電報の新ブランド「みつぼし」 Ejp(East Japan Project )製品 発売


東北の伝統工芸職人と様々な国のデザイナーがコラボレーション
新しい日用品を提案するプロジェクト「Ejp(East Japan Project )」製品
電報の新ブランド「みつぼし」から 販売開始

 

電報サービスVERY CARDを提供している株式会社ヒューモニーは、日本の素晴らしい手仕事文化の結晶である伝統工芸品にメッセージを添えて贈ることができる電報の新ブランド「みつぼし」から、建築家の隈研吾氏がコーディネーターとなり東北の伝統工芸職人と様々な国のデザイナーがコラボレーションした“新しい日用品” を提案するプロジェクト「Ejp( East Japan Project)」の製品を発売します。

ヒューモニーでは、災害時にお見舞いなどで利用された電報収益の一部を被災地支援に充ててきました。「Ejp( East Japan Project )」も東北の伝統工芸職人と日用品を作りながら被災地の復興支援活動を続けています。「Ejp( East Japan Project)」の伝統工芸品や復興支援に対する考えに共感し、電報の「みつぼし」では「Ejp( East Japan Projec t )」の製品を販売することになりました。

 

Ej p( East Japan Project )とは

「新しい生活」は、場所に根ざした生活です。場所とは、気候・風土・産業・人間など、その土地にまつわる全てが最も自然なかたちで溶け合ったシステムの別名です。

しかし、そのシステムは、20世紀の効率や利便性を求める都市中心型社会によって失われました。人々は画一的な商品を好み、場所が生み出す品には「伝統工芸品」という名前がつけられ力を失っていきました。

3 . 11 はこの事実を我々につきつけました。

「新しい生活」は、場所を喪失し続けた20世紀の流れを反転させる生き方です。私たちは、東日本の職人たちとともに「新しい生活」のためのプロダクトを提案します。

それは非日常的で敷居の高い伝統工芸品ではなく、誰もが普通に生活の中で用いる「新しい日用品」です。それはすべての人が場所とともに生活し、場所と言う大きな循環に参加していくための道具です。

-------  隈研吾   ------

 

 


| 取り扱い商品一部紹介



『NARUCO Kokeshi Light』


 

宮城県鳴子温泉のこけし職人の持つろくろびきの技術で1点1点手作りされるこけし型LEDライトです。ノスタルジックなこけしが、現代の生活空間にも人の感覚にもすんなり馴染むライトになりました。木の質感は気持ちよくほどよいサイズの頭は、手のひらにすっとおさまります。

商品名:NARUCO Kokeshi Light
製 作 :松田工房( 宮城県)
デザイン :NOSIGNER
素 材 :ミズキ
寸 法: W55mm× D55 mm × H225 mm
模 様: 黒ベタ塗り/ 黒ボーダー柄/赤ベタ塗り/ 赤ボーダー柄/ 虹色

 

 

 

 

 


『OTO』

OTO はデンマークのプロダクトデザインユニットKiBiSi と笠間焼の陶芸家、伊藤公象とのコラボレーションから生まれたスマートフォンのための陶製アナログスピーカーです。ボウル状の器と管楽器を掛け合わせたOTO は、ラッパ形状の筒部分でスマートフォンの本体に装備されている小型スピーカーの音を反響効果によって拡大させ、ボウル部分には小物を収めることが可能です。

伝統的な技術を現代先端技術を取り込んだライフスタイルと混ぜあわせることを目指しました。そのことにより一種変わった現代っぽさと懐かしさを併せ持った新しい日用品が生まれました。OTO の陶器部分は茨城県笠間市の伊藤アトリエの主宰、伊藤公象によって手作りされ、iPhone と接続可能なアダプター部分や、音響効果を増大させる足部分は岩手の木工工房でクルミから切り出しました。轆轤で半工業的な精度で製作された本体は、貫入を用いた伊藤公象独自の技法が施され、一個として同じものはありません。

商品名:OTO
制 作: ITO ATELIER( Kosho Ito)
デザイン: KiBi Si
素 材 :陶器 / ウォールナット
寸 法 :径230 mm × H115 mm

 

 

 

 

「みつぼし」は伝統と電報を組み合わせた全く新しい電報ブランド


電報ブランド「みつぼし」とは日本の美しい習慣である電報に、同じく日本の“贈る” 文化を融合させて生まれた新しいカタチの電報ギフトです。「地域社会への貢献」をテーマに普段使いができるようモダナイズされた伝統工芸品を、「想い」を紡げる越前和紙のメッセージカードとともに大切な方へ贈る文化を提案します。

 

「みつぼし」の特長
○ 伝統工芸品と電報を組み合わせた日本の文化を感じる贈答サービス
○ インターネットから手軽に電報手配が可能
○ 海外でも人気の工芸品を7ブランドラインナップ
○ 1500年の伝統がある越前和紙を電報の台紙に

現在「みつぼし」が取り扱う伝統工芸品は日本が誇る7 ブランド31 商品。取り扱いブランドは「Ejp( East Japan Projec t )」をはじめ、今後も随時追加していきます。

 


取り扱いブランド

『廣田硝子』…………… 江戸切子・江戸硝子 東京都墨田区
『かまわぬ』…………… てぬぐい 東京都渋谷区
『輪島キリモト』……… 輪島漆器 石川県輪島市
『能作』………………… 高岡鋳物 富山県高岡市
『NAGAE+』…………… 金属加工 富山県高岡市
『華山』………………… 有田焼 佐賀県西松浦郡有田町
『大倉陶園』…………… 洋食器 神奈川県横浜市戸塚区


 みつぼし http: // www.mitsuboshi-denpo.jp

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-10  /  更新日:2017.05.10)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ