カンディハウス 深澤直人デザインの「KOTAN(コタン)」追加アイテム発売開始

 

 

カンディハウス コントラクト市場に向けた新製品
北海道産広葉樹の新提案を発表

「次代のロングライフプロダクト」を目指す
深澤直人デザインの「KOTAN(コタン)」
追加アイテムを発表 7月4日から発売開始


 


カンディハウスは、深澤直人氏による「KOTAN(コタン)」追加アイテムを発表。7月4日(土)に発売開始いたします。

オフィスや家での過ごし方が見直され、生活スタイルや働き方が多様化する現代。これら北海道産材を採用した心地よい木の新作家具を公共施設やオフィス、レストラン、ホームユース等幅広い空間にご提案いたします。

コロナ禍によるASAHIKAWA DESIGN WEEKの中止を受け、初の試みとなるオンライン上での発表となりました。また事前来店予約制で7月4日(土)より旭川・東京・大阪ショップにて新製品を展開し、皆さまにお披露目いたします(一部製品となりますが、京都店を除く全店で展示します)。
 

【関連記事】
・ASAHIKAWA DESIGN WEEK 20I9(旭川デザインウィーク2019)開催

 

 


| 「KOTAN(コタン)」追加アイテム

「次代のロングライフプロダクト」を目指して深澤直人氏と開発したシリーズ「KOTAN」。丸棒と丸い座だけで構成されたミニマルな椅子は、発売から1年が経ち、さらに空間提案の幅を広げる新素材を採用したアイテムを発表します。

 

新素材には使用頻度が高いパブリックシーンでも長く使えるよう、座面や天板にリノリウムと木を採用。リノリウムは6色、木は7色展開でカラーバリエーションが豊富になります。
 



追加アイテムのラウンドテーブルは3つの高さ違いで合計12サイズ展開。スタンディング形式のカジュアルミーティングにも使えるハイテーブルや、パーソナルに使える小さなテーブル、直径が大きめのものはダイニングにおすすめです。

 

天板、脚、ベースの組み合わせは全98通りになります。また、ハイテーブルに合わせて、ハイチェアー、ハイスツールも開発。ミニマルなデザインならではの、生活スタイルや働き方が多様化する現代に寄り添うシリーズに発展しました。

 

新製品の詳しい情報はこちらから>>>>>> 「KYOBASHI」 の新作カタログダウンロード

 

 

| デザイナー紹介


深澤直人/Naoto Fukasawa

人の想いを可視化する静かで力のあるデザインや思想に定評があり、国際的な企業のデザインを多数手がける。電子精密機器から家具、インテリアに至るまで手がけるデザインの領域は幅広く多岐に渡る。デザインのみならず、その思想や表現などには国や領域を超えて高い評価を得ている。英国王室芸術協会の称号を授与されるなど受賞歴多数。2018年、「イサム・ノグチ賞」を受賞。多摩美術大学教授。日本民藝館館長。
https://naotofukasawa.com/

 

 

 

 

■ 「CONDE HOUSE 2020 JULY」特設ページより随時新作情報を発信

「KYOBASHI」「KOTAN」他、この7月に新たな発信を行います。ぜひご注目ください。 

https://condehouse.style/

 

ショップは事前予約制です。ご来場の際は以下URLより事前にご予約願います。

https://www.condehouse.co.jp/contact/reserve/

 

 

 

カンディハウス東京ショップ
場所:東京都港区南青山5-4-46 内田ビル1・2階 → map 
営業時間:11:00~18:30 火・水曜定休
電話:03-5931-1188


 

 

 

CONDE HOUSEカンディハウスは、上質な木の家具で心地よいライフスタイルを提案しています。「素材」「構造」「デザイン」にこだわった、長く愛着の持てるロングユースの家具を提供し、修理・張り替えなどのレストアにも対応。ペーター・マリー氏をはじめとする国内外のデザイナーと共同開発し、国内10都市14 拠点をはじめドイツやアメリカの現地法人を通じ世界19ヶ国に発信しています。

www.condehouse.co.jp

 

 

(文:PR-B PR制作部-3  /  更新日:2020.06.30)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ