インテリアの知識 家具Vol.6 ~テーブルの種類~

インテリアの知識 家具Vol.6 ~テーブルの種類~

お店や住空間、ホテル、公共の施設など、インテリアのプロフェッショナルが作り上げる空間は、華やかさや安らぎ、そして居心地の良さを感じることができ、心を豊かにしてくれます。ここではそのインテリアのプロフェッショナルを目指す人のための『インテリアの基礎知識』をご紹介します。

 

生活の中でかかすことのできない家具の数々、中でも食卓や作業に使用されるテーブルや机は私達の生活の中でかかせない大切な家具のひとつです。まずはテーブルの種類についてご紹介します。

 


ダイニングテーブルダイニングテーブル

食事用のテーブル。

一般的には、長方形が多いが、円形、楕円形、扇形などがある。

大きさとしては、一人当たりの幅600mm、奥行き350mm 程度を目安として選ばれる。高さとしては、650~750mm程度が標準的である。
 


カフェテーブルカフェテーブル

主に喫茶や軽食などに使われる、2人掛けくらいを前提にして作られた小さ目のテーブル。高さはダイニングテーブルと同程度。

一人暮らし用のダイニングテーブルとしても利用できる。
 


センターテーブルセンターテーブル

リビングや応接室など部屋の中央(センター)に置かれる低いテーブル。

ソファーや座椅子などとセットで使われます。高さは、300mm~450mm程度。
 


サイドテーブルサイドテーブル

ソファーやベッドの横に使う補助的なテーブルで、コーヒーカップ、雑誌、照明などといったものを置くためのテーブル。

ベッドルームに使われる場合、ナイトテーブルとも呼ぶ。
 


ネストテーブルネストテーブル

同一のデザインでサイズが少しずつ違う小型のテーブルを入れ子式に組み、重ねて置けるようにしたテーブルのセット。

小テーブルを使わないときは一番大きなテーブルの下に納まる。3台組みにしたものが一般的。
 


デスクデスク

デスクワーク用のテーブル。書類を収納するための引き出しなどがついたものが多い。

高さは700mm前後。JIOF(日本オフィス家具協会)の推奨は720mm。
 

次回はテーブルの構造について細かく見て行きます。

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2013.08.03)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ