ボーエ・モーエンセンのラウンジチェア カール・ハンセン&サンにて復刻

 

 

独創的でコンフォートに優れた
ボーエ・モーエンセンのラウンジチェア

 


デンマークのデザイナー、ボーエ・モーエンセンの「コントゥールチェア」が、カール・ハンセン&サン社の名作コレクションの一つとして復刻されることになりました。


丈夫でシンプルな構造で知られるボーエ・モーエンセンが、彫刻的なフォルムにも長けた才能があることを証明する、1949年に発表された斬新なコントゥールチェア。50年代を目前にした1949年は、デンマークのデザイナー、ボーエ・モーエンセンにとって新しい才能を世に示す重要な年となりました。素材、フォルムに実験的な試みをし、独創的で大胆な家具を次々と発表していきました。なかでも彫刻的なフォルムが特徴的でエレガントなコントゥールチェアは秀逸です。

 

 

 

アイコニックで、印象的なフォルムを持つコントゥールチェア。カール・ハンセン&サン社が発表する、ボーエ・モーエンセンのこのラウンジチェアは、1949年のコペンハーゲン家具職人ギルド展で発表されました。成形合板のシェルを背に配した洗練されたデザイン。大衆性と機能性を重視することで知られたモーエンセンには、それまでなかったデザインです。コントゥールチェアを創るために、モーエンセンは、それまで使用してきた無垢材ではなく新しい素材と技術にチャレンジ。実験的とも言える、それまでにない新しいスタイルを創り出していく原動力となっていきます。当時の多くのデザイナー同様に、モーエンセンもアメリカのデザイナーチャールズ & レイ・イームズの成形合板技術に大きな影響受けたのです。

 



1949年に同じ展示会で発表された、テーブルに合わせてデザインされたコントゥールチェア。傾斜のあるゆったりとしたオーガニックで落ち着いた外観は、モーエンセンが追求したカジュアルで自由に満ちた空間にぴったりです。「彫刻的なコントゥールチェアのデザインは、他のモーエンセンの家具とは明らかに一線を画しています。ただ、接合部にほぞ継ぎ、楔を用いるなど、ハンティングテーブルとも共通する、モーエンセンならではのこだわりはこの椅子にも健在です。こうしたこだわりは、何度も試作を重ねることによってのみ成しえる、職人気質溢れるディテールです。今回の復刻に当たり、弊社では、オリジナル図面に基づき製作していますが、モーエンセンのコンフォートへのこだわりを考慮しながら、彼の家族の協力の下、座面に張地を施し、さらに座り心地を高めることにしました。」と、カール・ハンセン&サン社CEO、クヌッド・エリック・ハンセンは今回の復刻の経緯を説明します。

 


個性的なスタイル

無垢材を使用したフレーム、角度を付けた脚、緩やかな曲線を描く座面、そして成形合板を用いた軽快なシェルは、この椅子の大きな特徴となっています。また、オーガニックな形状に施されたシェルの切り抜きは、印象的な意匠となっているばかりでなく、座面にしっかり固定するために構造上の重要な役割も果たしています。「シェルの切り抜きは美しいばかりでなく、座面に沿った曲線を創り出すために必要な意匠です。またこの大きめのシェルが様々な座り方を可能にしています。そしてくつろぎを追求した低めの座面。落ち着きのある優雅さをこの椅子に与えています。モーエンセンは、コンパクトながら座り心地の優れた椅子を創り上げたのです。この度、復刻されるコントゥールチェアは、近頃トレンドでもある彫刻的なフォルムを持つラウンジチェアです。一方で、クラシック、モダンを問わず様々な空間にマッチする、時代に左右されない確固とした美しさを備えています。独特のデザインを展開したモーエンセンのスタイルを新しい世代に届けられることを、私どもでは心から誇りに思っています。」と、同氏。モーエンセンが自身のデザインスタジオを開設する直前の1949年にデザインされたコントゥールチェア。その独創性溢れるデザインから発表と同時に業界では高い評価を受けました。

しかし、商業的な成功には至らず、これまでモーエンセンの自邸に置かれた椅子をはじめ、ほんの限られた数しか生産されませんでした。しかしながら、ハンティングをテーマにした家具シリーズ同様、モーエンセンのデザイン・キャリアにおいて創造性に富んだ時期を代表する名作であることに変わりはありません。そして、ついにカール・ハンセン&サン社の名作コレクションとして復刻されることになりました。

 

item:BM094 Contour Chair designer:Borge Mogensen
year:1949
size:W53.5×D63.5×H73/SH39 cm
price:¥208,000(税別)~
 

 

製品情報

コントゥールチェア BM 0 9 4 9の素材は、オーク材、ウォルナット材、またはそのコンビネーション。仕上げは各種。ほぞ継ぎ部に使用される楔は、本体とコントラスト色を成す木材が使用されます。座面の張地は皮革、またはファブリック。サイズは、高さ73㎝、幅53.5㎝、奥行き63.5㎝、座面の高さ39㎝となっています。

参考小売価格:208,000円(税別)~
2019年7月販売開始予定。

 

詳細は www.carlhansen.com

 

 

【関連記事】
#カール・ハンセン&サン

 



カール・ハンセン&サン

カール・ハンセン&サンについて

カール・ハンセン&サンは創業110年を超える歴史のあるデンマーク家具メーカー。ハンス J. ウェグナーの家具を最も数多く製作するメーカーとして知られています。また、ボーエ・モーエンセン、アルネ・ヤコブセン、オーレ・ヴァンシャー、コーア・クリント、ポール・ケアホルム、モーエンス・コッホ、フリッツ・へニングセン、安藤忠雄、ボーディル・ケア、そして、EOOSといった世界的に知られたデザイナーの家具の製作にも着手、すべての製品をデンマーク国内で製作しています。カール・ハンセン&サンのコレクションは、直営店のフラッグシップ・ストアおよび一流ディーラーを通して世界各国で販売されています。
www.carlhansen.com

 

 

 

 

(文:PR-H_PR制作部-5  /  更新日:2019.05.16)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ