「唯一無二の景色」がコンセプトのラグジュアリーホテル「MUNI KYOTO」オープン

 

 

 


「唯一無二の景色」がコンセプトのラグジュアリーホテル
「MUNI KYOTO」 嵐山にオープン  

 


古くから、川の流れや山・庭園、そして、それらと一体感を持つ時間が人々を魅了してきた嵐山。紅葉や静寂、水辺の清涼を楽しむ「千年の別荘地」として、豊かな歴史を重ねてきた地です。そんな嵐山において、渡月橋の目の前に佇むラグジュアリーホテル「MUNI KYOTO」が、2020年8月1日(土)にオープンいたしました。

 

 

MUNI KYOTOの宿泊を予約する >>>> 


「MUNI KYOTO」公式ホームページ
https://muni-kyoto.com

 

 

 


 

|  「千年の別荘地」京都嵐山の大自然と文化に調和するラグジュアリーホテル
世界でもここでしか実現できない空間・時間・体験


「MUNI KYOTO」がコンセプトとして掲げているのは「唯一無二の景色」です。それは、嵐山の大自然と歴史に調和した、空間や眺めという景色。そして、お客様に対する私たちのホスピタリティから生み出される景色。さらに、満足感と充足感に満たされたお客様から、自然にあふれ出る笑顔の景色。京都嵐山の「唯一無二のロケーション」と、お客様の心に刻まれる「唯一無二のシーン」、そんな「唯一無二の景色」を生み出していきます。

日本文化の新たな発信拠点として2019年10月にオープンした福田美術館とともに、当ホテルはお客様の感性を刺激して、特別なひとときを約束いたします。フランス料理界の巨匠アラン・デュカスが設立したデュカス・パリによる料理、上質で心安らげるスパ空間や、多彩な設備を揃えたジムなど、様々な魅力が非日常な体験をもたらします。

世界でもここでしか実現できない空間・時間と体験をご提供し、「唯一無二のシーン」を創っていただくことを目指したラグジュアリーホテル「MUNI KYOTO」。ゆったりと流れる時間の中で、文化を感じられる「千年の別荘地」を目指していきます。
 


外観(渡月橋からの眺め)

 



 


■ 建築デザインのコンセプトは「大自然と古都の風景に溶け込むホテル」

雄大な嵐山を臨み、大堰川に面する絶好の地に建つ「MUNI KYOTO」。この嵐山地区は、渡月橋や天龍寺をはじめ数多くの歴史遺産や建造物が点在する史跡及び名勝地であり、日本瓦と土塀でつくられる京都の伝統的な景観が長い歴史の中で守られてきました。

嵯峨嵐山の美しい大自然を十分に取り込むことを意識し、建築と庭が融合するよう配慮しました。また、昨年オープンした隣接する福田美術館と一体となるよう、川と平行に分棟配置し、外装や屋根の材料・匂配を揃え、庭の緑のボリュームにも連続性を持たせるような構成としています。

 


カフェから大堰川を臨む
 

「黒の庭(主庭)」と客室棟

 

「白の庭(中庭)」




■ インテリアデザインのコンセプトは「間と余白」ミニマルな中に見出す繊細な均整美

インテリアデザインにおけるコンセプトは「間と余白」です。「間」とは、ひとつの世界の中に、時間と空間が一体化した両義性のある概念であり、日本が大切にしてきた文化です。そうした「間」に、一見シンプルなデザインでありながら、「洋の東西」および「伝統と現代」が新しい関係を結び、「余白」の美を見出すことを目指してデザインしています。


ロビー

和でありながら現代的、建築とインテリアが高い次元で融合する「MUNI KYOTO」。ここでは、優雅な別邸に招かれたように滞在し、ゆったりとゆとりある時間と自然の眺めを楽しんでいただけます。

 


中庭
 

主庭

 

 


|柔らかい光と木の風合いに包まれる空間 嵐山の美しい景観を見晴らす全21室


客室は 48.7㎡~ 76.4㎡の全 21室をご用意。建築には自然素材を取り入れています。デザインは、水墨画のような気配を見いだす淡いトーンに、繊細かつミニマルな均整美で統合。プライベート感と開放感が両立し、落ち着いた環境となることを目指しています。

居心地を第一に考え、入口すぐに収納やミニバー、水まわりを集約しています。奥に広がる大開口の窓に面して居室空間を配置することで、居室の落ち着きとプライバシーを高め、リラックスした雰囲気を醸成。さらに、奥行き感を活かすよう水平方向にベッドとソファを並べ、壁には水平に延びる棚を構成しています。

居室空間では、全面窓からの嵐山と渡月橋のビューを最大限に活かすため、家具配置など細やかな部分にまで心を尽くしています。また、外部と遮断することなく柔らかくつなぐためのレースカーテンを設け、外部との関係を配慮しています。宿泊される一人ひとりが、奥行き感や自然の眺め・音を感じ、「内の安堵感」と「外の風通し」を意識していただける空間となっています。

また、客室の冷暖房方式は、在来の温熱環境に対するご不満を解消する「床冷温輻射システム」です。快適性や静寂性などを追求したこの方式により、お客様がまるで嵐山に溶け込んでいくような、きめ細かな温熱環境を生み出します。

なお客室は、2名様用のほか、3~4名様でもご宿泊いただけるメゾネットタイプも2部屋ご用意しています。
 

MUNI KYOTOの宿泊プラン >>>> 

 

 

■ 西洋と東洋、伝統と現代の融和を、細部にまでこだわった水まわり・造作家具 繊細に暗示する壁面デザイン

客室壁面は白を基調としながら、ベッド側の壁は「洋」のバスルームをガラス張りにして、開放感と眺めを意識。造作スタッコ・アンティコ、テレビ側の壁は「和」の漆喰で家具類はすべて木製で、1箇所に集約させています。仕上げています。微かな違いの中に、西洋と東洋、取手などの要素を排除するとともに、部分的に古美色伝統と現代の融和を、繊細に暗示させています。仕上げのステンレスを挿入するなど、細部にこだわったデザインを心がけながら、全体を統一したトーンでミニマルなデザインに仕上げています。
 


River View(2F)
 

Garden Terrace(1F)

 

 

 


|アラン・デュカスの名前を冠するレストラン
   「MUNI ALAIN DUCASSE」京都に誕生



フランス料理界の巨匠アラン・デュカスが設立したデュカス・パリが、京都のラグジュアリーホテル「MUNI KYOKO」に2つのレストランを展開します。ひとつは京都の食材を使った至極のコンテンポラリーフレンチをご堪能できる、レストラン「MUNI ALAIN DUCASSE」。そしてもうひとつは桂川の景観を眺めながら朝食・ランチ・ティータイムをお楽しめる「MUNI LA TERRASSE」。パリ、モナコ、ロンドンのアラン・デュカスの3ツ星レストランで経験を積んできたユーグ・ジェラールがシェフとして厨房に立ちます。
 

■ デュカス・パリとは
デュカス・パリはオーセンティックなビストロから3ツ星まで、世界10ヵ国に30のレストラン、そしてフランスを中心としたヨーロッパのホテルが500軒以上加盟する「レ・コレクショヌール」を指揮、また、国際的な料理・製菓専門教育機関、カカオ豆から職人が作るショコラ専門店、更にコーヒー専門店など、アラン・デュカスが30年以上にわたって培ったフードサービスとホスピタリティにおける様々なヴィジョンを展開しています。

 


「MUNI A LAIN DUCASSE」

 

「MUNI LA TERRASSE」

 


アラン・デュカス
 

 

■ ユーグ・ジェラール(「MUNI A LAIN DUCASSE」シェフ)
フランス西部、ペイ・ド・ラ・ロワール地方生まれ。調理学校卒業後、フランス各地のレストランで修行。2009年、パリの「スプーン」の厨房を皮切りに、モナコの伝説的3ツ星レストラン「ル・ルイ・キャーンズ・アラン・デュカス・ア・ロテル・ド・パリ」での3年を経て、ロンドンの3ツ星「アラン・デュカス・アット・ザ・ドーチェスター」そして「リヴェア」とアラン・デュカスのレストランで調理技術と料理への情熱を高める。更にパリの2つ星レストラン、シャングリラホテル「ラベイユ」でアラン・デュカスの弟子のひとりであるシェフ、クリストフ・モレに師事。その後「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」ではシェフ、ロマン・メデールの下、シンプルかつ完璧に食材本来の味を引き出すアラン・デュカスの料理哲学を踏襲し、更に地球環境に配慮した料理コンセプト「ナチュラリテ」を学ぶ。2019年、アラン・デュカスのドバイのレストラン「Mix」のシェフに就任。2020年6月京都「 MUNI ALAIN DUCASSE」のシェフに就任。

 


料理写真

 

 


|京都嵐山で「心と身体の調律」を自然の恵みに抱かれるスパ「MUNI SPA」

日常を離れ、歴史・文化・自然を楽しむ嵐山の旅に、より一層の五感に残る体験をもたらすスパ施設をご用意しています。ウェルネス&ホリスティックをテーマに、自然の恵みをふんだんに取り入れたトリートメントは、人が持つ自然治癒の力を呼び覚まし、心と身体を、本来のあるべき姿へと導きます。

京都産の素材を用いたオリジナルトリートメントに加え、スイスのクリニックから届けられた最上級のエイジングケアを導入いたします。自然と先端技術を融合させた高品質の素材と、オールハンドの技術によってもたらされるトリートメントは、「癒し」の先にある「整える」という至福の時間をご提供いたします。

日本の美意識を大切に仕上げた空間では、自然の風合いをもった木や土などの自然素材が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。そして、スパラウンジやトリートメントルームでは、ガラス作家のイイノナホ氏のガラスアートが生み出す、木漏れ日のような柔らかな光が、より一層の癒しを与えてくれます。

ボディトリートメント、フェイシャルトリートメント、パッケージ、マタニティケア等を予定しております。トリートメントは、すべてスパリフレッシュメントとフットリチュアル付きです。ご宿泊以外のお客様もご利用いただけます。


 
MUNI SPA


■ 国産精油使用のスパブランド「ALL THAT SPA」がオリジナルプロダクトを開発
日本の風土に根差した国産精油を使用したスパブランド「ALLTHAT SPA」が、当スパのために開発したオリジナルプロダクトを使用します。歴史と伝統ある京都は、周囲の山々が生み出す恵みと清流で、その雅な文化を育んできました。柚子発祥の地として知られる水尾の柚子、北山杉、そして茶の実から採取されるティーオイルなど、古の恵みを取り入れました。嵐山のその先にある京都の自然をご体感ください。


オリジナルバーム
 

■ 関西地区ホテル初導入の「VALMONT」最新エイジングケア
アドバンスフェイシャルケアとして、スイスのクリニック発のプレステージブランド「VALMONT(ヴァルモン)」の最新エイジングケア「Summit of the Cervin(AWF5)」を導入。2018年に新たに加わったラインで、東京地区に続く導入となります。ハリ、引き締め効果、肌密度を高める有効成分をふんだんに使用し、上質な肌に導き、なめらかでふっくらした肌を実感していただけます。

 

 


|「MUNI KYOTO」のオープンに先立ち、デュカス・パリによる
  「MUNI LA BOUTIQUE」2020年7月3日(金)先行オープン!!



ホテルに先行して、2020年7月3日(金)、同敷地内にフランス料理界の巨匠アラン・デュカスが設立したデュカス・パリによる「MUNI LA BOUTIQUE」がオープンしました。
 


MUNI LA BOUTIQUE


ラインナップは、フランスで昔から旅のお供やピクニックの定番として親しまれるさまざまな味わいの“ガトー・ド・ヴォワヤージュ(焼き菓子)”。また、MUNI KYOTOの“シグネチャー”として、朝食や散策のおやつにお召し上がりいただける風味あふれるブリオッシュと、「ル・ショコラ・アラン・デュカス」のクーベルチュールを使用した2種類のオリジナルチョコレートタブレットをご用意しています。どれもパティシエが一つ一つ丁寧に手作りしたMUNI KYOTOならではの味わいです。



ブリオッシュ・オ・レザン&アマンド・トレフィエ

 


ル・マンディアンオ・フリュイ・セック .


 


ガトー・ド・ヴォワヤージュ各種


■ 総支配人
石川 眞大
1992年株式会社帝国ホテル入社。宿泊部門、情報システム部門や営業部門で経験を重ねた後、営業部販売企画課支配人を経て、2017年サイプレスリゾート久米島の総支配人に就任。その後、ホテルシギラミラージュの開業に携わる。2019年「MUNI KYOTO」総支配人に就任。

「MUNI KYOTO」は、京都の西、平安時代に貴族の別荘地として発展して以来、名勝として相応しい文化と歴史、そして恵まれた自然で人々を魅了し続けている嵐山の、桂川に架かる渡月橋の袂に誕生いたします。「MUNI KYOTO」のコンセプトである「唯一無二の景色」とは、嵐山の自然が持つ美しさと、私たちがお客様をおもてなしする心、お客様の脳裏に深く刻まれるかけがいのない「唯一無二のシーン」を創るお手伝いをさせていただくことです。私たちは、世界で、ここでしか実現できない空間・時間・体験と、洗練された心地よいホスピタリティをご提供することで、お客様に「唯一無二の景色」をお持ち帰りいただければと願っております。


■ レストラン
アラン・デュカス
フランス南西部、ランド地方生まれ。革新的発想と細部へのこだわり、品質と技術に対する専心の料理人として知られ、モナコ、パリ、ロンドンの3都市で 3ツ星レストランの指揮を執る一方、後進の育成に精力的に取り組む、現代最も著名なシェフのひとり。飽くなき好奇心と幅広い文化的視点、それを世界中の人々と分かち合う喜びと情熱がその原動力となってる。

私のレストランはどれもユニークで、「MUNI ALAIN DUCASSE」もそのひとつになります。千年の都といわれる京都において、嵐山は美食の場を作るにふさわしい象徴的なロケーション。シェフのユーグ・ジェラールと共に、地元の生産者から厳選した食材を使って仕上げるコンテンポラリーなフランス料理は、このすばらしい景色の中で、忘れられない美食体験となることでしょう。


■ ブランディング・アドバイザー
柴田陽子事務所  柴田 陽子 
コーポレートブランディング・店舗プロデュース・商品開発など多技に渡るコンサルティング業務を請け負う。2015年ミラノ国際博覧会における日本館レストランプロデューサーを務める他、東京會舘、パレスホテル東京、セブン&アイ・ホールディングス「グランツリー武蔵小杉」プロデュースなど、幅広くブランディングに携わる。

嵐山の価値を高め、100年後も同じ景色を守り、なくてはならない存在になるために、また、新たなラグジュアリーステイを提案する嵐山の代名詞となることを目指して、コンセプトは「唯一無二の景色。」としました。それは、ロケーションだけでなく、デザインや料理、ホスピタリティに至るまですべてに唯一無二、オンリーワンのプライドとクオリティを提供するということです。ホテル名はこのコンセプトを体現しシンプルで覚えやすく可愛らしさも持ち合わせた「MUNI」に。世界中から訪れるお客様の記憶に残り、嵐山の皆様に愛されることを考えて創り上げてきた「MUNI KYOTO」ももうすぐオープンです。皆さま、楽しみに待っていてください。


■ 建築デザイン
安田アトリエ 安田 幸一
1958年神奈川県生まれ。1983年東京工業大学大学院修了。 19 83~2002年日建設計。1989年イェール大学大学院修了。1988~1991年バーナード・チュミ・アーキテクツNY。「ポーラ美術館」で村野藤吾賞・日本建築学会賞。福田美術館を設計。現在、東京工業大学教授、安田アトリエ主宰。

建築は、その土地の環境や風土に根ざすことを一番に考えています。「MUNI KYOTO」は、京都の町の伝統的な佇まいと眼前に広がる嵐山の雄大な景色を意識しながら、最先端技術を駆使して現代という時代性も表現しています。隣接する福田美術館のペアホテルとして、美術品を有した大きな邸宅に宿泊するイメージです。外観のモダンなファサードや、桂川につながる庭園というテーマも美術館と揃っています。京都の伝統的な邸宅にとって建築と庭の関係はとても重要です。大自然とそれにつながる庭に包まれて、ゆったりとした時が流れる空間を楽しんでいただきたいと思います。


■ インテリアデザイン
内田デザイン研究所 長谷部 匡
内田繁のもと、建築、インテリア、家具、プロダクトなどのデザインディレクションを手掛けるほか、デザインに関連する出版、展覧会やワークショップの企画プロデュース、アートコーディネート、地域振興計画など、デザインと社会と文化の視点から数多くの企画やマネジメント、教育プログラムなどを広く実現する。2016年より所長を務め、内田繁のデザイン思想や方法を検証するとともに、それらを発展させた手法やデザインの開発を進めている。

今、京都のホテル群にデザイン過多を感じることがよくあります。歴史を重ねた嵐山だからこそ、長く愛されつづける価値をつくりたいという思いのもと、新しいものではあるけれど、モードや観光商業的な属性に流されない、日本ならではの空間づくりにこそこだわりました。外と内、風や視線が融通し、移り行く季節を取り込む場面の変化。「間」と「余白」の奥行きを感じたゲストが、無と全の両方を一挙に感じ見るような、眺めと音と細部と表情と手触りの微細な感覚と緩やかな移ろいに心を写す。そんな小さな発見のひと時に、忘れ得ぬ記憶を重ねてもらえたらと願っています。


■ ランドスケープデザイン
ランドスケープ・プラス平賀 達也
1969年徳島県生まれ。1993年ウェストヴァージニア大学ランドスケープアーキテクチャー学科卒業。 1993~ 2008年日建設計。2008年ランドスケープ・プラスを設立。現在、同社代表、東京農業大学非常勤講師。

嵐山の景観は、数億年前の海底に堆積したチャートと呼ばれる岩石が隆起して形成されました。桂川の煌びやかな表情も、この岩石が砕かれ河床に留まることよって創り出されています。ランドスケープのデザインは、このチャートという壮大かつ繊細な世界観をホテルの庭へと地続きにつなげることで、周囲の美しい風景と一体になれる唯一無二の環境を生み出しています。嵐山とつながる雄大な緑の景観と、嵐山ならではの繊細な光の粒子が重なり合い、そして響き合う特別な庭。この庭に身を委ね、嵐山でしか体験できない、かけがえのない時間をお過ごしいただきたいと思います。

 

 

【施設概要】
ホテル名:MUNI KYOTO
所在地:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3番
ホテル構成:地上3階・地下1階
客室数:21室
敷地面積:3,205.39㎡
   (延床面積 地下1階:1,264.73㎡ 1階: 907.68㎡
       2階: 711.58㎡ 3階: 74.48㎡)
構造: 鉄筋コンクリート造・鉄骨造
ホテル運営: 株式会社クオリタス・ホスピタリティー・アドバイザーズ
地下1階レストラン客席数: 約40席(うち、個室1室)
1階レストラン客席数 : 約30席
スパ、ジム、ショップ
U RL: https ://muni-kyoto.com

アクセス
JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山」駅下車 徒歩12分
阪急嵐山線「嵐山」駅下車 徒歩11分
嵐電(京福電鉄)「嵐山」駅下車 徒歩4分

 

 


京都屈指の、世界でもここにしかないという
唯一無二の存在であることを宣言するネーミングです。
「MUNI」は、ロケーションだけでなく、デザインや料理、ホスピタリティに至るまですべてに唯一無二、
オンリーワンのプライドとクオリティを目指します。
https://muni-kyoto.com


「MUNI」のロゴデザインについて
嵐山の象徴的な存在である渡月橋が着想の原点となっています。
この美しい橋をイメージし、独特のフォーム、新たな図案を構想しました。
Mは、渡月橋の形を表すとともに、ホテルの屋根の形もイメージしています。
渡月橋とホテルの融合とも言えます。


近隣エリアについて
訪れる全ての方に嵯峨嵐山の本物の価値や、心にのこる体験をしていただける場所として隣接する「福田美術館」と共に、「未来100年続く、他にない嵐山エリア」を目指してまいります。
 

 

【PR】

 

(文:PR-H_PR制作部-5  /  更新日:2020.08.12)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ