20世紀を代表する椅子のデザイン一覧 Vol.1

20th_century

20世紀のデザイン史は、伝統の再生や新しい発見を繰り返し、文化と日常生活の中で多様化して来た。常に変化する消費者の好み、商業的優先順位、生産技術の発展などに対応しながら空間提案・デザインは形作られた。
現代の生活に適応する多くの「20世紀の名作椅子」の代表作を年代順に辿ってみよう。

 

 

 

1 

0010
座る機能より、フォルムに力点を置いた空間の構成要素としての椅子。座面の大きさが極端に小さく、背柱は楕円形で上に行くほど細くなっている。グラスゴーにある別荘「ヒル・ハウス」の寝室に据えられた、背の高いラダーバックチェア。MoMA所蔵作品        

 

 

0011

 

 

 

 

他作品:      「アーガイル」        /  「ウィローNo.312」

 

 

 

2 

002

ファーグス社工場のエントランスホールのためにデザインしたアームチェアで、オランダの「デ・スティル」の影響を受けた、機能に忠実なフォルムを持つ。
建築家、バウハウス初代校長

 

 

 

3 

0020
シンプルな構成だが、座・背・アーム・座面の4つの部材がカラフルに色分けされて、パーツの交差と小口の黄色が立体感を増している。画家モンドリアンの平面を造形化したような椅子。画家の友人の助言で今のカラーリングとなった。
MoMA所蔵作品

 

0021

他作品:「ジグザグチェア」

 

 

 

4 

0030

革張りでヴァシリー・カンデンスキーのためにデザインした、ブロイヤーが作った最初の鋼管椅子。自転車のフレームからヒントを得て、クロームメッキの光沢とカーブを描いた線をブロイヤー自身も「技術の象徴」と説明している。
バウハウス・マイスターとして学生の指導にもあたっている。

 

 

 

 

他作品:「アームチェア B64」(1929年)

 

 

 

 

5 

 0040

前脚が半円形にカーブしたスチールパイプが、座った時の衝撃を吸収して、弾性を高める。構造の簡素化ができた合理的な構造は、カンティレバータイプの古典として知られている。1本のパイプで肘掛け無しのタイプが「MR10」。肘掛けがある「MR20」。背と座が籐張りは通気性が良く、座の皮革は弓形の鋼棒で調整できる。 
バウハウス3代目校長で、閉校後アメリカにてシーグラムビルなどを設計。20世紀建築の代表的な巨匠の一人。

0041

他作品:「バルセロナチェア」

 

 

 

6

 

0060合板の背と座を鋼管に直接ビス止めした簡易なスタイル。深く腰掛けて背もたれに寄りかかった時の安定感があるように、スチールパイプで製作した。
マルト・スタムは、ガス管をつないでカンティレバー椅子の原型を発案した。バウハウスにて「建築と都市計画」客員講師。

0061

      

 

 

他作品:「カンティレバー S43」        /  「S33」  

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:小竹 みちえ  /  更新日:2016.03.10)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ