ローソン×nendo ローソンPB新ロゴとパッケージデザイン


 

ローソン×nendo
ローソンPB新ロゴ・パッケージデザイン

 

 

 

デザインオフィスnendoからローソンのPB新ロゴとパッケージデザインを手掛けたニュースレターが届きましたのでご紹介します。

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

多くの国内コンビニチェーンが統一されたイメージのプライベートブランド商品を開発・販売しているのに対して、ローソンではコーヒーの「MACHI café」、スイーツの「Uchi Café」、健康に配慮した「NATURAL LAWSON」、「からあげクン」や「おにぎり屋」など、商品ジャンルやターゲットごとに複数のブランドを運用している。


これは、まるで商店街のように、専門性が高くて個性豊かなブランドから選べる楽しみを消費者に提供できる一方で、
「ローソン」としてのブランドイメージを訴求しにくいシステムでもある。

そこで、それぞれのブランドの特性を維持しながらも、ローソンとしての統一感も生まれるVIシステムを検討することに。
 

まずはローソンのメインロゴから「シルエット」と、ローソンの「L」を抽出し、視認性が高くて応用がしやすいプライベートブランド専用ロゴ「Lロゴ」を開発。
 

まるで着ぐるみのように、Lロゴが既存の個別ブランドのロゴに「着替えていく」ことで、従来のイメージを損なうことなく、緩やかにローソンブランドとしての繋がりを生み出すことを考えた。

 


■個別ブランドの新ロゴデザイン

 

 

 

■ L basic


その他のPB商品群は、日常生活の基盤となる定番商品を集積した「L basic」という新たなブランドで括った上で、
Lロゴをそのまま採用。

 


牛乳や卵、食パンなどの食品類をベージュ、ティッシュや石鹸などの生活雑貨製品はグレーのパッケージに統一し、
内容を示すシルエットのイラストだけをあしらったデザインとなっている。

 

日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語で商品名を記載し、海外からの訪問客が困らないように配慮。

 


価格や商品説明は、陳列棚に設置される店頭POPにわかりやすく記載することで、購入後の生活空間に入り込むノイズが減るように配慮した。

 

 

■ L marche


L basic以外の商品は「L marche」というブランドにし、冷凍食品、お菓子類、ファーストフード類と、それ以外の食品群という4カテゴリーに対して、それぞれの特徴を添えたLロゴとした。

従来のパッケージにあったような大きな商品写真ではなく、優しい印象のフォントとともに中身や原材料などがそれとなくわかるような手描きのイラストをパターン状にあしらうことで、女性層でも手に取りやすい柔らかな表現を目指した。

 

全国に約14,000店舗あるローソンの700点近いPB商品のデザインを整理し、人にも環境にも優しい商品を今後開発していくことで、日常生活にわずかながらの豊かさをもたらすことを願ったプロジェクトです。
 

Photographer: Akihiro Yoshida

 

【関連記事】
・ローソン×nendo 新型コロナウイルス 感染防止ポスターと動画

 

nendoの記事をもっとみる > > > #nendo1 #nendo2

 

 


http://www.nendo.jp/

 

 

◎ nendo 本の紹介

■ 問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

ロッテ、エステーなどの日本企業からコカ・コーラ、ルイ・ヴィトンなどの欧州名門ブランド、さらには「箸」や「桶」の伝統工芸職人まで―世界中がうなった「問題発見プロフェッショナル」の頭の中を大公開!300超の案件を同時進行で解決しつづけるデザイナーが明かす「すでにそこにある答え」に気づくための「正しい問い」の見つけ方。

 

■ ネンドノオンド

nendo佐藤オオキ×世界のトップクリエーター17人の贅沢な雑談集。デザインの権化として君臨する「フィリップ・スタルク」さんや、国立競技場の設計を手掛ける建築家の「隈研吾」さん、現代のダ・ヴィンチと称賛されるイギリスの気鋭建築家「トーマス・ヘザウィック」さんなど、世界的なデザイナー、デザインオフィスnendoの佐藤オオキさんと、同じく世界のトップをひた走る17組のクリエーターとのあまりにも贅沢すぎる「雑談集」。

 

 

 

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2020.05.08)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ