ATELIER MUJI GINZA「名前が消えるとき 展」 開催


(C)ATELIER MUJI GINZA 2020

 

 

ATELIER MUJI GINZA
『Rethinking Anonymous Design - 名前が消えるとき』展 開催

2020年10月23日(金)から2021年3月14日(日)
 

 

 

ATELIER MUJI GINZA (東京都中央区/無印良品 銀座店内) は、2020年10月23日(金)から2021年3月14日(日)まで、Gallery1にて「Rethinking Anonymous Design - 名前が消えるとき 展」を開催いたします。


「アノニマス・デザイン」。それは一般に、日常の量産品における匿名性、作り人知らずという意味で語られています。日本では、1960年に開催された「世界デザイン会議」で、プロダクトデザイナー柳宗理さんが初めて発言し広く知られるようになりました。彼はのちにこう書いています。

「デザインという言葉が巷の人口に膾炙(かいしゃ)され、猫も杓子もデザインと言われて、デザイナーがもてはやされてから間もなく、それに対抗して、デザイナーが関与しないデザインもあるという認識から、アノニマス・デザインという言葉が出て来たと言えるだろう。(…)」*初出『無印の本』リブロポート1988
「デザイン」で溢れる社会に一石を投じ、今も折々、原点回帰させてくれる言葉です。

 

MUJI 無印良品 楽天市場を見る>>>>>>

 

 

1960年の「世界デザイン会議」から今年で60年。ATELIER MUJI GINZA Gallery1では、「アノニマス・デザイン」を再考する展示を開催します。

Gallery1ではこれまで、福岡のインテリアデザイナー、永井敬二さんの膨大かつ貴重なモダンデザインのコレクションの一部をお借りし、3つの展覧会を開催してきました。

自身のコレクションについて、永井さんが繰り返し語ってきたこと、それは「デザイナーやブランドの名前であるとか、歴史的に重要だからという理由でモノを欲しいと思ったことは一度もない」という矜持です。結果として「永井コレクション」の大半にはデザイナーの署名がありましたが、すべてのモノに共通するのは声高な主張を控えた、てらいのない表情とかたちが与えられていることです。これは、モノにまつわる情報から離れ自身の審美眼によって築いた、独自の「アノニマス・デザイン・コレクション」なのではないでしょうか。優れたデザイナーが関わっているからこそ、卓越した「アノニマス」も誕生する、と私たちは考えます。

本展では、こうした視点から選んだ「永井コレクション」の20世紀の有名無名の良品、約100点を中心に展示します。会場には年代、作者名、メーカー名などは記載せず、モノは並列に配置されます。名前が消え、モノの機能とかたちを無意識の眼で見るとき、私たちの対象との関係性はどのように変わるのでしょうか。
ここから再び「アノニマス・デザイン」と「デザイン」の間(はざま)について考えてみませんか?
ATELIER MUJI GINZA


ー永井敬二コレクションについて
Gallery 1の展示品はインテリアデザイナー永井敬二が50年にわたり自分自身の目と手と足で世界中から集めた戦後モダンデザインを主体とする膨大なコレクションの一部をお借りしています。永井氏は1948年、佐賀県唐津市生まれ。1982年に自身のスタジオ<ケイアンドデザインアソシエイツ>を設立。

 


【 名前が消えるとき 展 関連イベント】
日本で「アノニマス・デザイン」が語られるようになってから、今年で60年になります。それからモノとデザインと私たちの関係はどのように変わったのか。会期中は、現代のクリエイターによるデザイントークを開催します。


オンライン・デザイントーク


かつて「柳工業デザイン研究会」所員として(1988〜2011)、柳宗理のデザインと言葉を現場で体得したプロダクトデザイナー、吉田守孝さん。二十歳のときに、柳デザイン「エレファントスツール」と出会ったことが、その道を目指す指針になったというプロダクトデザイナー、熊野亘さん。「柳宗理が語った「アノニマス・デザイン」とは、いったいどのようなものだったのか」。熊野さんは吉田さんに訊いてみたいことがいくつかあります。さらに、デザイナーである二人はそこから何を読み取り、考えるのか… 話は現代の制作活動へ。

二人のプロダクトデザイナーが、「アノニマス・デザイン」を再考します。



講師 熊野亘 (プロダクトデザイナー)

1980年生まれ。2001-08年にフィンランドへ留学、ヘルシンキ芸術大学(現アールト大学)大学院を卒業後帰国、2008年よりJasper Morrison Tokyo Studio代表を務める傍ら、2011年にデザインオフィス" kumano "を設立し、国内外のインテリア、家具、プロダクトデザインやプロジェクトマネージメントを手掛けている。2019年より、武蔵野美術大学非常勤講師を務める。
 



講師 吉田守孝 (プロダクトデザイナー)

金沢美術工芸大学卒業後、(財)柳工業デザイン研究所に入所、柳宗理氏に師事、デザインと民藝を学ぶ。 2011年にヨシタ手工業デザイン室を設立。セルフプロデュースにより、様々な道具のデザインから販売までを手掛ける。暮らしの中での道具について深く掘り下げ、素材の良さを引き出すデザインを探求している。

 

聞き手 田代かおる(ライター、本展キュレーター)
日本とイタリアを拠点に、デザイン・建築の取材執筆、展覧会キュレーションを行う。ATELIER MUJI GINZA では、デザイナー、エンツォ・マーリが提案した「栗の木プロジェクト」を継承し、永井コレクションの展示や現代クリエイターとの企画展を進行中。

【開催概要】
日時:2020年11月19日(木)19:00-20:00
会場:ATELIER MUJI GINZA Online(オンライン配信)
定員:なし(事前予約の必要はございません)
参加費:無料
登壇者:熊野亘(プロダクトデザイナー)、吉田守孝(プロダクトデザイナー)
聞き手:田代かおる(ライター、本展キュレーター)
参加方法:各回配信時間になりましたら各視聴URLよりご覧ください。
動画視聴URL:https://youtu.be/WlQPVSEQQAA
イベント詳細ページ:https://atelier.muji.com/jp/event/2454/
 
 
 

オンライン・デザイントーク
■「ふつう」ってなんだろう?

日時|11月4日(水)19:00-20:00  ⇒ 終了しました
登壇者|深澤直人(プロダクトデザイナー)

今年『ふつう』(D&Department Project刊)を上辞されたプロダクトデザイナー、深澤直人さん。気負わぬ装いの本には、気負わぬデザインの話が詰まっています。

「ふつう」とはカタチなのか、感覚なのか、生き方なのか? 

分かりそうで分かりにくい、ふつうのあり方。

「匿名であることは、とくに日本で評価されている。
デザイナーの仕事と矛盾しているようで、そうでもない」と深澤さんは考えます。

柳宗理さんが語った「アノニマスデザイン」から、深澤さんとジャスパー・モリソン氏 が、2006年にAXISギャラリーで開催した「スーパーノーマル展」のこと、さらに無印良品の仕事から、『ふつう』の本の話まで…。
デザインの最前線に立つデザイナーが「ふつう」を語ります。

【開催概要】
日時:2020年11月4日(水)19:00-20:00 終了しました
会場:ATELIER MUJI GINZA Online(オンライン配信)
定員:なし(事前予約の必要はございません)
参加費:無料
参加方法:各回配信時間になりましたら各視聴URLよりご覧ください。
動画視聴URLhttps://youtu.be/A9f-ZiFpc18
イベント詳細ページ:https://atelier.muji.com/jp/event/2321/
 


 

【開催概要】
Rethinking Anonymous Design - 名前が消えるとき 展
会期|2020年10月23日(金)― 2021年3月14日(日)
時間|10:00 - 21:00(営業時間・休館は、店舗に準じます)
※会期や時間などの予定変更、またはイベント等によって展示品の一部がご覧頂けない日時が発生する場合がございます。
会場|無印良品 銀座 6F ATELIER MUJI GINZA Gallery1 入場無料
主催|無印良品 
協力|永井敬二 空間デザイン|熊野亘 グラフィックデザイン|東川裕子 施工|HIGURE 17-15 cas
企画・運営|株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン担当・無印良品 銀座 ATELIER MUJI GINZA

ATELIER MUJI GINZA 〒 104-0061東京都中央区銀座 3-3-5無印良品 銀座6F
アクセス|東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座」駅 B4出口 徒歩3分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅5番出口 徒歩3分
JR山手線「有楽町」駅 中央口 徒歩5分
 

ATELIER MUJI GINZA公式サイトhttps://atelier.muji.com/jp/
Instagram|@ateliermuji_ginza
Twitter|@ateliermuji

 

MUJI 無印良品 楽天市場を見る>>>>>>

 

 

 

(文:PR-M PR制作部-1  /  更新日:2020.09.29)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ