Adaptation 増田信吾+大坪克亘作品集 独自性に富んだ建築作品で注目を集めている建築家

 

 

 


Adaptation 増田信吾+大坪克亘作品集
Adaptation Shingo Masuda + Katsuhisa Otsubo

 

 

 

独自性に富んだ建築作品で注目を集めている若手建築家ユニット増田信吾+大坪克亘の初の作品集を紹介します。

当たり前の現実に向き合い、率直なアプローチでまだ見ぬ建築の可能性を拓く彼らの姿勢が読み取れる一冊で2014年発表の「躯体の窓」以降の10作品を掲載しています。本書のために撮り下ろした写真家永井杏奈氏による場の空気感を取り込んだ写真も見どころです。


2020年1月16日(木)~3月22日(日)の会期で個展「それは本当に必要か。」をTOTOギャラリー・間にて開催しました。本書では展覧会で使用した写真も掲載されています。


 

 

 

 

 

 

 

 

■ 建築家プロフィール


増田信吾(左)+大坪克亘(右)     ©Anna Nagai


増田信吾+大坪克亘 ますだしんご・おおつぼかつひさ
Shingo Masuda + Katsuhisa Otsubo

2007年に増田信吾(1982年生まれ)は武蔵野美術大学を卒業、大坪克亘(1983年生まれ)は東京藝術大学を卒業し、増田信吾+大坪克亘を共同主宰。増田信吾は2019年より明治大学特任准教授。主な作品に「躯体の窓」(2014)、「リビングプール」(2014)、「始めの屋根」(2016)、「街の家」(2018)、「つなぎの小屋」(2018)、「庭先のランドマーク」(2019)など。主な受賞にAR Emerging Architecture Awards大賞(2014)、第32回吉岡賞(2016)などがある。

 

【書籍概要】
Adaptation 増田信吾+大坪克亘作品集
著者=増田信吾+大坪克亘
写真=永井杏奈発行年月=2020年1月
体裁=A4判変型(247×200㎜)、上製、176頁、和英併記
デザイン=平野昌太郎
定価=本体3,000円+税

 

▼この本を楽天で購入する ↓ ↓

Adaptation 増田信吾+大坪克亘作品集 [ 増田信吾 ]

価格:3,300円
(2020/12/13 18:41時点)

 

 


TOTOの建築文化活動
TOTOは、建築の専門ギャラリー「TOTOギャラリー・間(ま)」と建築系書籍の出版をおこなう「TOTO出版」を運営しています。これらは、建築文化の醸成・育成を通して社会に貢献することを目的として創設され、30余年にわたり活動しています。「TOTOギャラリー・間」と「TOTO出版」の活動目的は、建築家がもつ多様な価値観を空間で表現する「展覧会」、自身の言葉で伝える「講演会」、そしてかれらの理論と思想を伝える「出版」によって、建築家のメッセージとして発信することです。

 


https://jp.toto.com/gallerma

 

 

 

 

 

インテリア情報サイトが運営する求人情報サイトインテリアのお仕事求人サイトをご紹介します。


全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナーなどインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

求人担当者様はこちらをご覧ください。 → 採用担当者様へ

 

 

その他、インテリア情報サイトに、PR・広告掲載を希望されます企業様はこちらからお問合せください。
 →  お問合せ

 

 

(文:PR / 広告_1 制作-クリエイティブ事業部  /  更新日:2019.12.20)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ