エ インテリアズ ショールーム リニューアルオープン及び新作 発表


e interiors (エ インテリアズ)
ショールーム リニューアルオープン及び新作
コレクション展示 発表


 


株式会社インテリアズは、南青山の「エ インテリアズ」ショールームをリニューアルオープンしました。

イタリアのハイエンドブランドのBoffi(ボッフィ)およびDe Padova(デ パドヴァ)の世界感をより深く体感できる新たな空間です。キッチンエリアをB1F、1F、3Fに設けることで、キッチンは設備というだけでなくインテリアの一部として、キッチン、ダイニング、リビングが繋がりをもった一つの空間となりました。


ボッフィとデ パドヴァの統合後に共通に掲げる、「お互いのもつプロダクトで補完し合い、住空間全体をデザインする」というヴィジョンを強く意識したショールームデザインです。日本で初登場のボッフィのキッチンコレクションや新しい素材も充実し、デ パドヴァの最新家具コレクションも多数ラインナップされました。また、アイコン的存在であるミラノ市内ショールームの雰囲気を再現するような、アートやオブジェ、ラグなども空間に彩りを添えています。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

リニューアルに伴い、デ パドヴァ、リビング ディバーニ、ポロ、サルバトーリからソファ、チェア、テーブル、収納、照明など、今年のミラノサローネで発表された最新コレクションや日本初登場のアイテムが多数加わりました

 

 

 

 

【店舗概要】
エ インテリアズ
住所:〒107-0062 東京都港区南青山4-22-5 → →map
TEL:03-6447-1451 FAX:03-6447-1452
間 10:30-19:00
定休日 毎水曜日・日曜日
 www.interiors-inc.jp

 

 

 

 

「Boffi」とは
1934年にPiero Boffiにより、イタリア北部に誕生した水回りのハイエンドブランド。1947年には自社工場を建設し、ファミリーカンパニーとして成長を続け1960年代からはLuigi Massoni、Joe Colombo、Antonio Citterioなどによる先進的なモデルを発表。1980年代には新たにバスルームコレクションを展開しハイエンドブランドとして揺るぎない存在となった。1986年にアートダイレクターとしてPiero Lissoniが就任し、1989年にはRobert Gavazzi現CEOをむかえ、ワールドワイドなマーケットへの拡大を果たした。
 

「デ パドヴァ」とは
1956年、デ パドヴァ夫妻により、北欧やアメリカなどから輸入した家具とオブジェを扱うショールームとしてオープンした「デ パドヴァ」は、当時のイタリアにはなかった、斬新で洗練されたコーディネーションが話題となった。その後、優れたデザイナーとの関係を通じ、製品の開発をスタートし、家具メーカーへと発展。世界中の若いデザイナーの発掘・登用を積極的におこない常に新しい洗練された生活様式を提案している。2015年デザイン界での戦略的連携を結ぶためボッフィとの合併を発表。

 

 


 www.interiors-inc.jp

 

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.09.18)

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ