アルフレックス 2018年新製品 リビングテーブル 紹介

 

アルフレックス 2018年 新製品
リビングテーブル 紹介

 

 

アルフレックスジャパンは2018年9月6日(木)より新製品を発表し発売開始しました。「the ERA」をテーマとし、アルフレックスが提案する新しい時代のスタンダード ソファ ERA(エラ)をはじめ、C.O.D.、川上元美、パトリック・ノルゲ、ルチーディペーヴェレ、芦田秀一と、国際的に活躍するデザイナーを起用したリビング・ダイニングの新製品11点とバージョンアップ製品4点を発表しました。
 

約50年にわたり築き上げた家具づくりのノウハウと、世界中からとり入れた優れた素材や技術を結集した新製品コレクション。これまで以上にアルフレックスらしい心地良さを感じられる新作ばかりです。そんなアルフレック2018年新作を3回に分けてご紹介します。

このページではリビングテーブルをご紹介します。

 

 

| ERA エラ (リビングテーブル)

薄く仕上げられた天板と脚部の意匠がソファERAのイメージと共鳴するリビングテーブル。アルミダイキャストの脚部は滑らかなフォルムと、この細さで天板を支える十分な強度をそなえています。

Design : C.O.D. / シー・オー・ディー

コーヒーテーブル7サイズ、コンソールテーブル4サイズをご用意。天板は大理石5種、ガラス4種、ラフウッド仕上げ5色からセレクト可能。異なるマテリアルやサイズをミックスした立体感のあるコーディネートを楽しめます。

 

 

 

| ELIPS エリプス (リビングテーブル)

完璧なラインの楕円と称される「スーパー楕円」に基づいたデザインが特徴のリビングテーブルELIPS(エリプス)。高さと形状の異なる3サイズを用意し、センターテーブルやソファサイドのコーヒーテーブルなどそれぞれ異なる使い勝手に対応します。


Design : Hidekazu Ashida / 芦田 秀一

天板はガラス4種、木質6色から、スチールの脚部は3色からお選びいただけます。2017年発表の同デザイナーによる正円形テーブルCLIPSと組み合わせて使用することも可能です。

 

 

 

ここからはバージョンアップ・素材&仕上追加した製品です。


|   UVI ウビ (リビングテーブル)

1986年の発表から人気の石の素材を生かした円形テーブル UVI(ウビ)。天板のエッジを薄くカットすることで、石のもつ重厚感にシャープな印象がプラスされ、リング状の脚部との組み合わせにより軽快な印象に。
 

Design : Laura Griziotti / ラウラ・グリツィオッティ

高さの異なるテーブルを組み合わせれば、立体的なコーディネーションも可能です。このたび新しい大理石5種で生まれ変わりました。

 

 

 

|  MONTEBELLO モンテベロ (コンソールテーブル)

無垢材を彫刻のように切り出した脚部が美しく軽やかなリビングテーブルシリーズ MONTEBELLO(モンテベロ)。高さ480mmのコンソールテーブルに革張り込み天板タイプと新サイズが登場。


Design : Sergio Brioschi/ セルジオ・ブリオスキ
ソファサイドやシートの背面など、多彩な使い勝手に対応します。本体は6色ご用意。棚板有タイプもお選びいただけます。

 

 

| new model 2018 Designers / 新製品 デザイナー

 

■ C.O.D.(シー・オー・ディー)
アルフレックスジャパン創立者 保科正が、1998年に設立したデザインチーム。従来から共に活動してきたプロダクトデザイナー藤戸琢也と共に「時代が移り変わっても大切に使われる<もの>を創造する」というセオリーに基づき、長年アルフレックスジャパンのための製品デザインを手掛けてきた。現在も、広く新しいライフスタイルの造形に挑戦している。



■ Hidekazu Ashida(芦田 秀一)
1969年大阪生まれ。1992年東京造形大学卒業後、住宅設備機器メーカーにて製品デザインを担当。その後、建築デザイン事務所を経て、2005年に ASHIDA DESIGN. を設立。家電製品や家具、インテリア用品などのプロダクトデザインを中心に活動中。SEKISUIプロダクトデザインコンペグランプリ、Good Design賞等、受賞多数。フランス在住。

 

■ Laura Griziotti/ラウラ・グリツィオッティ
1967年、ミラノ工科大学建築科卒業後、チニ・ボエリに師事。チニのパートナーとして、インダストリアルデザイン、インテリア、建築の分野で数多くの作品を手掛ける。その後独立し、建築、インテリアデザインの分野で活動を続ける。インダストリアルデザインでは、イタリアのほか、スペイン、ドイツのメーカーからも製品を発表している。

 


■ Sergio Brioschi/セルジオ・ブリオスキ
イタリア、ミラノ生まれ。ミラノデザイン工科学校を卒業後、建築家マリオ・ベリーニの事務所、アントニオ・チッテリオの事務所を経て、1994年ブリオスキ・スタジオを設立。インダストリアルデザイン、インテリアデザイン、コーポレートイメージなど数多くを手掛ける。2005年に日本企業で初めてアルフレックス ジャパンと取り組んだ。

 

 

アルフレックスアルフレックスジャパン
http://www.arflex.co.jp/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-4  /  更新日:2018.09.13)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ