地球にも体にもやさしいイケアにプラントベースフードの新メニューが登場!

 

 

植物由来のプラントカツカレーやプラントロールキャベツも! 
地球にも体にもやさしいイケアにプラントベースフードの新メニューが登場!

 

 

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社は、9月3日(木)よりはじまった「より健康的でよりサステナブルな暮らし」と「気候変動への取り組み」をテーマにしたサステナビリティ・キャンペーンにあわせ、プラントベース(植物由来)フードの新メニューを全国のイケア店舗で販売します。
 

 植物由来の原料だけを使用したプラントベースフードが新メニューに加わりました。イケアレストランでは、大人気のカレーがプラントベースにリニューアル。大豆などでできたカツのトッピングで、お肉好きな方でも満足してお召し上がりいただけます。大豆、コーン、オニオン、グリーンピースなどでできた具材を使用したロールキャベツ、大豆やオニオンなどからできた、まるでお肉のようなケバブが入ったサラダなど、豊富なメニューをご用意しています。またプラントベースのデザートもあります。乳製品を使用していないチョコレートムースはキャロットピューレ、シーベリーと一緒にお召し上がりください。


また IKEA 原宿限定で、プラントベースケバブをスウェーデン伝統のフラットブレッド、ツンブロードで包んだメニューも販売します。イケアのプラントベースフードを通じて、より健康でよりサステナブルな毎日の暮らしについて考えるきっかけを作っていただければ幸いです。
 

【プラントベースフード(植物性食品)とは?】
原材料に肉や卵を一切使わず、植物由来の材料だけでつくったメニューです。大豆をはじめ、コーン、グリーンピース、オニオン、ケールなど栄養豊富な豆や野菜をふんだんに使っています。植物性食品は、地球にも体にもメリットをもたらします。肉を使うよりもカーボンフットプリントが少なく、環境への負担を抑えられ、環境負荷がより少ない植物性食材は赤身肉や豚肉に比べてCO2排出量/kgがかなり低いため、より持続可能な食材です。

 

 

|  新メニューの一部ご紹介(税込価格)

 


・畑から生まれたプラントカツカレー ¥499

大豆などでできたカツを野菜たっぷりのプラントカレーにトッピングしました。販売場所:イケアレストラン(IKEA原宿でのお取り扱いはございません)

 

 

 

 


・大地の恵みのプラントロールキャベツ ¥299

大豆、コーン、オニオン、グリーンピースなどからできた具材を巻いたプラントロールキャベツ。販売場所:イケアレストラン(IKEA原宿でのお取り扱いはございません)

 

 

・プラントケバブサラダ

 


・プラントケバブサラダ ¥499

大豆とオニオンなどでできたプラントベースのケバブを使用したエスニック風サラダ。販売場所:イケアレストラン(IKEA原宿でのお取り扱いはございません)

 

 

 

・ベジラップサンド

 


・ベジラップサンド ¥200

ケール、レンズ豆、キヌア、タマネギ、小麦プロテインなどでできたベジソーセージを使用したプラントベースのラップサンド。販売場所:イケアレストラン(IKEA原宿でのお取り扱いはございません)

 

 

・プラントチョコレートムース


・プラントチョコレートムース ¥299

乳製品を使っていないチョコレートムース。キャロットピューレの酸味とシーベリーの食感がやみつきのデザートです。販売場所:イケアレストラン(IKEA原宿でのお取り扱いはございません)

 

 

 

・ベジチーズドッグ

 


・ベジチーズドッグ ¥150

ケール、レンズ豆、キヌア、タマネギ、小麦プロテインなどでできたベジドッグにプラントベースのチーズソースを使用。販売場所:ビストロ(IKEA原宿でのお取り扱いはございません)

 

 

 

・プラントベースケバブ ツンブロード

 


・プラントベースケバブ ツンブロード ¥500
ツンブロードに新しいフレーバーが登場!大豆やオニオンなどでできたケバブをスウェーデン伝統のフラットブレッド、ツンブロードで包みました。販売場所:スウェーデンカフェ(IKEA原宿限定メニューです)

 

 

 

【イケアのサステナビリティについて】
イケアは、循環型経済と気候変動に対して前向きに取り組みを行い、地域社会にポジティブな影響を与えていきたいと考えています。例えば「製品に使用するプラスチックを、2030年までにすべて再生可能な素材かリサイクル素材にする」というゴールを掲げ、、2020年1月には、ストローや、保存バッグ、ゴミ袋等の使い捨てプラスチック商品の販売を中止しました。また、日本のイケア各店舗の給水所は、無料給水所検索アプリ「mymizu(マイミズ)」に登録しており、マイボトルをお持ちいただきお気軽に給水いただけます。
https://www.ikea.com/jp/ja/this-is-ikea/sustainable-everyday/

9月3日(木)から10月4日(日)まで、「IKEA Better Living」アプリを使って、サステナブルな暮らしにチャレンジができるキャンペーンを行っております。
https://www.ikea.com/jp/ja/campaigns/ca00-better-living-app-challenge-pub4b90c490

イケアは、サステナブルなフードを通じてビジネスを実現するという目標に基づき、イケアの象徴ともいえるミートボールを見つめ直し、多くのミートボールファンのために、よりサステナブルな選択肢、「プラントボール」を生み出しました。プラントボールは、肉の代わりに植物由来の原料を使用。黄エンドウ豆由来タンパク質、オーツ麦、ジャガイモ、タマネギ、リンゴでできていますが、味や食感を妥協せず、見た目も味も肉にそっくりな新メニューです。プラントボールのクライメートフットプリントはイケアの定番料理のミートボールのたった4%で、2030年までにクライメートポジティブを達成するためのステップに貢献します。プラントボールは、日本では10月に発売予定です。
https://www.ikea.com/jp/ja/this-is-ikea/newsroom/20200716-plant-meatballs-pub63cfb280

 

 

イケアについて
イケアはスウェーデンのホームファニッシング カンパニーで、日本では、11店舗を展開しています。イケアは、2030年までに、地球の限りある資源の範囲内で、10億人の人々のより快適な家での暮らしを実現するために取り組んでいます。例えば「製品に使用するプラスチックを、2030年までにすべて再生可能な素材かリサイクル素材にする」というゴールを掲げ、使い捨てのプラスチック製品を廃止する計画を進めながら、持続可能なプラスチックを使用した製品を増やしています。また、日本のイケア各店舗の給水所は、無料給水所検索アプリ「mymizu(マイミズ)」に登録しており、マイボトルをお持ちいただき、暮らしのなかのサステナブルなアクションのひとつとして、お気軽にご利用いただけます。

 

 

イケアの記事をもっとみる>>>>>>>>

 

 

ikea_logo.png

http://www.ikea.com/jp/ja/

 

 

 

(文:イケア・ジャパン  /  更新日:2020.09.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ