「もう一歩深く知るデザインのはなし 日本におけるバロック」まとめ

デザインを考えるとき、過去から引用することは多いですね。それを効果的に活かすためには、その過去のものの持つ背景や思想についてより深く知り、考え、理解することが大切です。「もう一歩深く知るデザインのはなし」は、デザインに関する事柄からいくつかを取り上げ、その周辺や様々な背景について考えることで、読者の方々に「もっと知りたい」と思っていただくことを目指しています。
 
今回のテーマは「日本におけるバロック」。日光東照宮を例に、「華やか」で「派手」で「暑苦しい」日本のデザインを見てみたいと思います。

 

1moredesign_baroque1.jpg「真面目で繊細」なだけが日本じゃない
「日本らしさ」と言えば?「シンプル」「簡素」「わびさび」「禅」…それらはもちろん世界に誇る日本の財産ですが、それだけが日本らしさではありません。それと対極の、過剰なほどの華やかさで愛される建物も日本には多くあります。その代表が日光東照宮。ここでは東照宮を例に、日本におけるバロック的なデザインについて考えてみます。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.26/日本におけるバロック
 

 

1moredesign_baroque2.jpg神を崇めるためのデザイン
日光東照宮は、家康を神として祀る霊廟として建てられました。徳川家は「自分たちは神の末裔である」と宣言することで、政権の繁栄をはかったのです。そのデザインで最も注目すべきは、やはり建物表面を不気味なほどびっしりと覆う彫刻の数々。おびただしい、しかも精巧な彫刻たちには、当時の人たちの熱い想いがこめられています。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.27/日本におけるバロック
 

 

1moredesign_baroque3.jpg祭りという「非日常」を演出する
たくさんの装飾彫刻たちが、華やかでいて不気味な非日常感を醸し出す日光東照宮。あのような表現が生まれたのは、東照宮が家康を祀るための神社だったからです。東照宮では毎年家康の命日に祭りが開かれ、多くの人が見物におしかけ「家康という神」への信仰心を新たにしました。あの彫刻たちは、まさに「祭りの高揚感」を演出していたのです。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.28/日本におけるバロック
 

 

1moredesign_baroque4.jpgいま評価される「かざりの美」
日光東照宮以外にも、豪華絢爛な意匠が印象的な建築物はあります。例えば箱根の「富士屋ホテル」や、目黒の結婚式場「目黒雅叙園」など。ともに、東照宮に通じるような豪華絢爛さが魅力です。私たちは、こういう派手でごてごてしたインテリアに戸惑いながらも、時にどうしようもなく惹かれてしまったりします。それはいったい何故なのでしょうか。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.29/日本におけるバロック

 

 

この記事は2012年に掲載した「もう一歩深く知るデザインの話」をシリーズごとにまとめたものです。

 

 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:maki  /  更新日:2016.02.25)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ