DANSK MØBEL GALLERY ポール・ヘニングセン「PH 2/2 クエスチョンマーク」販売

 


 

銀座のインテリアショップ
「DANSK MØBEL GALLERY( ダンスク ムーベル ギャラリー)」
ルイスポールセンの「PH2/2 クエスチョンマークテーブルランプ」販売

 

 


北欧家具を中心にインテリアコーディネートと販売を行う東京・銀座のインテリアショップ「DANSK MØBEL GALLERY( ダンスク ムーベル ギャラリー)」では、期間限定にてデンマークの照明ブランド、ルイスポールセンの「PH2/2 The Q uestionMark(PH2/2 クエスチョンマークテーブルランプ」を販売いたします。

 

インテリアショップ「DANSK MØBEL GALLERY( ダンスク ムーベル ギャラリー)」
URL:http://www.republicstore-keizo.com/dmg/



ルイスポールセンを代表する照明デザイナー、ポール・ヘニングセン。光源が直接目に入ることを出来る限り排除し、不快なまぶしさ(グレア)をなくした、機能的で温かみのある照明器具を数多くデザインしたデザイナーです。彼は、自身の開発した羽根を3枚用いて電球の光をコントロールする「3枚シェードシステム」に基づき、1931年にオリジナルのPH2/2 テーブルランプを設計しました。このPH2/2 テーブルランプは、その表情豊かでエレガントな曲線をなす支柱の形状から、“クエスチョンマーク” と命名されました。

 



オリジナルの「PH 2/2 クエスチョンマーク」は、様々なヴァージョンで1950年代半ばまで生産されていました。今回の限定のランプはテーブルランプですが、優美な弧を描いたフォルムでフロアランプも当時製造されていました。機能性を重視しグレア・フリーの光と質の高いクラフトマンシップを追求してきたポール・ヘニングセンのレガシーに敬意を表し、「PH 2/2 クエスチョンマーク」を限定モデルとして、期間限定にて販売いたします。



 

《商品情報》

 

 



ポール・ヘニングセン「PH 2/2 クエスチョンマーク」

1931年設計のオリジナルモデルにならい、支柱部分はツヤのない無塗装の真鍮色に仕上げています。無塗装の真鍮表面は、時の経過とともにひとつひとつが異なる美しい古味をおびていきます。本体部分に設置されたスイッチやダークブラウンのファブリックコードを採用することで、エレガントな雰囲気を高めるようなディティールとなっています。

 


ベース部分にはポール・ヘニングセンのイニシャル「PH」が刻まれています。限定アイテムならではの細かな仕様により、クラシカルな雰囲気を再現したアイテムとなっております。使うほどに古く味わいのでる真鍮の変化をお楽しみください。

 

 


乳白色のガラスシェードは、外側と内側の層に光沢ある透明ガラスを用い、真中の乳白ガラス層をサンドイッチした三層構造です。さらに、電球から直接光を受けるシェードの内側はサンドブラスト加工を施したマット状になっており、目に心地よいソフトな光を反射し、均等に拡散させます。

 

 


こちらの「PH2/2 クエスチョンマークテーブルランプ」が汎用性の高いテーブルランプといえるのは、ステムの中心に位置するハンドルが決め手になっています。このハンドルは、左右に最大45度まで傾けることができ、必要な場所に配光ができるので、読書や作業灯に適しています。




■ DESIGNER 紹介 


ポール・ヘニングセン(1894~1967)

ポールへニングセンは、デンマークの女優アグネス・へニングセンを母として、コペンハーゲンに生まれました。1911年から14年にフレデリクスベアのテクニカル・スクールで、1914年から1917年にコペンハーゲンのテクニカル・カレッジで学びました。伝統的な機能主義建築をキャリアのスタートとした後、彼の興味は照明分野に移っていきました。また、活動領域は文筆活動にも広がり、ジャーナリスト、作家としても活躍しています。第二次大戦初期、コペンハーゲンのティヴォリ公園の主任アーキテクトも務めましたが、ドイツ軍占領時には他の多くの芸術家たちと同様、スウェーデンに亡命し、亡命先のスウェーデンではすぐさまデンマーク人アーティスト・コミュニティーの中心的人物となりました。ルイスポールセンとのコラボレーションは1925年に始まり、1967年に亡くなるまで続きました。ルイスポールセンは今日までも、へニングセンの天才の恩恵を受けています。

ポール・へニングセンは、ルイスポールセンの広報誌 「NYT」 の最初の編集者となりました。この「NYT」 誌は、当時のルイスポールセンCEO、ソーフス・カストラップ・オルセンが、デンマークの新聞紙からライターとしての活動の場を追われたへニングセンに、プレゼントとして提供したものです。( 彼の政治的、文化的意見は当時、かなり急進的なものでした。)ポール・へニングセンがパイオニアとして切り開いてきた照明分野の業績-影と光、グレア、光による色の再現、そしてそれら光の特性を人間の福利に結びつくように利用すること- は、いまもルイスポールセンが実践するライティング・セオリーの基礎となっています。


 

【販売概要】 期間限定販売
販売期間:10月1日(金)より予約受付開始 | 2021年12月末まで
PH 2/2 クエスチョンマーク
BRAND:ルイスポールセン(ルイスポールセンジャパン)
DESIGNER:ポール・ヘニングセン
MATERIAL:乳白ハンドメイド三層吹きガラス(内面はフロスト仕上)
支柱・ソケットカバー・ベースプレート:真鍮ヘアライン仕上(無塗装)
コード:ダークブラウン色テキスタイルコード
SWITCH:本体ゴースルースイッチ付
LAMPE:26 LE D 電球(白熱40W 相当)
SIZE:W200×D275×H410mm
WEIGHT:1.9kg
PRICE:¥194,700(税抜価格¥177,000)
※ポール・ヘニングセンのイニシャル「PH」を刻印
※ハンドルを回すと、ランプ上部を左右に最大45 度傾けることが可能

 

 

 

DANSK MØBEL GALLERY (ダンスク ムーベル ギャラリー)
「ノルディック・ラグジュアリー」をコンセプトに、インテリアコーディネートと家具・照明・絵画などの販売を行っております。日本においてラグジュアリーなインテリアと言えばイタリア家具が中心であり、かたや北欧インテリアと言えば白木のナチュラルでオーガニックなインテリアですが、実はそのどちらとも異なり、和の設えにも通ずる「ノルディック・ラグジュアリー」なインテリアがございます。日本人が古来より持っている感性にとても近しい価値観を有しているにも関わらず、何故か日本に伝わることなくすっぽりと抜け落ちてしまったインテリア。DANSK MØBEL GALLERYでは、和の要素やモダンアートも取り入れ、ノルディック・ラグジュアリーを皆様にお届けいたします。
URL:http://www.republicstore-keizo.com/dmg/

 

【ショップ概要】
場所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-6 松岡第二銀緑館2F ⇒ map
URL:http://www.republicstore-keizo.com/dmg/
TEL: 03-6263-0675
OPEN:12:00 - 19:00 [水曜定休]

 

CONCEPT
デンマークモダンをリードしてきた“本物” をセレクトする、ギャラリーと呼ぶに相応しいお店づくりを目指しております。当店では、デンマークモダンの家具や照明のみならず、当店独自にセレクトした絵画や調度品などを、取り揃えて参ります。デンマークデザインの考えは、「良い物を大切に長く使う」という古来よりある日本人の価値観・美意識に深く共鳴するものがあります。一世紀を超えても、受け継がれる様な、“ 家族の歴史を共に刻み込むインテリアライフスタイル” を皆様にご提案致します。デンマークデザインの最上質な空間を、お楽しみくださいませ。
※不定期に展示入替を行っております為、ご覧になりたい商品がございます場合は、お電話・メールにてお問い合わせくださいませ。

 

 

(文:制作 PR-C_PR制作部-5  /  更新日:2021.09.15)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ