家具コレクション「Time & Style ēdition」 全世界へ向けてスタート

 

 

 

イタリアのインテリアブランドBoffi | De Padovaとタイムアンドスタイル
家具コレクションTime & Style ēditionを全世界へ向けてスタート

 

 

 

イタリアのインテリアブランドBoffi | De Padovaとタイムアンドスタイルはパートナーシップを結び、共同プロジェクトとなる家具コレクションTime & Style ēditionを全世界へ向けてスタートさせました。
 

Boffi | De Padovaとタイムアンドスタイルによって生まれたTime & Style ēditionは日本の伝統と職人の熟練した技術によって、これからのものづくりの進化を示唆しています。これまでのデザインを超え、現代の視点を持ちながら、日本の木工技術の素朴で慎ましい感性を伝えます。コレクションは無垢材のテーブルから椅子、精緻な技巧によるキャビネット、手漉き和紙による照明に至り、Boffi | De Padovaの洗練されたプロダクトと調和する全17アイテムから成ります。そのすべての製品は一つひとつがアイデンティティを持ち、インテリア全体を創り上げます。設計プロセスはまず素材の風合いや個性をどのように生かすかを見極め、デザインは日本の木造建築や古典技術に倣い、上質で長期に渡るデザインの耐久性を追求しています。デザインの細部や職人のものづくりの精神性へのこだわりにおいては、Boffi | De Padovaとタイムアンドスタイルは哲学を共有し、一人ひとりのすまいに細やかに対応する家具を作り出しています。

これまでの長い歴史の中で、イタリアと日本のデザイン文化は、古くからの手仕事への深い敬意と卓越した品質を維持するために力を尽くしてきました。そして美しく構築されたプロダクトを完成させることを追求してきました。Time & Style ēditionは現代の私たちの暮らしを豊かにすることを目的とし、これまでに培われた技術やものづくりの精神性をいつまでも持ち続けます。

Time & Style ēditionは世界の主要都市70か所に設けられたBoffi | DePadovaのモノブランドショールームにおいて展開します。日本国内における販売はTime & Styleの各店舗及びコントラクトネットワークにて10月後半より展開予定です。


Time & Style ēdition オフィシャルサイト
https://www.depadova.com/timeandstyleedition/







 



1990年、ベルリンで創業。1997年には自らの製品を店舗でお客様に直接紹介しながら日本でのものづくりを本格的にスタートさせ、日本各地の協力工場とともに製品を製造してきました。家具を中心に照明器具、テーブルウェア等、生活の中で必要とされる道具類を幅広く取り揃えています。現代のライフスタイルと日本の伝統的な美意識の融合をテーマとし、時代の変化に左右されない普遍性、人々の多様な日常生活に溶け込む包容力、生活道具としての機能性といった、長期の使用に堪える総合的な品質を追求したものづくりに取り組んでいます。


 
 
 
 2008年には北海道・東川町に自社工場を設立し、丸太の仕入れから製材、乾燥、木取り、木組み、研磨、仕上げに至るすべての工程を一貫して行っています。機械の使用は最小限に抑え、可能な限り職人の手仕事によって製作し、妥協せずに時間を掛けて製品を仕上げてゆきます。機械化や効率化が主流となっている中、ここでは繊細で丁寧な新しい日本のものづくりに挑んでいます。 


 


 
現在都内3箇所とオランダ・アムステルダムにて店舗を運営。オランダ店では日本人スタッフと現地スタッフによって、日本と同様にお客様一人ひとりと対話を重ねながら、製品の特徴や機能性、ものづくりの背景をご案内しています。
http://www.timeandstyle.com/
 


 


イタリア・ブリアンツァで創業し、80年を超える歴史を持つBoffiはキッチンのパイオニア的存在です。デザイン性と機能性が融合したブランドコンセプトを確立し、ハイエンドブランドとして揺るぎない地位を築き、革新的で洗練されたミニマムなデザインと技術力で業界をリードし続けています。2015年からはイタリアの家具ブランドDePadovaと共にBoffi | De Padovaとして、イタリアにおけるインテリアの歴史を継承しながらブランド独自のスタイルを発信し、グローバルブランドとしてキッチン、バスのみならず家具、収納などの空間全体を提案しています。
https://www.boffidepadova.com/
 
 

 

【関連記事】
・いまだ収束さえ見えてこない新型コロナウイルス禍でインテリアビジネスはどこに向かうのか。インテリアブランド「タイム アンド スタイル」の代表へのインタビュー

 

タイムアンドスタイルの記事をもっとみる>>>>>>> TIME & STYLE


http://www.timeandstyle.com/

 

 

 

 

(文:TIME & STYLE  /  更新日:2020.09.03)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ