インテリアの知識 建具編 Vol.4 障子の構造

障子の構造

建具とは閉てる具の意味で、建築の開口部を開閉するものの総称です。

工業製品の建具は、サッシもドアも戸と枠が対で生産されますが、従来建具は建具職人が制作し、枠は建築本体の造作材としてつくりこまれてきました。

一方、伝統的な日本の建具の最大の特徴としては、柱と柱の間に建て入れて、鴨居と敷居に彫った溝の中を滑って動く、スライド式の引き戸であることでした。ドアのように建具を前後に動かす開き戸方式では開放スペースが必要ですが、引き戸は場所をとらず、スライドさせるだけで、簡単に部屋をつないだり、区切ったりすることが出来ます。こうした機構によって、引き戸は日本の室内空間に見合う建具として、開き戸よりも普及していきました。

 

障子の構造障子の構造

ガラス戸が普及する前、障子は外廊下と部屋を隔て、明かりを室内に取り入れつつ、寒さや風を防ぐ機能的な建具でした。明るさが重要だったため障子紙は白く、チリが入っていないほど良質とされていました。かつては楮(こうぞ)を主原料とした手漉き和紙が障子紙として使われていましたが、現在はパルプに化学繊維や合成繊維を配合した機械漉きが主流になり、大判の障子紙が生産されるようになりました。そのため張り継ぎをせずに一枚の紙で障子を張れるようになり、組子の意匠も多様になりました。

障子は竪框・上桟・下桟、組子で構成されています。相欠きといって竪と横の凹み同士をかみ合わせ、左右の竪框と上下の桟に組子の枘(ほぞ)を差し込んで組み立てます。傷みやすい下部に腰板を張ったものを腰付障子といい、2~3尺の高さまで腰板を張ったものを特に腰高障子と言います。最近はシンプルなデザインが好まれるためか腰板をつけたものは少なくなってきました。主流は大荒組の水腰障子など組子を大きく組んだものや、グリッドのデザイン性の高いものが人気となっています。鴨居への納まりや、室内での見栄えを配慮し、上桟の形状と竪框との接合部分を変えたり、框と桟に紙がかかる部分は紙の厚さ分を吸収するために、うっすらと决(しゃく)るなど、細部に工夫が凝らされることもあります。

 

全体の形状や組子の組み方により、様々な種類があり、その名称も地方によって違うものもあります。
その一部を下図で紹介いたします。

 

障子の種類

障子の種類

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2015.08.13)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ