株式会社良品計画 企画展「Found MUJI北のもの」を開催

 

株式会社良品計画
Found MUJI企画展 「北のもの」開催

 

無印良品を企画・開発する株式会社良品計画は、2016年12月27日(火)~2017年3月2日(木)まで、東北の三県、岩手、秋田、山形の器や漆器、蔓細工、藁細工、木箱をご紹介する企画展「Found MUJI北のもの」を開催します。

今回は北国の人々の生活に根づいてきた器や道具の仕事をめぐり紹介します。

冬の寒さがとても厳しく雪深い地域も多い北国では、農作業や手仕事をするのには恵まれていない土地が多く、様々な生活の制約があります。冬になると土も水も凍るため、南の地域と比べると窯場はとても少なく、多くの生活道具も冬の農閑期におもに自家用としてつくられてきました。

ここには、厳しい環境の中でも、実直なものづくりは今に伝え続けられ、伝統を引き継いでいこうと若い人たちが後を継いでいる明るい姿がありました。岩手の漆器の工房では東北の外の地域から移り住み、研修に来ている若い女性たちがいることに驚きと嬉しさを感じました。地元の木や土や藁を使い、伝統の良いところを受け継ぎながらつくられた質実な器や生活の道具は、今の私たちのくらしにもよく馴染みます。

そんな味わい深い北国の道具を、くらしの中に取り入れてみてはいかがでしょう。

 

【代表的な商品】
岩手 小久慈焼、安比塗、山形 平清水焼、蔓細工、藁細工、秋田 秋田杉木箱
※商品は予告無く変更する場合があります。

 

 

【開催概要】
開催期間 :  2016年12月27日(火)~2017年2月16日(木)※有楽町、Found MUJI 青山
                  2017年1月6日(金)~3月2日(木)※その他店舗
開催店舗 :  Found MUJI 青山/有楽町/池袋西武/コレド室町/丸井吉祥寺/テラスモール湘南/名鉄名古屋/
                  イオンモール京都/京都BAL/グランフロント大阪/広島パルコ/MUJIキャナルシティ博多
※開催店舗は変更になる場合かあります。

 

 

 

 

無印良品はもともと、ものをつくるというよりは、「探す、見つけ出す」という姿勢で生活を見つめてきました。永く、すたれることなく活かされてきた日用品を、世界中から探し出し、それを生活や文化、習慣の変化に合わせて少しだけ改良し、適正な価格で再生してきました。2003年からは、この活動を「Found MUJI(見出されたMUJI)」と名付け、さらに世界の細部にまで入り込みながらよいものを探す旅をはじめました。見出されたモノたちの中には、そのままの品質ではわたしたちの生活に入りにくいものもあります。それらを今の生活の品質基準に合わせて、作者と対話しながら改良し、無印良品のものとして仕立て直します。

よいものを探す目を磨き、そのもののエッセンスを残しつつ、それらを現代の生活に合わせてさらによくしていく。Found MUJIは、無印良品と皆様が一緒になって行う活動です。
http://www.muji.net/foundmuji/

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2016.11.12)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ