アルテック 長坂常による「カラリン」シリーズ日本発売開始

 
 

 

アルテック
長坂常による「カラリン」シリーズ
CIBONE Aoyama、Artek Tokyo Storeにて
日本発売開始

 

 


日本とフィンランドが外交関係樹立100周年を迎える2019年4月、アルテックは、ミラノデザインウィークにて、「FIN/JPN フレンドシップ コレクション」を発表しました。FIN/JPNフレンドシップコレクションは、両国の建築家やデザイナーとのコラボレーションにより、100年に渡る親交関係を続けてきた両国の共通する伝統と文化を現代へと受け継ぐ7つの製品をラインナップしたシリーズです。

そのひとつ、建築家でありデザイナーの長坂常が手掛ける 「カラリン」シリーズが、8月23日(金)より、CIBONE Aoyamaで開催されるArtek FIN/JPN Friendship Collectionにて日本発売を開始します。Artek Tokyo Storeでは9月4日(水)より発売開始、「カラリン」シリーズのウィンドウを展開します。

 

【関連記事】
・1935年にヘルシンキで創業した、北欧のインテリアブランド・アルテックは、2019年春、東京・表参道に日本初となる直営店Artek Tokyo Store (アルテック 東京ストア)をオープン。
・【ミラノデザインウィーク2019速報】アルテック「FIN/JPN フレンドシップ コレクション」発表
 

 


「カラリン」シリーズ

長坂常は、アルテックのスタンダードコレクションの表面に日本の伝統技術を応用しました。それは、長坂常が編み出した、「浮造(うづくり)」と「津軽塗り」を掛け合わせた「カラリン」という彼独自の方法です。今回ラインナップされたスツール60、153ベンチ、901ティートロリーの表面には、木質が柔らかいパイン材突き板を使用しています。表面の柔らかい部分を削る、浮造仕上げにより、木目の凹凸がさらに強調され、陰影豊かな表情が生まれます。その後、津軽塗りを応用し、2色のラッカー塗装を重ねて乾かし、最終的に表面を研磨します。その工程により、自然の木目にふたつの色が浮かび上がり、まるで地形図のような有機的な曲線が現れます。アルテックは、「カラリン」シリーズを世界中の暮らしに届けたいという強い想いから、機械と手作業双方を用いた生産方法に落とし込み、フィンランドの工場でプロダクトとしての量産を実現しました。

「浮造(うづくり)」と「津軽塗り」を掛け合わせた「カラリン」という独自の方法を編み出した長坂常氏

【関連記事】
・日本酒の酒屋を主体に飲食店・アートギャラリー・倉庫を併設する酒販店兼飲食店 スキーマ建築計画の長坂常氏設計で2018年12月3日(月)、リニューアルオープン!

 

 

「Artek FIN/JPN Friendship Collection at CIBONE Aoyama
CIBONE Aoyamaにて、「カラリン」シリーズの日本初発売および、FIN/JPNフレンドシップコレクションのExhibitionをご覧いただけます。4月のミラノデザインウィークでの発表後、日本で初めて、FIN/JPNフレンドシップコレクションが一同に会します。また、8/23(金) には、アルテックとともにこのコレクションを作り上げた、長坂常、皆川 明、二俣公一をゲストに招いてのレセプションも開催されます。

Reception
日時:8/23(金) 18:30 – 21:00
ゲストデザイナー:長坂常、皆川 明、二俣公一

 


【開催概要】
Artek FIN/JPN Friendship Collection
会期:8/23(金) – 9/19(木)
時間:11:00 – 21:00
会場:CIBONE Aoyama
        東京都港区南青山2-27-25 → map
        ヒューリック南青山ビル 2F
https://www.cibone.com/news_exhibition/exhibition36/

 

 

その他のお知らせ
■ 9/4(水) Artek Tokyo Store 9/13(金) Artek Webstore発売開始
Artek Tokyo Storeでは9月4日(水)より、「カラリン」シリーズのウィンドウを展開、「カラリン」シリーズ全ラインナップの発売を開始します。2019年6月にスタートしたアルテックのオンラインストア、Artek Webstoreでは、9月13日(金)より、さらに10月以降、全国のアルテック取り扱い店舗にて発売します。
 


■ DESIGNART 2019 : 二俣公一による「キウル ベンチ」ローンチ
 Artek Tokyo Storeは、2019年秋、DESIGNARTに参加します。DESIGNARTでは、Landscape of Designのテーマを掲げ、FIN/JPNフレンドシップコレクションのひとつである、二俣公一によるアルテックの新作キウルベンチ の発表とそのデザインの原点を巡る展示を行います。



「キウル」はフィンランド語で「桶」を意味する言葉です。広大な自然にその身を委ねて、体や心を清め、さらに第三者のコミュニケーションを生む、サウナと温泉という公衆浴場の文化に見る両国の繋がりを着想点としてデザインされました。

Artek Tokyo Storeでは、写真家 津田直によるフィンランドの雄大な自然を映し出す写真を背景に、キウルベンチの原点を巡るウィンドウディスプレイを展開、そして地下1階では、暮らしにおける使い方のヒントを展示します。
 
【関連記事】
 ・アルテックの日本初となる直営店Artek Tokyo Store 表参道にオープン

 

 

 

【店舗概要】
名称 : Artek Tokyo Store
所在地 : 東京都渋谷区神宮前5 - 9 - 20,1F・B1F
交通 : 東京メトロ千代田線「表参道駅」徒歩5分
営業時間 : 11:00 - 20:00
定休日 : 火曜日

Photo by Petri Artturi Asikainen​​

 

 

アルテックについて

アルテックは1935年、アルヴァ・アアルト、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス=グスタフ・ハールの4人の若者により「家具を販売するだけではなく、展示会や啓蒙活動によってモダニズム文化を促進すること」を目的に、ヘルシンキで設立されました。今日、アルテックのコレクションは、フィンランドの巨匠たち、そしてグローバルに活躍する建築家やデザイナーによる家具や照明器具、ホームアクセサリーが揃っています。それらは一様に、機能主義に基づき、明快なデザインとシンプルな美しさを追及した製品です。創業者の精神を受け継ぎ、アルテックは今日でもデザイン、アート、建築の交点に立ち、未来への道を切り開き続けています。

アルテックHP

https://www.artek.fi/

 

 

(文:PR-W_PR制作部-5  /  更新日:2019.08.15)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ