「曲げ」を生かす直線的な木製家具「single-curve」

single-curve

佐藤オオキを中心とするデザインオフィス nendo が、曲げ木の家具で有名なオーストリアのトーネットとコラボレートし、スツール、ハイスツール、ダイニングテーブル、ローテーブルのコレクション「single-curve」を発表しました。


 

single-curve
for Gebrüder Thonet Vienna

トーネット ブランドのトレードマークである曲げ木が使われていますが、それで全体を構成するのではなく、あえて1か所だけ曲げ木を使うことがテーマとなっています。そのため曲げ木家具らしい印象はありませんが、よく見ると曲げ木が使われていることに気づきます。素材、パーツのサイズ、プロポーションなどは伝統あるトーネットのイメージを最大限に継承。直線的な家具の一部だけが曲がっていることが強いコントラストを生み、曲げ木の魅力がいっそう際立ちます。
 

photos by Joakim Blockstrom

 

 


 

http://www.nendo.jp/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2015.05.19)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ