エキシビション「KARIMOKU CASE STUDY」開催

 
 
 
 

日本最大の木製家具メーカー、カリモクが
新ブランドをスタート。
エキシビション「KARIMOKU CASE STUDY」開催

 


日本最大の木製家具メーカー、カリモクに新ブランドがスタートします。2019年9月4日(水)- 9月8日(日)の会期で、今年5月デンマークのデザインイベント「3daysofdesign」期間中Kinfolkギャラリーで開催し、大変話題となった展示を、六本木AXIS Gallery内に再構成します。

 

プロダクトのデザインを手がけたデンマークのデザインスタジオ、Norm Architectsをクリエイティブ・ディレクターに迎え、同じくデザインを手がけた建築家・芦沢啓治と共に空間をキュレーション。デンマークや日本のクリエイターの作品を随所に取り入れながら、オフィスやリビングなど5つのシーンを展開します。
 

Karimoku Case Studyは「静謐な美への敬意」「素材の豊かな表情」「時間に左右されない魅力」に価値を見出し、この価値観を共有する国内外の建築家やデザイナーとのプロジェクトを通じて、特定の空間のためにデザインされたプロダクトを開発、製品化し、その背景や物語と共に世界に向けて提案します。

 

家具を家具としてではなく、実際の空間とそこで生活する人に思いを馳せ、生まれた家具。これまでとは違う視点からはじまる家具作り。カリモクの新たな挑戦にご注目ください。

www.karimoku-casestudy.com
 

 


|profile
カリモク
カリモクの起源は、創業者の加藤正平が長年続く材木屋を引き継ぎ、愛知県刈谷市で小さな木工所を始めた1940年に遡ります。様々な木製品の生産で技術を磨き、1960年代から、自社製の木製家具の製造・販売を開始。高度な機械の技術と職人の技を融合させる「ハイテク&ハイタッチ」という製造コンセプトを掲げて木工加工分野における土台を作りあげ、日本を代表する木製家具メーカーへと成長しました。今年のミラノサローネでは、10周年を迎えた「Karimoku New Standard」、タイムレスで職人の技が光る「Karimoku KUNST」、デザイナー小林幹也との木製遊具のプロジェクト「PLAYSCAPE」が話題を呼びました。

Norm Architects
2008年設立のデザインスタジオ。工業デザイン、住宅建築、商業インテリア、写真、アートディレクションなど多岐に渡る分野で活躍。Norm Architectsの作品の核になるのは、バランスです。豊かさと抑制、秩序と複雑さ―健康な人間と同様に、同スタジオの作品にはバランスが欠かせません。
 

芦沢啓治
2005年芦沢啓治建築事務所設立。建築及び金物制作分野での10年にわたる経験を活かし、建築とプロダクトデザインの両チームが互いに刺激しあい、それぞれ独自のスキルをもたらす環境を生み出しています。素材との対話から特性を最大限に引き出し、制作工程におけるアプローチを重視した「正直なデザイン」を生み出すことを大切にしています。
 


 【関連記事】
・ランドスケープから家具までトータルデザイン メゾネット住宅36戸を「リアージュ砧テラス」にリノベーション

 

 

【開催概要】
Karimoku Case Study
会期:2019年9月4日(水)- 9月8日(日)
時間:10:00 - 19:00
会場: AXIS Gallery
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F → map
TEL:03-5575-8665
協力:Kvadrat、 AXIS Gallery、LIVING MOTIF、August Sandgren
        Sara Martinsen、Turi Heisselberg Pedersen

 ※プレゼンテーション
9月3日(火)16:00 - 16:30 / 18:00 - 18:30
加藤洋(カリモク家具 副社長)
Frederik Werner (Norm Architects デザイナー)
芦沢啓治(芦沢啓治建築設計事務所)
*無料、予約不要

www.karimoku-casestudy.com

(文:PR-W_PR制作部-5  /  更新日:2019.08.14)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ