建築写真集『世界の宮殿廃墟 華麗なる一族の末路』発売

 

 


栄光と凋落が織りなす究極の美
世界各地の宮殿廃墟136カ所を巡る 
建築写真集『世界の宮殿廃墟 華麗なる一族の末路』
8月24日(月)発売! 

 

 

 


 
日経ナショナル ジオグラフィック社では、『世界の宮殿廃墟 華麗なる一族の末路』を2020年8月24日(月)に発行します。本書は、長い時を経て朽ち果てていった、世界各地の宮殿や豪邸の廃墟136カ所を美しい写真と簡潔な文章で綴った写真集です。

 

「元イラク共和国の大統領サダム・フセインの家」「ウクライナピドヒルツィ宮殿」「ハイチ ポルトープランス大統領宮殿」など、かつては栄華を極め、成功者らが贅を尽くして建てた豪邸が、見るも無残に没落していった様子を写しています。大富豪の豪邸、別荘、中世から近世にかけ繁栄を極めたヨーロッパ諸国の王侯貴族らによる華麗な宮殿、城郭、邸宅のほか、長い間、旧共産圏のベールに包まれて知られることの少なかった東ヨーロッパ各地に残る宮殿廃墟は、印象的な外観、内観で本書の見どころの一つとなっています。巻末には本書に登場する全廃墟の位置を記した「世界宮殿廃墟マップ」付き。栄光と凋落の究極の美。宮殿こそが廃墟の中の廃墟といわれる所以を、ぜひ本書で確かめてください。

 

■世界各地の廃墟136カ所を紹介。かつての栄華を極めた宮殿は、廃墟の中の廃墟!
■旧共産圏のベールに包まれ、あまり知られていなかった東ヨーロッパ各地の宮殿廃墟も掲載!
■『絶対に住めない 世界のゴーストタウン』『絶対に出る 世界の幽霊屋敷』に続く、廃墟シリーズ第3弾!
■栄光から没落へと至った物語を写真で綴る!
■アフリカと中東の宮殿廃墟、日本からは大型リゾートホテル廃墟など珍しい廃墟も紹介!

 

 

【主な内容】
第一章 南北アメリカ大陸とカリブ海沿岸
 サン・スーシ宮殿(ハイチ)/パレンケ遺跡の宮殿(メキシコ)ほか

第二章 西ヨーロッパ
 ホッテンドルフ城(オーストリア)/アブレ城(ベルギー)ほか

第三章 東ヨーロッパ
 スメツキー公の宮殿(アブハジア)/ボシュクフ宮殿(ポーランド)ほか

第四章 アフリカと中東
 スワヒリ宮殿(ケニア)/アンパン男爵宮殿(エジプト)ほか

第五章 アジア太平洋地域
 ダルラマン宮殿(アフガニスタン)/ブンディ宮殿(インド)ほか

巻末資料「世界宮殿廃墟マップ」

 

 

 

【書籍概要】
『世界の宮殿廃墟 華麗なる一族の末路』
2020年8月24日発行
定価 2,000円+税
232ページ
ソフトカバー
サイズ:天地228mm×左右174mm
著:マイケル・ケリガン/
訳:片山美佳子
発売:日経ナショナル ジオグラフィック社
 

 

▼この本を楽天で購入する ↓ ↓

世界の宮殿廃墟 華麗なる一族の末路 [ マイケル・ケリガン ]

価格:2,200円
(2020/11/7 12:36時点)

 

■ 建築・建築デザインBOOKをもっと見る >>>>チェック

■ インテリアデザイン BOOKをもっと見る>>>>チェック

■ マーケティング・デザイン BOOKをもっと見る>>>>チェック

 

 

(文:PR / 広告_1 制作-クリエイティブ事業部  /  更新日:2020.08.13)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ