MoMA Design Store 新作 クリスマスカードが入荷

 

 

 

あのアーティストも参加していた!美術館が企画する、伝統のクリスマスカード
MoMA Design Store 新作のクリスマスカードが入荷

 

 

ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ、MoMA Design Storeに、同館新作のクリスマスカードが入荷しました。


ニューヨーク近代美術館のクリスマスカードが初めて発売になってから、60年以上が経ちました。実は、その名を知られるようになる前、ロバート・インディアナやアンディー・ウォーホールも、MoMAのクリスマスカードをデザインしていました。

あの有名な、インディアナの代表作「LOVE」が初めてお目見えしたのも、MoMAのカード。1954年から始まったホリデーカードデザインアワードは、今では大切な伝統であり、新進気鋭のデザイナーやアーティストの作品発表の場にもなっています。

 

 

| 大切な人への気持ちに、アートを添えてMoMAのクリスマスカード 2016 一例

 

 

MoMA ホリデーカード ヤドリギ
 

欧米では、クリスマスの時期になると、天井から「ヤドリギ」が吊るされます。北欧神話の中で、ヤドリギは、幸福、安全、幸運をもたらす聖なる木とされ、やがて「ヤドリギの下では女の子は男の子のキスを拒めない」という言い伝えに発展していきました。このカードは、絵本のイラストでコールデコット賞を受賞したソフィー・ブラッコールが描いた、カードの両端を中央に寄せると、幸せを願うカップルがヤドリギの下でキスをするという、ロマンチックな一枚です。

 

 

 

 

 


MoMA ホリデーカード オー タンネンバウム
 

このカードの名前にある、「オー タンネンバウム」とは、ドイツ語で「O TANNENBAUM」は、「もみの木」という意味です。カラフルな表紙を開くと、もみの木がポップアップします。

 

 

 

 

 

 


MoMA ホリデーカード モダンスノーフレーク

ドイツ人ペーパーアーティストのPeter Dahmenさんの作品。繊細な雪の結晶が見事に飛び出す、美しい一枚です。

 

 

 

 

 

 


MoMA ホリデーカード ポインセチア

クリスマスカラーの植物、ポインセチアも飛び出します。

 

 

 

 


 


MoMA ホリデーカード ジンジャーブレッド
 

こちらは、めずらしいオーブンの形をしたカード。オーブンを開けると、中からウィンクするキュートなジンジャーブレッドマンが登場します。

 


MoMA DESIGN STORE
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
年中無休 11:00 - 20:00 (GYREに準ずる)
http://www.momastore.jp

 

 

About MoMA
ニューヨーク近代美術館(MoMA)は従来の保守的な美術館のあり方ではなく、近代美術専門の施設が必要、と強く考えた当時進歩的で且つ影響力を持つ3人の女性、リリー・P.ブリス(Lillie P.Bliss)、アビー・オルドリッチ・ロックフェラー(Abby Aldrich Rockefeller)、メアリー・クイン・サリバン(Mary Quinn Sullivan)によって1929 年に設立されました。以来、拡張を広げ2004年11月には、日本人建築家、谷口吉生の設計により58,500平方メートルを擁し、従来の約2倍の収容力をもつ新生MoMA が誕生。年間250万人以上もの来館者が訪れNYで最も人気の高いランドマークと言われています。
MoMA のコレクション(収蔵品)はモダンアートの殿堂と呼ばれるにふさわしく、絵画・彫刻、写真、建築・デザイン、版画・挿画本、ドローイング、フィルム・メディアの6 部門に分かれ、世界最大の20万点を越す程に成長しました。又、MoMAでは展覧会の他、幼児から専門家までの各層を対象に教育プログラムを実施してモダンアートに接するあらゆる機会を提供しています。

 


 

About MoMA DESIGN STORE
The Museum of Modern Art (MoMA) 初の海外出店は東京・表参道。店頭に並ぶアイテムは、MoMA DESIGN STORE既存店同様、全てニューヨーク近代美術館MoMAのアートを選定するキュレーターのセレクトによるもの。MoMAの代表的な商品と、限定商品を含む、美術館のコレクションを象徴するラインナップとなっています。ウエディングギフトサロン併設。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2016.11.11)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ