ワイス・ワイス 職人がつくる百年ソファ [ SPRING ] 発表

 

 


ワイス・ワイス
職人がつくる百年ソファ [ SPRING ] 発表
 

 
 
「森をつくる家具」をフィロソフィーに掲げ、国産地域材を活かす家具と空間づくりを進めてきた家具製造・販売、インテリアデザインを行う株式会社ワイス・ワイスは、2019年4月5日~7日に 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3にて、次なる“物語のある家具”『ワイス・ワイス 職人がつくる百年ソファ [ SPRING ] 』を発表します。

 

無垢材、シカ革、馬毛といった不均質な自然素材。手間と技術を必要とするコイルスプリング仕様。それらの特性に真摯に向き合い生まれた、究極のオーガニックソファ [ SPRING ] は、半永久的に使うことができる美しい暮らしの道具です。家具職人・宮本 茂紀とデザイナー佐藤 卓が世界に問う、日本のものづくりの姿がここにあります。

 

 

 

 

 

https://wisewise.com/archives/20190306_01/

 


― モデラー・デザイナー/プロフィール ―


宮本 茂紀(みやもと しげき)
株式会社五反田製作所 代表取締役 家具モデラー

明治の芝家具の流れを汲む椅子張り職人として修行を積む。1966年五反田製作所を創業。北欧・ヨーロッパ各国の工場でも腕を磨き、国内外トップブランド家具のライセンス生産を行う。イタリアで、デザイナーと対等に渡り合いものづくりをするモデラーの仕事に触発され、日本初のモデラーとなり、時代を代表するデザイナーの先駆的な椅子を開発。並行して、迎賓館や白洲次郎の椅子など歴史的価値のある家具修復、宮内庁の儀装馬車の修復や家具製造など、継承される高い技術が要る仕事も多く請け負う。2007年黄綬褒賞受賞。

株式会社五反田製作所 HP >> https://www.gotanda.co.jp/

 

 


佐藤 卓(さとう たく)

株式会社TSDO 代表取締役会長

1979年東京藝術大学デザイン科卒業。1981年同大学院修了。株式会社電通を経て、1984年佐藤卓デザイン事務所設立。「ロッテ キシリトールガム」「明治おいしい牛乳」などのパッケージデザイン、金沢21世紀美術館や国立科学博物館のシンボルマーク、武蔵野美術大学 美術館・図書館のロゴ、サイン及びファニチャーデザインを手掛ける。また、国立科学博物館での展覧会「縄文人」企画、NHK教育テレビ「デザインあ」総合指導を務めるなど多岐にわたって活躍。著書に「デザインの解剖」シリーズ、「クジラは潮を吹いていた。」など。

株式会社TSDO >> https://www.tsdo.jp/

 

 


【開催概要】
ワイス・ワイス 職人がつくる百年ソファ [ SPRING ]
期間:2019年4月5日(金)~4月7日(日)
開館時間:10:00~19:00(4月6日は17:00まで) *入場無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3 (東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)
         東京都港区赤坂9-7-6 → map
主催:株式会社ワイス・ワイス
協力:株式会社五反田製作所、株式会社TSDO
アートディレクション:佐藤 卓(株式会社TSDO)
グラフィックデザイン:白石 卓也(株式会社TSDO)
写真:岩崎 寛(STASH)、広川 智基、田中 雄一郎
映像:大田 晃
コピー: 武田 道生
お問合せ: 03-5467-7001(ワイス・ワイス本社)
>> https://wisewise.com/

 

 


▼関連情報

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3 写真:吉村昌也

●21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
>> http://www.2121designsight.jp/gallery3/

 


 
 

(文:PR-B_PR制作部-3  /  更新日:2019.03.18)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ