カール・ハンセン&サンの新コレクション ウェグナー名作「CH71 & CH72」


 

優れた職人技巧が支える
ウェグナー名作「CH71 & CH72」
カール・ハンセン&サン 新コレクション


 

ハンス J. ウェグナーが1952年にデザインした名作「CH71 & CH72」が、また一つカール・ハンセン&サンのコレクションに加わりました。どこから見ても美しいフォルムは、住空間はもちろん、ホテルやオフィスのロビーといったパブリックな環境にも自然と溶け込みます。


美しさと機能を同時に満たすデザインで、世界的に知られた家具界の重鎮、ハンス J. ウェグナー。1952年にデザインされた、ラウンジチェアCH71、二人掛けソファCH72も例外ではありません。機能美ともいえる、弧を描く彫刻的なフォルムが大きな特徴となっているCH71とCH72。1970年代から生産が途絶えていましたが、2018年にカール・ハンセン&サン社から復刻されることになりました。 

 


オーガニックと言える美しいライン、そして一見してわかる職人技巧を駆使した精巧な造り。ハンス J. ウェグナーがデザインしたすべての家具に共通するエレメントです。さらにウェグナーはその時代はもちろん、未来をも見越したタイムレスなデザインをすることに才能を発揮してきました。落ち着いた趣のラウンジチェア、CH71もその一つ。1952年、コペンハーゲン市内の老舗百貨店、Magagin du Nordで開催されたデンマーク家具展で発表されました。

そして、2018年このラウンジチェアは同時に発表されたソファCH72と共にカール・ハンセン&サン社から復刻されることになりました。これで同社が目指すコレクションの展望に、また一歩近づくこととなりました。 

「この2モデルは、そのサイズ感を含め、デンマークの名作を集めた当社のコレクションに新たな1ページを開く重要なデザインだと思っています。ラウンジチェアもソファも一般住宅を考慮したサイズ、スペースに限りがある都会の住空間でも十分に使用できる大きさです。ウェグナーは、あまりスペースを取らないことを考慮した上で、エレガントなフォルムを追求したのです。もちろん大きなサイズに引けを取らない、優れた使用感は絶対であり、そこに一切の妥協はありません。そしてどの角度から見ても美しい、丸みを帯びた彫刻的なフォルム、空間のどこにでも配置できるという利点を持っています。」と、カール・ハンセン&サン社のCEOクヌッド・エリック・ハンセン(Knud Erik Hansen)。


 

CH71とCH72に共通するのは、そのコンパクトなサイズ感と張地加工が美しい丸みを帯びたフォルム。さらにテーパーをつけた無垢材製の丸脚です。座は置きクッション、アーム部分の先端には木製のハンドルが付けられています。この部分の汚れや椅子の移動を容易にすることを考慮した意匠です。ウェグナーならではの、機能と美しさを兼ねた美しいディテールと言えます。 
 

職人技巧の髄を尽くした造り
世界の頂点を極めたデザイナーであるばかりか、家具職人としても一流の腕をもっていたハンス J. ウェグナー。そして、素材への愛着や張り加工についても、独自のこだわりを見せたデザイナーの一人です。CH71とCH72にはウェグナーの張り加工に対するこだわりが顕著に表れています。木製のハンドルが美しいアーム部分です。ここは、カール・ハンセン&サン社の木工職人はもちろん、張り職人の技術力も試されるディテール。精密な張り加工が要求されます。そして背とアームの交わる部分の複雑なカーブも同様です。この部分を流れるように張地を施すには、優れた職人技術が要求されます。脚も例外ではありません。テーパーをかけ脚を細く見せることで、必要な強度を落とすことなく、椅子をより軽快に見せるようデザインされています。

 

この2つの家具の発表は、生産の再開を歓迎するウェグナーのご遺族との協力のもと成し遂げられました。カール・ハンセン&サン社ではウェグナーのデザインに忠実に復刻していますが、クッション材だけは現在のニーズに合わせ調整を加えています。

CH71とCH72が製作されるのは、デンマークのフュン島に位置するカール・ハンセン&サン社のゲルステッド工場。最新の設備を配した欧州でも指折りの家具工場です。デンマークでもトップクラスの職人たちが製作に従事し、高い質を持つデザイナー家具を世に送り出しています。

 

 

■ CH71

 ラウンジチェア CH71

 

 

 

■ CH72

二人掛けソファ CH72


木製の脚とアームのハンドル部分はCH71、CH72共にオーク材または、ウォルナット材。仕上げは各種から選ぶことが可能です。また、張地は多様なファブリックのコレクションから指定できるようになっています。置きクッションについては、椅子本体と違う張地の選択も可能で、テキスチャーの異なるファブリックと合わせることで、独特のコンビネーションを創り出すこともできます。
 

 

 

【関連記事】
#カール・ハンセン&サン

 



カール・ハンセン&サン

カール・ハンセン&サンについて

カール・ハンセン&サンは創業100年を超える歴史のあるデンマーク家具メーカー。ハンスJ.ウェグナーの家具を最も数多く製作するメーカーとして知られています。また、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、モーエンス・コッホ、フリッツ・へニングセン、安藤忠雄、EOOSなど世界的に知られたデザイナーの家具の製作にも着手、すべての製品をデンマーク国内で製作しています。カール・ハンセン&サンのコレクションは、直営店のフラッグシップ・ストアおよび一流ディーラーを通して世界各国で販売されています。
https://www.carlhansen.jp/

 

 

 

 

(文:PR-H_PR制作部-5  /  更新日:2018.11.22)

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ