植物のためのジュエリー「プランツジュエル」

 

花を装い、水をきれいに保つ。
植物のためのジュエリー「プランツジュエル」。

 

PLANT’S JEWELは「花のある生活」をより身近にすることを目的に生まれた、これまでにないプロダクト。切り花をより華やかに演出したり、身近な器で手軽に合わせられるなどの特徴を兼ね備えます。 


また、PLANT'S JEWEL(プランツジュエル)には(株)神戸製鋼所が開発した「従来の10倍以上の効果をもつ高機能抗菌技術KENIFINE(R)」が活用されており、花瓶に入れるだけで水を滅菌してきれいに保ち、花の自由な呼吸を助ける機能を持っています。

美しい切り花もうっかり水を変えるのを忘れるとすぐに枯れてしまいます。その理由の一つに、茎の切り口に雑菌が入り込み、水の吸い上げが悪くなってしまうことが挙げられます。PLANT'S JEWEL(プランツジュエル)には特殊抗菌技術KENIFINE(R)(ケニファイン)が施されており、花瓶に入れるだけで水を滅菌してきれいに保ちます。

 

 

 

 

1. 身近な器が花器に早変わり 

PLANT'S JEWELを入れることで、身近な器が植物の茎を固定しやすい花器に早変わり。より手軽に切り花を楽しんでいただけるようデザインしました。ご自宅のお皿やワイングラスなど、いろいろなものと組み合わせる楽しみを味わって頂けたらと思います。 

 

 

 

2. 一輪の花でも華やかに演出 

生活を彩る美しい切り花ですが、安いものではありません。ただ、ボリュームが少ないとちょっとさみしいというご意見も。 PLANT'S JEWEL(プランツジュエル)は一輪の花/一茎の植物でも器に上手に固定し、より華やかに演出するため、気軽に(経済的に)お花のある生活を楽しむことができます。 

 

 

 

 

 

 

3. 水をきれいに保つ抗菌効果 

美しい切り花もうっかり水を変えるのを忘れるとすぐに枯れてしまいます。その理由の一つに、茎の切り口に雑菌が入り込み、水の吸い上げが悪くなってしまうことが挙げられます。切り花は花瓶に生けてあっても呼吸しており、水中で繁殖した雑菌に苦しんでいるのです。 
 

 

 


 

 

*PLANT’S JEWEL 製品のご紹介(一部)* 
PLANT‘S JEWEL(プランツジュエル)の商品コンセプトは、技術✕ デザイン✕ ユーザーニーズの3つを繋ぐ共創プラットフォームTRINUSで生まれました。そして、この商品コンセプトを形にするために、普段は人を装飾するジュエリーを制作しているジュエリーデザイナー3組にご協力頂き開発を行いました。ここでは、こうして開発された製品を一部ご紹介いたします。 


"Bubble" designed by simmon 
泡やシャボン玉をモチーフにしたプロダクト。シャンパングラスなどに引っ掛けて、花の茎を穴に入れて固定することができます。「記憶を紡ぐ」をコンセプトに、遠い記憶を思い起こさせるようなデザインのジュエリーを展開するsimmon(シモン)によるデザイン。 


“Bangle" designed by Lamie 
バングルをモチーフにしたプロダクトです。花瓶がなくても、お皿などの上に乗せて使えます。大振りなデザインをアート感覚で表現するLamie(ラミエ)によるデザイン。 

 

“Ring" designed by januka 
リングをモチーフにしたデザイン。先入観に捉われない「お手本から少しずれた」をコンセプトにブランドを展開していジュエリーブランド“januka(ヤヌカ)”デザイン。 

 

 

花を装い、水をきれいに保つ。植物のためのジュエリー「プランツジュエル」。クラウドファンディングサイト「makuake」にて予約販売を開始いたしました。
 
https://www.makuake.com/project/plants-jewel/ 

 

 

 

 


*TRINUS* 
TRINUSは、人のポジティブな行動を促進させる「触媒作用」のようなモノを生み出すことを目指して、技術・素材×デザイン×ユーザーニーズ、 3つの力で暮らしの触媒作用を生み出す共創型メーカー。 
http://trinus.jp 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

(文:インテリア情報サイト編集部-6  /  更新日:2016.04.20)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ