KINTOの新しいコーヒーウェア「SLOW COFFEE STYLE」

kinto_slowcoffee_main.jpg


スローで贅沢なハンドドリップのためのコーヒーウェア
”SLOW COFFEE STYLE” August/2014


デザインと機能を兼ね備えたキッチンウェアの企画販売を手掛ける株式会社キントーでは、”スローな時間”をテーマとしたコーヒーウェア「SLOW COFFEE STYLE(スローコーヒースタイル)」を発売いたします。
 

休日やほっと一息つきたい時、自分のためにも、友人や家族のためにも、ふと飲みたくなるコーヒー。コーヒーアロマを感じながら、愛情を込めてゆっくりと手で丁寧に淹れるハンドドリップは、日本で長く親しまれてきました。

今回は改めてこの方法に着目し、現代の暮らしや価値観に合うハンドドリップのためのコーヒーウェアを提案します。ステンレス、陶器、ガラス、プラスチック樹脂など異素材ミックスのスタイルが楽しめ、コーヒーの香りを部屋中に漂わせた心地よい空間で、より豊かで贅沢な時間を感じられます。

 

 

kinto_image1.jpg【BRAND MESSAGE】
 

スローという贅沢

うつくしく輝くステンレスフィルターから、
やわらかなフォルムのコーヒーカラフェに、
一滴一滴コーヒーが落ちていくスローな時間。

KINTO がお届けする「Slow Coffee Style /スローコーヒースタイル」。
ハンドドリッフプで淹れたコーヒーを、ゆったりと味わうために生まれてきた、
パーソナル・コーヒーフプロダクト・シリーズです。
あなたらしいスタイルで、こころから味わってください。
 

 

【HOW TO MAKE A "SLOW COFFEE"】

kinto_image3_1.jpg
コーヒーカラフェにステンレスフィルターをセットする。中挽きのコーヒーの粉を入れる。
kinto_image3_2.jpg
コーヒーの粉が湿るように少しずつお湯を注いで、30秒ほど蒸らす。次に中心から「ふわーん」と渦をまくようにお湯を注ぐ。
kinto_image3_3.jpg
コーヒーカラフェにある白い点が抽出量の目安。そこまでドリップしたら、できあがり。


 

 

kinto_image2.jpg

 

 

【PRODUCTS STORY】

リラックスできる空間をイメージした、柔らかで心地よいフォルム

現代の暮らしには、使い込むほど味の出るヴィンテージ家具、その傍らでのびやかに育つ植栽など、空間全体がゆったりとしたリラックス感に溢れ、そのモノを永く大切にしたいと思う価値観があります。そんな暮らしに馴染むデザインをとイメージしたものは、自然物の持つラインやヴィンテージ感を彷彿とさせる柔らかなかたち。空間に溶け込み、手に馴染むような愛着を感じるデザインです。


無駄を省いたシンプルな構造と、選べるバリエーションkinto_image4.png

コーヒー豆と湯、フィルターにサーバーやカラフェがあれば、いつでも作れるハンドドリップコーヒー。SLOW COFFEE STYLEは、コーヒーを淹れる空間や時間を大事にして欲しいから、美味しく淹れるための最低限の機能と難しい操作や面倒な手入れのいらないシンプルなデザインに仕上げています。

スタイルによって選べるバリエーションがあることも、 このシリーズならではの魅力。 ステンレスフィルターは、コーヒーの粉を直接入れることができる0.25mmの穴で、 繰り返し使えてエコロジー。対して、ペーパーフィルターには使い捨てできる便利さがあります。

味の傾向はコーヒーオイルを多く抽出できてアロマをより感じられるステンレスフィルターに、すっきりとしたクリアな飲み心地のペーパーフィルターとそれぞれに個性があります。自分好みの一杯を見つける楽しさを、SLOW COFFEE STYLEで。


 

 

【EXHIBITION】

2014年8月より国内・海外のインテリア&デザイン関連見本市へ出展いたします。
8月 17-20 NY NOW (NewYork)
9月 3-5  Gift Show (Tokyo)   
5-9  Maison Objet (Paris)   
24-26 SCAJ (Tokyo)
 


商品のラインナップなど、詳しい情報は”SLOW COFFEE STYLE” ブランドサイトから。
http://www.slowcoffee-style.com/

 

kinto_logo.png
株式会社キントー
1972年滋賀県彦根市に設立。
自社オリジナルの商品を開発し、2013年1月には手仕事を感じる器をコンセプトに新ブランド「atelier tete」を立ち上げました。近年では、国内のみならずヨーロッパ、アジア、北欧、アメリカなど海外へも展開しています。日々使うものだからこそ心地よいと感じる使い易さにこだわり、時代を超えて長く愛されるものづくりを目指しています。
http://www.kinto.co.jp/
 

(文:インテリア情報サイト編集部-8  /  更新日:2014.09.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ