ルイスポールセンに「AJシリーズ」新色登場バリエーション 豊かになった名作照明


 

 

 

デンマーク人建築家ヤコブセンの功績と
SAS ロイヤルホテルの開業60周年を祝して
オリジナルモデルの復刻リリースや新色登場!
バリエーション豊かになった名作照明「AJシリーズ」

 

 

 

デンマーク生まれの照明ブランド「ルイスポールセン」から、建築家アーネ・ヤコブセンが手掛けた名作AJシリーズがよりバリエーション豊かになって登場しました。

コペンハーゲンにあるSAS ロイヤルホテルの開業60周年を祝して、「AJ ミニ テーブル」と「AJロイヤル」のオリジナルモデルの製造を再開します。ここではヤコブセンの功績を称え復刻リリースした、「AJ ミニ テーブル」、「AJ テーブル」、「AJ フロア」のステンレススティール素材の新色“ポリッシュ ステンレス”と、2020年限定の特別カラー3色を紹介します。

 

【関連記事】
・ハイメ・アジョン氏デザインの客室、SASロイヤルホテルコペンハーゲンにオープン



ステンレススティール素材の新色“ポリッシュ ステンレス”
 

 

|ホテルのためにデザインしたAJランプ
デンマーク人建築家アーネ・ヤコブセンは1957年にSASロイヤルホテル(現ラディソン コレクション ロイヤル ホテル)のためにAJランプをデザインしました。現在このシリーズは、建築家アーネ・ヤコブセンを代表するデザインとして世界中で知られています。AJランプとペンダントの「AJ ロイヤル」は、ヤコブセンが手掛けた SASロイヤルホテルのデザイン・コンセプトの一部として誕生しました。

 


SAS ロイヤルホテル(当時)

AJ ランプはホテル内の複数のロケーションに配置され、銅とステンレススティールの2種が使用されていました。当時は“AJ ペンダント”と呼ばれていた「AJ ロイヤル」の銅タイプは、吹き抜け背後にあるスナックバーのテーブル席や、1階のラウンジ、21階のパノラマラウンジに配置されました。22階建ての SASロイヤルホテルはニューヨークの摩天楼にインスピレーションを受けてデザインされ、コペンハーゲン初の高層ビルとして1960年にオープンしました。

 

 

 

| AJミニテーブルとAJテーブル


<新作>AJミニテーブル(左)とAJテーブル(右)

AJテーブルのミニバージョンとして再生産する「AJ ミニ テーブル」は、既存のAJカラーヴァリエーションに加え、当時のオリジナルであったの他、2020年の限定カラーであるオリジナル・グレー、ペール・ローズ、ウルトラ・ブルーでもリリースします。「AJ ミニテーブル」は、ホームオフィスなどの卓上はもちろん、窓辺やベッドサイドで活躍し、幅広いテイストのインテリアと組み合わせが楽しめます。




| 製品詳細

 

▼ AJ ミニ テーブル

 


製品名: AJ ミニ テーブル
サイズ :W113 H433 D182
素材 :ステンレス・スティール光沢仕上. カラータイプ:スティール/ 塗装仕上.
光源 :LED電球 
 

ラインナップ・詳細をみる ⇒ AJ ミニ テーブル


 

 

▼ AJ テーブル

 

 

 

製品名: AJ テーブル
サイズ :W160 H560 D215
素材 :ステンレス・スティール光沢仕上. カラータイプ:スティール/ 塗装仕上.
光源 : AJ テーブル E26(白熱電球60W相当).

ラインナップ・詳細をみる ⇒ AJ テーブル




ルイスポールセン AJテーブル/ブラック(5744905026) テーブルスタンド

ルイスポールセン AJテーブル/ペール・ペトローリアム(5744905039) テーブルスタンド

 

 

 

▼ AJ フロア

製品名: AJ フロア
サイズ : W145 H1300 D275
素材 :ステンレス・スティール光沢仕上. カラータイプ:スティール/ 塗装仕上.
光源 :AJ フロア E26(白熱電球60W相当).
 

ラインナップ・詳細をみる ⇒  AJ フロア

 

 

・デザイナーの宝庫・デンマーク家具の『流れがわかる! デンマーク家具のデザイン史』コーア・クリント、ハンス J. ウェグナー、ボーエ・モーエンセン、フィン・ユール……なぜ、デンマークから数々の名作椅子が生まれたのかがわかる一冊。

 

アーネ・ヤコブセンについて
アーネ・ヤコブセンはコペンハーゲンで生まれ育ちました。1927年にデンマーク王立芸術アカデミーをアーキテクトとして卒業し、2年間コペンハーゲン市のシティー・アーキテクトとして仕事をした後、自身の設計事務所を開設しました。アーネ・ヤコブセンは、デンマーク建築のモダニストとして世界的に有名で、デンマーク、ドイツ、英国に数多く建物を残しています。最も知られた建築として、デンマーク国立銀行(1971年)、SASロイヤルホテル(1960年)、オックスフォードのセント・キャサリンズ・カレッジ(1963年)などが挙げられます。また、アメリカ建築界に強いインパクトを残せなかったのは、飛行機にたいする彼の恐怖心のせいだとも言われています。アーネ・ヤコブセンはアーキテクトとしての強い決定力を行使し、建物自体のみならず、ディテールの大部分のデザインに彼の意思を貫きとおしました。長年にわたり、彼は自らの建築プロジェクトのための照明器具、家具、カトラリー、ドア・ハンドル、バスルーム金物、ファブリック、そして壁紙パターンにいたるすべてを手がけました。アーネ・ヤコブセンがデザインしたチェアの中では、「エッグチェア」や「スワンチェア」が最も有名です。デンマーク内外で栄誉ある賞をいくつも受賞し、王立芸術アカデミーで11年間教授を務めたヤコブセンがデンマーク建築界全体に与えた影響ははかり知れず、彼のもとからは次世代のアーキテクトが次々と巣立ち、それぞれが独自の合理的かつミニマリスティックな建築手法を発展させています。

 


ルイスポールセン Design to Shape Light-光をかたちづくるデザイン
ルイスポールセンは長年にわたり、単にランプをデザインするだけではなく、屋内そして屋外で人々が心地よいと感じる雰囲気を生みだす光をかたちづくってきました。機能美を備えたルイスポールセンの製品は、どんなスタイルの空間とも調和を保ち、魅力的で優しい光を発します。1874年に創業したデンマークの照明器具メーカー、ルイスポールセンは、デザインと光の両方を 追求した製品を作り続けています。デザインのすべてのディテールが役割を持っており、すべてのデ ザインは光に始まり、光に終わります。ルイスポールセンは、住宅、建築、ランドスケープのための、 屋内と屋外両方の照明ソリューションを世界中で提供しています。光をかたちづくるという哲学のもと、ポール・ヘニングセンをはじめ、アーネ・ヤコブセン、ヴァーナー・パントン、佐藤オオキ、ガムフラテーシ、最近ではオラファー・エリアソンといった、才気あふれるアーキテクトやデザイナーと密接なパートナーシップを組み、デザインと機能美を備えた照明器具を数多くリリースしてきました。ルイ スポールセンは世界の照明のトップ・ブランドとして、コペンハーゲン(本社)、ストッ クホルム、マイアミ、オスロ、ロサンゼルス、東京、デュッセルドルフにショールームを置き、グローバ ルな事業を行っています。

 

ルイスポールセンジャパン株式会社
www.louispoulsen.com

 

 

■ テーブルウエア オンラインストア >>>> もっと見る

■ キッチンウエア オンラインストア >>>> もっと見る

■ デザイン家電 オンラインストア >>>> もっと見る

■ 家具・インテリア  オンラインストア >>>> もっと見る

■ インテリア用品 オンラインストア >>>> もっと見る

■ 照明 オンラインストア >>>> もっと見る

 

(文:PR / 広告_3 制作-クリエイティブ事業部  /  更新日:2020.07.20)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ