ローソンより、nendoデザインの繰り返し使えるコーヒーカップ専用のフタ「my-lid」発売

 

 

 

ローソンより、nendoデザインの繰り返し使える
コーヒーカップ専用のフタ「my-lid」発売

 

 

 

デザインオフィスnendoから、ローソンより発売の繰り返し使えるコーヒーカップ専用のフタのデザインを手掛けたニュースレターが届きましたのでご紹介します。

 

……………………………………………………………………………………………

ローソンより繰り返し使えるコーヒーカップ専用のフタ「my-lid」が、9月29日(火)から東京都内のローソン5店舗にて発売されました。


ローソンより繰り返し使えるコーヒーカップ専用のフタ「my-lid」が発売されます
 
地球環境への配慮から、多くの飲食店で使い捨てストローやプラスチックカップが廃止され、紙コップや紙製ストロー、あるいは繰り返し使える金属製のマイストローなどを使う傾向が一般化しつつあります。こうした状況のなか、繰り返し使用できるコーヒーカップ専用のフタ「my-lid」をデザインいたしました。

コーヒーをテイクアウトするのに必要なフタをリユースすることで、プラスチックゴミを削減すると同時に、コーヒーの香りをより豊かに楽しむことができるコーヒーカップ専用のフタ「my-lid」。

フタをしたままでも、通気孔から立ち上る香りを一時的に閉じ込め、コーヒー本来の風味を堪能できるよう、飲み口の反対側に半ドーム状の空間を設けました。素材には、耐熱性があり、衛生的に使い続けられるシリコーンゴムを採用。
 

裏面に設けた二重の固定用の溝がパッキンの役割を果たし、ローソンが提供する2サイズのコーヒーカップにも1種類のフタで対応ができます。


 

また、フタだけを持ち運ぶための専用ポーチもデザインいたしました。


専用ポーチは、開け口を広くしたことで、フタの出し入れがしやすく、コーヒーを飲む際にはカップごと入れて、スリーブのように使うこともできます。熱さから手を守り、コーヒーの保温性を高めるこの専用ポーチも、1種類で2サイズのカップに対応します。環境負荷の低いポリエチレン不織布のタイベックシート製で、防水効果が高く、洗濯も可能なので、常に清潔な状態でフタを持ち運びいただけます。

 


Photographer: Akihiro Yoshida
 

本プロジェクトを通じて、コンビニエンスストアの店頭で提供される年間約10億個(約2,000トン)以上ものプラスチック製コーヒー専用フタの廃棄削減を目指しています。

¥1,100(税込)※都内5店舗にて販売

ローソンカスタマーセンター 0120-07-3963 
月曜~金曜(祝祭日除く)9:00-17:00
 

 

 

◎ nendo 本の紹介

■ 問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

ロッテ、エステーなどの日本企業からコカ・コーラ、ルイ・ヴィトンなどの欧州名門ブランド、さらには「箸」や「桶」の伝統工芸職人まで―世界中がうなった「問題発見プロフェッショナル」の頭の中を大公開!300超の案件を同時進行で解決しつづけるデザイナーが明かす「すでにそこにある答え」に気づくための「正しい問い」の見つけ方。

 

■ ネンドノオンド

nendo佐藤オオキ×世界のトップクリエーター17人の贅沢な雑談集。デザインの権化として君臨する「フィリップ・スタルク」さんや、国立競技場の設計を手掛ける建築家の「隈研吾」さん、現代のダ・ヴィンチと称賛されるイギリスの気鋭建築家「トーマス・ヘザウィック」さんなど、世界的なデザイナー、デザインオフィスnendoの佐藤オオキさんと、同じく世界のトップをひた走る17組のクリエーターとのあまりにも贅沢すぎる「雑談集」。

 

 

 

 

 

(文:制作_インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2020.10.01)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ