【ミラノサローネ2019情報】「S.Project」にカール・ハンセン&サン出展

 

 

【ミラノサローネ2019報】
2019年ミラノサローネ国際家具見本市
Carl Hansen&Søn | カール・ハンセン&サン
新たな取り組みである「S.Project」に出展

 

 

 


Carl Hansen&Søn | カール・ハンセン&サンは、フィエラ本会場の新しい展示である「S.Project」のHALL22にて新作を展示。世界のトップブランドの中からコントラクト業界で大きな活躍をしている84社を集めた選抜ホール「S.Project」で、デザイントリオEOOSの新作のほか、ハンス J. ウェグナー、ボーエ・モーエンセン、フリッツ・へニングセンなど、北欧を代表するデザイナーの名作を発表。

 

The Oasis – Pockets of Serenity オアシス - 安らぎのポケット

会場構成はロンドンを拠点に活躍するインテリアデザイナーSevil Peach氏が監修。Sevil Peachによってキュレーションされた2019年のSalone del Mobile2019のテーマは「The Oasis – Pockets of Serenity オアシス - 安らぎのポケット」。

オアシスは、静けさ、そして健全さを提供します。それには、意味のあるデザイン、妥協のない職人技、そして天然素材に対する尊重といった、すべてのCarl Hansen&Søn家具の価値を生かす一連のインスタレーションと介入を探求する機会があります。
 


スペースは柔らかい波状の壁を作り、スタンドを内側と外側の両方でゆったりとしたスペースのポケットに分かれます。キャンバス地の包み込むカーテンは、音と視覚を周囲から消すことができる控えめな美しさは、統一感のある中立的なエレガントな背景を提供しました。


SevilPeachのキュレーションは訪問者の注意を引く思慮深く移入された個々の設定全体的な表現と個々のカール・ハンセンとゾンの作品 - 宇宙の英雄 - を輝かせること。それは1908年に始まり今日まで続く物語です。デザイン史上最高の先見の明のある何人かの作品と共に、それぞれが独自のストーリーを語り、その一部を形成します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


デザイントリオEOOSの新作

 

 

 


インテリアデザイナーSevil Peach氏
 

オフィスコンセプトのコンサルティングやデザインのパイオニアとして名高い彼女による、今までと違うカール・ハンセン&サンの空間でした。
 

 

会 期:2019年4月9日(火)~ 14日(日)
時 間:9:30 am-6:30 pm
会 場:ロー市フィエラミラノ本会場 →map 
     HALL22 STAND A25-29
 

https://www.carlhansen.com/ja-jp

 

#ミラノサローネ/ミラノデザインウィーク2019

#ミラノサローネ/ミラノデザインウィーク

 

About Milano Salone
毎年4月にイタリア・ミラノで行われる世界最大規模のデザインイベント。会場の中心は、ロー市にある東京ドーム11個分の広さをもつと言われる巨大展示場「フィエラミラノ」で開催の、略称でミラノサローネとも呼ばれているサローネ・デル・モービレ・ミラノ(ミラノサローネ国際家具見本市)。毎年全体で約2,000企業・団体が出展し、国内外から約30万前後の来場者がある。最先端のデザイン、インテリアが集まる国際的なイベントとして世界の注目を集めている。それに対して、ミラノ市内各所で行われるデザインイベントがフォーリサローネで、ミラノサローネとフオーリサローネを総称して「ミラノ・デザイン・ウィーク」と呼ばれている。現在活躍している多くのデザイナーやメーカーは、このイベントの出展から世界へと羽ばたいている。

※2019年はサローネサテリテに参加した35歳未満の550人のデザイナー数と5つの見本市(サローネ国際家具見本市、サローネ国際インテリア小物見本市、エウロルーチェ、 Workplace3.0、S.Project)の出展企業数を合わて2,418の出展数になりました。そのうち43カ国から34%の海外出展数を記録しました。


> サローネ・デル・モービレ(ミラノ国際家具見本市)公式ホームページ

> ミラノサローネ国際家具見本市日本公式サイト

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2019.04.30)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ