先ずは関東エリアで始めます!「アクタス・トレードイン」家具の下取り保証販売開始

 

先ずは関東エリアで始めます!
「アクタス・トレードイン」
家具の下取り保証販売開始
 

 


インテリア販売を行う株式会社アクタスは、同社が日本輸入総代理店を担うヨーロッパインテリアブランド3社の家具下取り保証サービス「アクタス・トレードイン」を、関東エリアのアクタス直営店舗での購入商品を対象に、2021年2月11日(木)販売分より先行スタートしました。


物品を購入する際に「サステナブル」がキーワードとなっている昨今、アクタスでは良質な家具を長期間使用いただくために、品質の維持向上に努め、修理やメンテナンスに注力しています。その中で、お引越しやご家族構成の変化などで、家具の買い替えによる処分を余儀なくされたお客様からご相談を承る機会が多くございました。

そこで、家具を手放す際の無駄な廃棄を避けるために、お買い換え時に使用中の製品の下取りを保証する「アクタス・トレードイン」を始めることといたしました。下取り金額は新しい家具を購入する際の割引となり、次の暮らしに最適な家具へのお買い換えのサポートとなります。下取った家具は、適切なメンテナンスを行い必要とされる方へ再販いたします。

同サービスは、まずは関東エリアから、2020年2月11日の販売分より開始します。トレードイン対象ブランドはeilersen、porada、TECTAです。今後随時当社直営店舗を中心に、対象ブランド、対象エリアを拡大していく予定です。
 

【サービス概要】
アクタス・トレードインサービス
下取り保証対象ブランド:
・eilersen(アイラーセン Denmark)
・porada(ポラダItaly)
・TECTA(テクタ/Geramany)
対象者:関東エリア(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)内のアクタス直営店購入者
開始日:2021年2月11日(木)販売分より
*下取り金額については、査定時のコンデション(商品状態・ご使用年数)により異なります。

 

 


“いいものを長く使っていただくために”アクタスが取り組んでいること

 


 


URL/https://www.actus-interior.com



■ 環境への負担軽減に向けてのアクタスの取り組み
本当に心地いいと思える家具は、修理に出してでも、ずっと大切に使い続けたいと思うことができます。そして長く使い続けることで、廃棄のための余計なエネルギーを使わない。このことは、地球環境にとてもいいことです。アクタスでは、この“心地よさをエコに変える活動”=エココチ計画を、推進しています。アクタスは小売り流通業でありながら、資源を無駄にしない環境経営活動を積極的に行っています。
https://www.actus-interior.com/company/csr02/


■ ゼロエミッション(廃棄物ゼロ)への取り組み
アクタスでは、ご不要になった家具(他社製品含む)をお引き取りし、家具と包装資材をすべて再生化する活動に取り組んでいます。回収した古い家具や包装材を素材別に分解分別し、リサイクル化を推進。2016年には全物流・配送拠点でのゼロエミッション(廃棄物ゼロ)を達成しました。
https://www.actus-interior.com/support/recycling/


長く愛せる良質な製品づくりへの取り組み
むやみに消費を促すのではく、高い品質の製品を丁寧に販売し、お届けすることがエコにつながると考えています。そのためにも、さらなる品質改善や、時代を超えて愛されるデザインの製品づくりに励んでいます。


修理によるロングライフサポートへの取り組み
家具の部品類の確保にはじまり、椅子やソファの張り替え、レザーの補修、テーブルや椅子の木部の再塗装による美化、積層合板の割れの補修など、様々な修理メニューをご用意しています。迅速かつ質の高いメンテナンスをご提供することで、良いものをいつまでも長くお使いいただけるようサポートしています。
https://www.actus-interior.com/support/#after

 

アクタス
新宿、青山、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡など31店舗の直営店での輸入・オリジナルインテリア販売の他、インテリアの卸事業、飲食事業、ホテル公共施設・教育施設・オフィス等のインテリアデザイン、設計、施工及び住宅等リノベーション事業などを展開。また、家具の配送の際に出る梱包材や不要家具の引取品を素材別に分解しマテリアルリサイクルを行うなど環境経営に力を入れる。
URL/https://www.actus-interior.com

 

 

 

 

(文:PR_A PR制作部-1  /  更新日:2021.02.16)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ