銀座の北欧家具ダンスク ムーベル ギャラリー「ポール・ケアホルムが残した名作」と題したイベントを開催

 


“ノルディック・ラグジュアリー” な空間を
コーディネートするDANSK MØBEL GALLERY
「ポール・ケアホルムが残した名作」と題したイベントを開催


今では製造されていないポール・ケアホルムの幻の作品、
“アルミチェア”、ダイニングチェア“ PK12 ”、
ダイニングテーブル“P K 50 ” の3アイテムを数量限定にて独占販売

 


東京・銀座の北欧家具を中心に販売・コーディネートするインテリアショップ「DANS K MØBEL GALLERY(ダンスク ムーベル ギャラリー)」では、2020年5月15日(金)~ 6月2日(火)の期間「ポール・ケアホルムが残した名作」と題したイベントを開催いたします。

コロナによる自粛のためイベント期間が変更となりました
展示期間:2020年 6月6日 (土) – 6月30日 (火)
 
東京・銀座の北欧家具を中心に販売・コーディネートするインテリアショップ「DANSK MØBEL GALLERY (ダンスク ムーベルギャラリー)」では、6月6日 (土) – 6月30日 (火)の期間「ポール・ケアホルムが残した名作」と題したイベントを開催いたします。


デンマーク家具黄金期である1950 年代を中心に活躍したデンマーク人デザイナー、ポール・ケアホルム。木材が主流であった当時のデンマーク家具業界にあり、スチールを主な素材として用いた異色のデザイナーです。「素材の可能性を追求したい」という彼の言葉通り、スチール・レザー・石など、彼の家具に用いられる素材は他のどの家具とも異なる佇まいを見せます。考え抜かれた末、極限まで無駄を省いたその構造も大きな特徴の一つです。


「デザイナーをもっと知ろう!!」vol.59 ポール・ケアホルム


このたび、ダンスク ムーベル ギャラリーでは、今では製造されていないポール・ケアホルムの幻の作品、“アルミチェア”、ダイニングチェア“ PK12 ”、ダイニングテーブル“P K 50 ” の3アイテムを数量限定にて独占販売いたします。

 


アルミチェア


今回ご用意するこれらのアイテムは、2007年にケアホルム一族がアメリカのギャラリーと協力して数量限定で復刻生産したもの。そのうちケアホルム一族が代々受け継いでいくため数点保有していたアイテムを、特別にお譲り頂けることとなりました。ポール・ケアホルムの娘であり、当店ダンスクムーベル ギャラリーとかねてより親交のあるクリスティーヌ・ケアホルムさんから頂いた次のメッセージが、本イベントの始まりでした。


「2007 年にリミテッドエディションとして開発されたPK デザインについてご連絡を差し上げます。2007年に数量限定で生産されたアルミチェア・P K 12 ・P K 50 は、これからケアホルム家の子供達、さらには孫の代まで受け継ぐことを予定しており、市場に出回る予定はありません。ただ、ケアホルムデザインの理解者として、ダンスク ムーベル ギャラリーに今回オファーを致します。家族以外でこれらの家具についてのオファーはダンスクムーベル ギャラリーだけです。このたびのオファーをもって、その後は家族の資産として登録されますので、再び市場に出ることは難しくなります」



・企画展「クラフトマンシップの真髄」をダンスク ムーベル ギャラリーで開催。フィンユールのチェアからPPモブラーの幻のテーブルまで展示
・イブ・コフォードラーセンのデザインした“エリザベスチェア”などを銀座で展示販売

 


私どもは、ポール・ケアホルムの家具の持つ静けさや深遠さが、日本人が古来より持っている美意識と一致するという信念のもと、彼の家具を常に展示し、皆さまにご紹介してまいりました。私どもにとりこのような光栄なオファーをいただけたこと、また、日本という場所で皆様にお披露目できますことを、この上なく喜ばしく思います。

このたびの企画展、ケアホルムの気配が感じられるような、そのような企画展になれば幸いでございます。PK12・PK50・アルミチェアに関してはこれが最後の販売機会であり、世界で独占発売となりますので、この機会にぜひ足をお運びいただけましたら幸いでございます。
(上記3作品に合わせ、日本初披露となるレザー天板のダイニングテーブル“PK 40 ” なども展示予定です。)

 

■ アルミチェア



ケアホルムは、大量生産を可能とするためアルミニウムを材料に選定し、それをシンプルな製造プロセスである成型という方法を用いて3本脚の椅子を開発しました。座面と背もたれは薄いシェルによってなだらかに一体となり、また、シェルの強度を増すために周辺部分は中心部とは逆方向に成型されています。3本のスチール脚に成型されたシェルというモデルは、彼の代表的なダイニングチェアP K 9 へと継承されている構想です。当時、ケアホルムはこの椅子は大成功を収めると確信し、パンフレットや広告も自らデザインしましたが、その野心と準備にも関わらず、当時この椅子は大量生産には結び付かず、幻の作品となりました。

商品情報
□ 1953 Chris Sorensen, 2007 R Gallery / Sean Kelly Gallery
□ H65cm × W6 3cm × D64 cm
□ Alu minum
□ ブラック・イエロー・ブルー・グレーの4 色
□ 1,200,00 0 円(税抜)
証明書付

 

 


■ PK12


1960 年初頭、曲げ木のチェアに親和性を感じたケアホルムは、自身でも曲げ木のアームチェアをデザインしました。
ただ、ケアホルムは結果的に曲げ木の技術に限界を感じ、素材をスチールに変え、このPK12 をデザインしました。
このように、スチールを用いることで椅子を構成するパーツを最小限に抑えることが可能となりました。背もたれ・アームレストと一体となった前脚と、背もたれの一部も兼ねる後ろ脚と、その2 つを繋ぐ座面という3 つのパーツよりP K12 は成り立っています。また、身体に触れる部分に暖かな感触を残すため、ケアホルムは様々な材質を考えました。はじめはアームにコルクを用いますが、その後、座面・背もたれともにレザーを用いた仕様となりました。

商品情報
□ 1967 - 1977 E.kold Chistensen A/ S, 2007 R Gallery / Sean Kelly Gallery 1964/2007
□ H68cm × W63cm × D52cm
□ Stainless steel and leather
□ 2,100,000 円(税抜)
証明書付

 

 


■ PK50



ケアホルムの目標の一つは、家具において「構造を示すこと」でした。ケアホルムのそれまでのテーブルは、外から見ただけでは天板の構造が分からないものでしたが、P K 50 により彼は進化を遂げ、まさに構造そのものをテーブルで表現するということを実現しました。このPK50はアームチェアP K12 と対で考えられており、テーブルの脚にスチールを用いることでP K12 の脚と調和を図りました。

商品情報
□ 1964 E.kold Chistensen A/S, 1984 - 2004 PP Mobler, 2007 R Galler y / Sean Kelly Gallery
□ H6 8.5cm × W 240cm × D80cm
□ Mahogany and steel
□ 2,400 ,000 円( 税抜)
証明書付

 

 


 Special Present


『 PK 24 ラウンジチェア ウィッカー( 藤)』

今回の限定品をご契約いただいた方から1名様にプレゼントいたします。


 

 

 

 


HISTORY OF POUL  (1929 - 1980)
1929 年デンマーク北西部の田園地帯に生まれました。デンマークの多くの伝統的なデザイナーがそうであったように、彼も家具職人としての修業を積んだのち、デザインを学びます。1948 年にデンマーク美術工芸学校で学ぶためコペンハーゲンに移りましたが、そこでは当時この学校の教師だったハンス・J・ウェグナーとも出会い、高い評価を得ています。そして、1955 年に王立芸術アカデミーに招かれ、76年からは家具科の教授を務めました。ポール・ケアホルム(POUL KJÆRHOLM )は一切の妥協を許さないデザイナーであり、徹底した美意識を有していました。息子のトーマスが子供のとき、冷蔵庫から牛乳を瓶のまま食卓に持ってきた際には、「なぜピッチャーに移してから持ってこない? そのままでは美しくないだろう」と言ったそうです。多くのデザイナーが自身の内面をデザインとして作品に表現する一方、異なった独自のデザイン哲学を有していました。「自分の個性よりも、素材の特性を表現したいのです」このように語るポール・ケアホルム( POUL KJÆRHOLM )の家具は、空間の中で主張しすぎることがなく、以前からその場にあったかのような静かな佇まいをみせます。素材の特性を活かすことを考えられた家具は、「その素材を用いてどのような家具がつくれるか=どのような構造をつくり上げることができるか」という点に行きつきます。結果的に、構造自体がデザインとなり、360度どこから見ても一切の隙が無い、「隠すところがどこにもない」家具となりました。彼の作品について、椅子研究家で東海大学教授の織田憲嗣先生は次のように語っています。『0.1ミリの誤差も許さない、完璧なまでの造形。知性的で、気高いその作品は、時代を超えて新鮮さを失うことはない。美しい芸術作品とさえいえる。』家具であると同時に美しい構造体でもある作品は、世界にも他に類を見ない気品あふれる家具となっています。

 

 

 


DANSK MØBEL GALLERY (ダンスク ムーベル ギャラリー)
DANSK MØBEL GA LLERY( ダンスクムーベルギャラリー)では、デンマーク家具の販売を始め、照明・ラグ・絵画などトータルでインテリアコーディネート・プランニングを行っております。「北欧インテリア」という言葉から連想されるイメージは、木の素材を活かした明るくナチュラルでオーガニックなインテリア。もちろん、当店でもそのような家具のお取り扱いがございます。それに加え、当店ではシャープでスタイリッシュな北欧家具・インテリアもご提案しています。和の要素やモダンアートも取り入れたDANSK MØBEL GA LLERY のスタイルを、皆様にも是非ともご覧いただければ幸いでございます。

 

【店舗概要】
DANSK MOBEL GA LLERY (ダンスク ムーベル ギャラリー)
場所:東京都中央区銀座1-9-6 松岡第二銀緑館2F → map
OPEN:12:0 0 - 19:0 0 [水曜定休]
URL:https://www.republicstore-keizo.com/dmg/

 

 

【関連記事】
日本初、「デンマークデザインの生み出す最上質な空間」を提供するデンマーク高級家具専門店「DANSK MOBEL GALLERY」銀座にグランドオープン
・ダンスクムーベル ギャラリー インゴ・マウラー展‐デンマークモダンとの邂逅 開催
 

 

(文:PR-C_PR制作部-5  /  更新日:2020.03.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ