、活動的なビュッフェエリアと居心地の良い客席エリアを絶妙なバランスで作り出しています。

 

 

Photo: Nacasa & Partners Inc.

また、この間仕切り造作と照明が連動することにより光と影が反転し、朝食時と夕食時の客席エリアの雰囲気を一変させている。客席エリアでは津軽びいどろのりんごの木が象徴的に配され、伝統工芸の南部裂織の壁面アートや羽越しな布を使ったフロアスタンドがお客さまへくつろぎの空間を提供します。

青森に行くなら寄ってみたい、そんな青森の詰まったりんごのレストランがここに誕生しました。

 

 


"Aomori Apple Kitchen" is a newly opened buffet restaurant  in Hoshino Resorts Oirase Keiryu Hotel. Aomori is famous for its largest production of apples in Japan. As about 80% of its guests come from Tokyo area, it adopted apples as motif so that guests could feel one of the most remarkable features of Aomori.

 The interior apply a lot of wood to be harmonized with atmosphere of the resort lodge in the mountain, placing elements those feature Aomori everywhere. In the entrance area, a large apple cellar, which stores approximately 1,800 apples and original cidre, and Tsugaru vidro (traditional glass working in Aomori) on the ceiling warmly welcome guests to the restaurant. In the buffet area, under the huge Bunaco pendant lamps reminding apples (Bunaco is traditional wood handicrafts in Aomori), the serving counters shape curves like streams of Oirase Keiryu, It creates rhythms in the space with moves of chefs in behind. 

The wooden partition has been created with concept of "drawing Oirase woods into the restaurant" and exquisitely create two spaces of active buffet area and comfortable dining area. Also with this wooden partition and lighting adjustment, light and shadow flip around from morning to night and it produces completely different atmospheres for breakfasts and dinners.  In the dining area, the art of Tsugaru vidro apple trees are symbolically placed on the ceiling, and the floor lamps using Uetsu Shinaori (traditional woven handicrafts) and the wall art of Nambu Sakiori (traditional local craft textile in Aomori) provide guests with comfortable space.

You would love to stop by Apple Kitchen if you go to Aomori. Here comes the new restaurant of apples with full of essence of Aomori.  (Fumihiko Fujii/ fan Inc.)

 

 

 

【ショップ概要】
店名:青森りんごキッチン
場所:青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231東館1階
星野リゾート  奥入瀬渓流ホテル
営業時間: 朝食  6:30~10:00 (LO.9:30) 
       夕食 18:00~21:00 (LO.20:30)
             http://www.oirase-keiryuu.jp/dishes/apple/


Location:
Hoshino Resorts Oirase Keiryu Hotel, 231,
Okusetochikubo, Towada City, Aomori, Japan
 

Designer:fan Inc. Fumihiko Fujii  .  Koichi Furumura

 

 

 

 


http://www.fan-inc.com/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2016.05.12)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ