ルイスポールセンジャパン 名作照明「パンテラ」の誕生50周年を祝して新製品発売

 

 


“ちょうどいい” サイズの「パンテラ テーブル 320」と
ヴァ―ナー・パントンへのオマージュを込めた新色を同時リリース
名作照明「パンテラ」の誕生50周年を祝して新製品発売

 

 

 

ルイスポールセンジャパン株式会社は、2021年春、ルイスポールセンは、ヴァーナー・パントンが手掛けたアイコン照明「パンテラ」の誕生50周年を記念して、中間サイズの「パンテラ テーブル 320」を発売します。さらに、パントンと50周年を迎えるパンテラのオマージュとなるメタル仕上げの新色「真鍮メタライズド」が加わります。


 

誕生50周年をむかえる名作照明「パンテラ」

今年、誕生から50周年を迎える「パンテラ」は、 1971年にデザイナーのヴァーナー・パントンによってデザインされました。均整の取れた彫刻的でタイムレスなフォルムは、パントン特有のデザインです。半球形シェードがグレア・フリーの柔かい拡散光を周囲の空間にひろげ、下向きの光が支柱とトランペット型のベース部分で反射し、心地よい雰囲気を作り出します。パントンは、シェードとベース両方が光を反射するリフレクターとして機能するランプを作ろうとしたのです。
有機的なフォルムと、鮮やかなカラーヴァリエーションは、典型的なパントン・デザインで、タイムレスな魅力を放ちます。世界で活躍するデンマーク人として、パントンは色・フォルム・そして光と空間に対する独特なセンスをもち、カラフルで個性的なパーソナリティーはセンセーションを巻きおこしました。

 


ルイスポールセン新作「パンテラ テーブル 320」

 


ルイスポールセン「パンテラランプシリーズ」

 

テーブルランプ「パンテラ」のラインナップをみる >>>> icon


 

50周年を祝して新作登場

「パンテラ テーブル 320」が登場します。パンテラ テーブルとパンテラ ミニ テーブルの中間サイズとなるパンテラ テーブル 320は、シルヴァー・クローム、そしてパンテラらしさを印象づけるメタリックな新色「真鍮メタライズド」の全3色で登場します。また、新色「真鍮メタライズド」はパンテラ ミニ テーブルにも追加となり、パンテラシリーズがさらにバリエーション豊かになりました。「パンテラ テーブル 320」と新色「真鍮メタライズド」は、2021年春リリース、広告キャンペーンや関連イベントも順次開催予定。

 

 


【製品概要】
パンテラ テーブル 320
仕上 / カラー: 真鍮メタライズド(新色) , シルヴァー・クローム, 乳白アクリル
材質  シェード:アクリルまたはスティール.ベースと本体:キャストアルミ.ランプカバー:乳白アクリル.
取付 :2.5m 白色又は黒色コード.中間スイッチ.
光源 : E17 LED電球(白熱電球60W相当)
サイズ :320 x 438 x 320mm.1.5 kg.
IPクラス :IP20.屋内用.
販売価格 :
真鍮メタライズド:¥ 118,800 (税別価格 ¥108,000)、
シルヴァー・クローム¥ 100,100 (税別価格 ¥91,000)、
乳白アクリル:¥ 74,800 (税別価格 ¥68,000)

 


【製品概要】
パンテラ ミニ テーブル
仕上/ カラー : 真鍮メタライズド(新色)
材質:シェード:スティール.ベースと本体:キャストアルミ.ランプカバー:乳白アクリル.
取付 : 5:2.5m 白色.中間スイッチ.
光源 :LED10W 電球色. 15-100%調光. タイマー消灯機能付き.
サイズ :250 x 355 x 250mm. 1.2kg.
IPクラス :IP20.屋内用.
販売価格: 真鍮メタライズド:¥94,600(税抜価格¥86,000)

 



デザイナー ヴァーナー・パントンについて

ヴァーナー・パントン(1926-1998年)は、色、フォルム、そして光の機能と空間に対する独特なセンスをもったユニークなデンマーク人デザイナーで、そのカラフルで個性的なパーソナリティーはセンセーションを巻きおこしました。パントンは生涯を通じて、他のスカンディナヴィアのデザイナーとは一線を画したデザインにより、モダンなランプを次々と発表しました。フォルムの無限の可能性を信じ、彼は光の機能と効果についての新しいセオリーを生みだそうとし、そして成功したのです。 「わたしの仕事の主たる目的は、人々にもっとイマジネイションを行使するよう強いることなのだ。人々の多くは、グレーとベージュで味気ない日々をおくり、色を使うことを死ぬほど恐れている。ライティング、カラー、テキスタイル、家具、そして最新のテクノロジーを使った実験で、わたしは新しい方法を示したい。人々がファンタジーとイマジネイションを使い、生活環境をもっとエキサイティングなものにするよう、励ましたい。」ヴァーナー・パントンはこのように語っています。フォルム、色、機能についてパントンは明確な態度を持っていました。同時に、新素材、異素材を勇敢に採用したことは、当時のデザイン界においては「タイムレス」なデザインとしては受け入れられませんでした。彼のデザインへ今日の評価は、その誤りを証明しています。


 

ルイスポールセンについて
Design to Shape Light-光をかたちづくるデザイン

ルイスポールセンは長年にわたり、単にランプをデザインするだけではなく、屋内そして屋外で人々が心地よいと感じる雰囲気を生みだす光をかたちづくってきました。機能美を備えたルイスポールセンの製品は、どんなスタイルの空間とも調和を保ち、魅力的で優しい光を発します。1874年に創業したデンマークの照明器具メーカー、ルイスポールセンは、デザインと光の両方を 追求した製品を作り続けています。デザインのすべてのディテールが役割を持っており、すべてのデ ザインは光に始まり、光に終わります。ルイスポールセンは、住宅、建築、ランドスケープのための、 屋内と屋外両方の照明ソリューションを世界中で提供しています。光をかたちづくるという哲学のもと、ポール・ヘニングセンをはじめ、アーネ・ヤコブセン、ヴァーナー・パントン、佐藤オオキ、ルイーズ・キャンベルといった、才気あふれるアーキテクトやデザイナーと密接なパートナーシップを組み、デザインと機能美を備えた照明器具を数多くリリースしてきました。ルイスポールセンは世界の照明のトップ・ブランドとして、コペンハーゲン(本社)、ストックホルム、マイアミ、オスロ、ロサンゼルス、東京、デュッセルドルフにショールームを置き、グローバ ルな事業を行っています。

 

 

(文:PR / 広告_3 制作-クリエイティブ事業部  /  更新日:2021.03.23)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ