hattori×geneto

 

hattori×geneto


京都・西陣の老舗帯メーカー「服部織物」と建築から家具の設計デザインまで幅広く手がける「GENETO」によってアートユニットを立ち上げました。どちらも京都を拠点にしながら全国で展開している共通点を持ちます。 服部織物がもつ220年以上の歴史、伝統、培ってきた技術とGENETOによるコンテンポラリーなアプローチのデザインにより、伝統と近代が融合したアート作品を作るプロジェクトです。

<コンセプト>

IRIDESCENCE
デザインによって伝統産業を変換し、維持・継承するためのプロジェクトです。伝統産業である西陣織は、平安京の時代には既に高級織物として確立され、とりわけ帯(織物)は、着物の着こなしを決定づける重要な役割を果たしています。服部織物の織物を使い、GENETOのデザインが融合することで、アートとしてのモビールが完成しました。それは、幻想的な動きによって、箔糸が照明の光に反射し、まるで宝石のように輝きながら空間に漂います。

Photos : Yasutake Kondo

 

 

服部織物 服部一正服部織物 服部一正

創業 天明8(1788)年、220余年の歴史を有す、京都・西陣の老舗帯屋「服部織物株式会社」の常務取締役。

金箔や銀箔を織り込む西陣本来の引箔(ひきばく)技法など、伝統の技を守りながらも、優れた意匠・品質を追求し、常に進化した作品を世に送り出している。

着物のデザインやプロデュースも数多く手掛けており、着物をはじめとした和の文化の素晴らしさを男性に感じてもらいたいという思いから、「男子着物を羽織る会(会長 小山 薫堂)」の顧問を務めている。

服部織物株式会社HP:http://www.hattoriorimono.co.jp/
 

GENETO 山中コ~ジ・山中悠嗣・山下麻子GENETO 山中コ~ジ・山中悠嗣・山下麻子

京都、東京に拠点を置く建築設計事務所。住宅、商業施設、オフィス、店舗、展示デザイン、プロダクトなど建築に関わるあらゆるものを企画、設計、監理するほか、家具制作にも取り組む。クライアントとのコミニュケーション、敷地の読み取り、コストのコントロール、使われるシーンに重点を置く建築の設計手法には定評がある。

GENETO HP:http://www.geneto.net/
 

 

【お問合せ】
 GENETO
 〒604-0063 
 京都府京都市中京区二条通西洞院西入る西大黒町336-1
 mail:info@geneto.net
 HP:http://hattori-geneto.com/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2012.11.30)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ