ホテル雅叙園東京 環境にやさしいクリスマス装飾「聖夜樹2021」を開始

 

 

ホテル雅叙園東京
廃棄衣裳を再利用した和のオーナメントで、
環境にやさしいクリスマス装飾「聖夜樹2021」を開始 

 


 

日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京(では、2021年11月26日(金)より、正面玄関をはじめ館内各所にて、ホテルの衣裳室から廃棄される衣裳を再利用した、環境にやさしいクリスマス装飾「聖夜樹2021」を開始いたしました。

 

ホテル雅叙園東京の宿泊プランをみる >>>>

 

今年のクリスマスは、「Art Temptationーアートの甘い誘惑ー」をテーマに、館内のクリスマスツリーには、ホテルの衣裳室から廃棄される衣裳を再利用して、ひとつひとつ手作りした、約460個の温もり溢れるオーナメントを施しました。

 

・ホテル雅叙園東京で過ごすクリスマスArt Temptation -アートの甘い誘惑-日本美のミュージアムホテルならではの期間限定メニューと特別な日を彩るホテルステイをご提供 >>>>

 

ホテル雅叙園東京の衣裳室では、ウエディングドレスや白無垢などの婚礼衣裳をはじめ、訪問着、パーティードレスなど多岐にわたる衣裳をご用意しております。これらは、丁寧な保管やメンテナンスに努めておりますが、デザインの流行の変化や経年劣化などにより、帯や関連小物などを合わせると年間100点程が処分の対象になります。当ホテルでは、これらを再利用する取り組みの第一歩として、クリスマスのオーナメントとして蘇らせることを決めました。
 

装飾は、いけばな草月流の師範、日向雄一郎氏によるもので、龍が力強く天を昇る姿から名付けられた「雲龍柳」を使用いたしました。それを飾る和風オーナメントには、10着の紋服や長襦袢から、木目込みの手毬をひとつずつ丁寧に手作りしております。正面玄関で存在感を放つメインツリーは、毎年恒例の末広がりで縁起の良いフォルムに仕上げ、皆様を温かくお迎えいたします。ホテル雅叙園東京は、ホリデーシーズンを、環境に配慮した取り組みでおもてなししてまいります。
 


正面玄関で存在感を放つメインツリー

 

 

 

クリスマス装飾「聖夜樹2021」 概要
【場 所】 正面玄関、招きの大門、ブライダルサロン、衣裳室、エグゼクティブラウンジ「桜花」、 Cafe&Bar「結庵」、New American Grill “KANADE TERRACE”、 RISTORANTE “CANOVIANO”、 カフェラウンジ「パンドラ」
【期 間】 2021年11月26日(金)- 12月25日(土)
【衣裳数】 紋服、長襦袢 計10着
【個 数】 オーナメント約460個
【 URL 】 https://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/69596


 

・ホテル雅叙園東京にクリスマスケーキ 2021“芸術的な美”のクリスマスケーキ7種が登場 >>>>




新型コロナウイルス感染予防に対する当ホテルの取り組みについて
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/51786
ご宿泊のお客様に対する取り組みについて
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/wp/wp-content/uploads/2020/05/0601_stay.pdf
レストランをご利用のお客様に対する取り組みについて
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/wp/wp-content/uploads/2020/05/0601_rest.pdf

ホテル雅叙園東京とは
90年以上の伝統を受け継ぎ、2,500点もの日本画や美術工芸品に彩られた唯一無二のミュージアムホテルです。茶室に見立てた全60室の客室は、80 ㎡以上のスイートルームで、スチームサウナとジェットバスを完備し、シンプルさと日本の気品ある美しさを兼ね備えています。もてなしの心を継承する日本料理や中国料理、イタリア料理など7つのレストラン、日本美の粋を尽くした和室宴会場をはじめとした23の宴会施設、そして東京都指定有形文化財の「百段階段」を有しています。また、世界80カ国、520軒を超える独立系の小規模なラグジュアリーホテルだけで構成された「Small Luxury Hotels of the World(SLH)」、および世界的なラグジュアリーツーリズム・コンソーシアム「Traveller Made®」に加盟しています。

URL :https://www.hotelgajoen-tokyo.com/

(文:制作 PR-H_PR制作部-2  /  更新日:2021.11.27)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ