インテリアの知識 ウィンドートリートメントvol.5

 

お店や住空間、ホテル、公共の施設など、インテリアのプロフェッショナルが作り上げる空間は、華やかさや安らぎ、そして居心地の良さを感じることができ、心を豊かにしてくれます。ここではそのインテリアのプロフェッショナルを目指す人のための『インテリアの基礎知識』をご紹介します。

ウィンドートリートメントは、カーテンやブラインドのような窓周りの装飾全般のことをいいます。インテリアスタイルを決定づける要素として大きな役割を担うとともに、様々な機能も持っています。

今回は、ウインドートリートメントの第5回目として、タッセルとふさかけについてご紹介します。

 

タッセルは、カーテンを開いたときに、カーテンの下部をまとめるために使うバンドです。

一般的には、カーテンの共布で作りますが、房などに美しい飾りのついた装飾タッセルもあります。
カーテンの装飾ポイントともなる部分で、カーテンを開いている時のスタイルを決めるものとして重要です。

タッセルには、長い歴史があります。
西洋において、タッセルは、元々糸を巻きつけた物でしたが、フランスの職人によって、装飾性が発展しました。
タッセルとそれに付属する形は、年月を経るとともに、ルネサンス期の小さくカジュアルなデザインからイギリス帝国時代の中程度の大きさで落ち着いたデザイン、そしてヴィクトリア朝の大きく精巧なデザインへと変化していきました。

 

タッセルをとりつける位置によって、カーテンの表情が変化します。


【タッセルの位置 その1】

タッセルの位置は、一般的には、天井から3分の2の高さにします。

 

 

 

 

 

 

【タッセルの位置 その2】

タッセルの位置を上に持っていくと、雰囲気が変わります。

 

 

 

 

 

 

ふさかけは、カーテンを束ねる時のタッセルをひっかけるフックです。

ふさかけとタッセルの組み合わせによって、様々な演出をすることができます。

 

 

次回(最終回)は、ロールスクリーン、シェード、ブラインドについてです。


※画像提供(50音順)

 

 

トーソー株式会社は、ブラインド・間仕切りを含む総合「ウインドウトリートメント企業」として、インテリア製品の企画、製造、販売を行っています。
http://www.toso.co.jp/

 


マナトレーディング株式会社は、インテリア商品(主にファブリック・カーペット・壁紙)の輸入及び輸出、 インテリアの設計並びに施工、インテリア商品の企画、開発、製造、販売を行っています。
http://www.manas.co.jp/

 

 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2013.09.02)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ