「もう一歩深く知るデザインのはなし 装飾は罪悪か」まとめ

デザインを考えるとき、過去から引用することは多いですね。それを効果的に活かすためには、その過去のものの持つ背景や思想についてより深く知り、考え、理解することが大切です。「もう一歩深く知るデザインのはなし」は、デザインに関する事柄からいくつかを取り上げ、その周辺や様々な背景について考えることで、読者の方々に「もっと知りたい」と思っていただくことを目指しています。

今回は、建築史のなかでひときわ異色を放つモダニズムの先駆者、「アドルフ・ロース」についてです。

 

1moredesign_loos1.jpg建築界の異端児、アドルフ・ロース
20世紀初頭。産業革命を経て「モダニズム」が建築の主流になりつつあったこの時代、建物から「装飾」がどんどん排除されていきました。その中で「装飾は罪悪である」と主張し世間を大いに騒がせ、後の建築界に影響を与えた異色の建築家がいます。その名はアドルフ・ロース。今回から、その奇抜な主張に迫ってみたいと思います。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.13/装飾は罪悪か
 

 

1moredesign_loos2.jpg誤解される「装飾は罪悪」論
「装飾は罪悪である」という衝撃的な言葉を残した建築家、アドルフ・ロース。きっと彼の建築の内部も装飾のないシンプルな空間だろう、と思いますよね。けれど彼の作った空間は意外に様々な色やテクスチャーが使われています。しかも一部「装飾」が施されている場所も。自分で「装飾は悪だ」と言っているのに、です。彼の真意はどこにあるのでしょうか。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.14/装飾は罪悪か
 

 

1moredesign_loos3.jpg住空間の主役は、装飾ではない
19世紀末に登場したアール・ヌーヴォー様式。当時の富裕層の家はどこも、隅々まで完璧なアール・ヌーヴォーでした。アドルフ・ロースはそんな空間を「白々しい」と批判しました。「装飾は悪」発言は決して「空間から装飾を一切なくすべきだ」という極端な主張ではなく、部屋をひとつの装飾様式で揃えるなど「装飾にこだわること」への批判だったのです。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.15/装飾は罪悪か
 

                                                                                                                              

1moredesign_loos5.jpg「立派な人間は装飾に関心など持たない」?
アドルフ・ロースは「装飾は罪悪」という言葉で、装飾や様式にこだわる態度を批判しました。そこまで嫌った装飾や装飾様式とは、彼にとって何だったのでしょうか。実は彼は「装飾は性的衝動の現れである」と断言しています。装飾のスタイルに拘ったり、装飾デザインを新たに生み出したりすることは、彼に言わせれば「非常に恥ずかしいこと」でした。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.16/装飾は罪悪か
 

 

1moredesign_loos4.jpg後世に影響を与えた「装飾は罪悪」論
「装飾は性的衝動と同じ」という発言で物議をかもしたアドルフ・ロース。彼の言説は、一般の人に理解されることはほとんどありませんでしたが、同時代や後世の建築家たちには大いに影響を与えました。あのル・コルビュジェも「文化が向上すればするほど装飾は影を潜める」と言い、これはアドルフ・ロースの影響を受けた考え方であると述べています。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.17/装飾は罪悪か
 

 

1moredesign_loos6.jpg私たちはなぜ「装飾する」のか
なぜ私たちは、自分の部屋を装飾するのか。おそらくロースが言ったような「性的衝動」からではありませんね。「好きなものに囲まれて過ごしたいから」「自分の世界を作りたいから」という人が多いのではないでしょうか。過去の時代においては、装飾には「祈り」がこめられていました。人間にとって「装飾」とは何なのか、ひとつの仮説を立ててみましょう。
もう一歩深く知るデザインのはなしvol.18/装飾は罪悪か

 

 

この記事は2012年に掲載した「もう一歩深く知るデザインの話」をシリーズごとにまとめたものです。

 

 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:maki  /  更新日:2016.02.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ