aeru 「こぼしにくい器」が GOOD DESIGN 賞受賞

「aeru こぼしにくい器」がGOOD DESIGN賞受賞

aeru 「こぼしにくい器」 が GOOD DESIGN 賞受賞

 

aeru こぼしにくい器

 

 

子どもと一緒に成長する器

365日、家族で食卓を囲んでの
楽しい会話も、お祝いごとも、ケンカのときも、
毎日見守ってくれる 家族の一員のような器。

赤ちゃんからおじいちゃん、おばあちゃんまで
みんなが使いやすくて、毎日繰り返し使える。
そんな器を日本の伝統の素材と技術で
職人さんが一つひとつ想いをこめて手作りしました。

それがaeruのこぼしにくい器です。
 

審査委員評価

ユニバーサルデザインと日本の伝統的なものづくりの魅力を日常生活の中で両立させるという高い理想を持ったデザインである。スプーンを使えるようになったばかりの子どもでも食べ物をこぼさず、最後まできれいに食べられるように配慮した形は、高齢者にも使いやすい。さらに日本の代表的な伝統工芸である山中漆器、砥部焼、大谷焼の3種類を同じフォルムの統一感のあるシリーズで展開することでさまざまな用途に対応し、またスタッキングできるようにしたアイデアが素晴らしい。伝統的な素材と技術で丁寧に仕上げられた本物の漆器、陶器、磁器を日常的に使う経験は、子どもたちの本物を見分ける目と豊かな感性を育むに違いない。

aeru こぼしにくい器

プロデューサー:和える 代表取締役 矢島里佳、ブランドコーディネーター 小林百絵
ディレクター:NOSIGNER 代表 太刀川英輔
デザイナー:太刀川英輔、長谷川香織
aeru HP:http://a-eru.co.jp

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2013.10.22)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ