nendoがJALの機内アメニティを「赤い折り鶴」と7種のグレーを使ってデザイン

 

 

 


JALのロゴの「鶴丸」を
おもてなしの心を表す「折り鶴」として表現

nendoがデザインした
日本航空(JAL)の機内アメニティ用品をデザイン紹介

 

 

 

デザインオフィスnendoから、JALの機内アメニティを「赤い折り鶴」と7種のグレーを使ってデザインを手掛けたニュースレターが届きましたのでご紹介します。

 

……………………………………………………………………………………………


日本航空(JAL)の国内線および国際線の機内アメニティ用品をデザインいたしました。「鶴丸」と呼ばれるJALのロゴにも使われている大空に羽ばたく赤い鶴を、平和や祈りのシンボルであり、おもてなしの心を表す「折り鶴」として表現しました。

 

 

 

 

カーディガンやアイマスク、スリッパ、カトラリーバンドといったアイテムには、折り鶴の「翼」をイメージしたタグを使用。

 

ブランケットやテーブルクロス、ナプキンといった四角い布製のアイテムには、折り鶴の「頭」をイメージして、カドを折り返したディテールに。

さらに、折り鶴の「展開図」をパターン化したものをポーチやメニューカードなどに採用しました。

 

フライトごとに異なるメニューカードは客室乗務員が区別できるよう、「展開図」の折り目の数と色を変えることに。


同様のパターンは国内線の機内食用のトレーマットや食器にも施され、食器を並べたり重ねて使用したりすることで折れ線が繋がり視覚的な一体感を生み、メニューごとに変化が出しやすいデザインとなることを考えました。

 

 

7種類の異なるグレー


 

                 
これらの「赤い折り鶴」のモチーフを際立たせるキーカラーとして、グレーを採用いたしました。国際線ではアイテムごとに印刷や製造される国や地域が異なり、細かい色合わせがしにくい事情から、7種類の異なるグレーを用意し、適材適所で組み合わせて使用しています。

 

まず、和食と洋食はクールグレーとウォームグレーで差別化いたしました。


和食のクールグレー

 


洋食のウォームグレー


次に、4つあるクラスごとに割り当てるテーマカラーは単色ではなく、それぞれ2~3種類のグレーを組み合わせて使用。その際、部分的に同じ色を重複させることで、区分を設けながらも機内での統一感を意識しました。


ファーストクラスは落ち着きのある暖色系のグレーにし、ビジネスクラスは明度差を出すことでシャープな印象に。エコノミークラスは明るめなグレーを3色混ぜることで軽やかさを出したいと考えました。

 

また、マスクや耳栓、ティッシュ、歯ブラシといった消耗品のパッケージは、どのクラスで使用しても違和感が出ないようにニュートラルなグレーを使用。

従来のように1色に統一せず4色を混ぜ、あらかじめ「ずらしておく」ことで、製造段階での色ズレのリスクを回避しています。

これらのパッケージの文字要素はできるだけはっきりと大きく表示し、英語、日本語、中国語の3言語で記載。従来はアイテムごとに異なっていた「開け口の位置」と「開ける向き」を統一された三角と点線で表現するなど、使いやすさにも配慮いたしました。


Photographer: Akihiro Yoshida


JAL ウェブサイト
https://www.jal.co.jp/jp/ja/

 

 

nendoの記事をもっとみる > > > #nendo

 

 


http://www.nendo.jp/

 

 

◎ nendo 本の紹介

■ 問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

ロッテ、エステーなどの日本企業からコカ・コーラ、ルイ・ヴィトンなどの欧州名門ブランド、さらには「箸」や「桶」の伝統工芸職人まで―世界中がうなった「問題発見プロフェッショナル」の頭の中を大公開!300超の案件を同時進行で解決しつづけるデザイナーが明かす「すでにそこにある答え」に気づくための「正しい問い」の見つけ方。

 

■ ネンドノオンド

nendo佐藤オオキ×世界のトップクリエーター17人の贅沢な雑談集。デザインの権化として君臨する「フィリップ・スタルク」さんや、国立競技場の設計を手掛ける建築家の「隈研吾」さん、現代のダ・ヴィンチと称賛されるイギリスの気鋭建築家「トーマス・ヘザウィック」さんなど、世界的なデザイナー、デザインオフィスnendoの佐藤オオキさんと、同じく世界のトップをひた走る17組のクリエーターとのあまりにも贅沢すぎる「雑談集」。

 




 

インテリア情報サイトが運営する求人情報サイトインテリアのお仕事求人サイトをご紹介します。


全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナーなどインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

求人担当者様はこちらをご覧ください。 → 採用担当者様へ

 

(文:制作_インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2021.01.28)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ