新ランドマーク 渋谷スクランブルスクエア(東棟)11月1日オープン


渋谷スクランブルスクエア(宮益坂交差点方面よりのぞむ)

 


渋谷駅直結・直上!地上47階建ての新ランドマーク 
渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)
2019年11月1日(金)に開業

 


東京急行電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、東京地下鉄株式会社が共同で事業主体となる渋谷スクランブルスクエア株式会社の渋谷駅直結・直上、地上47階建ての新ランドマーク「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」が、2019年年11月1日(金)に開業します。


「渋谷スクランブルスクエア」は、渋谷駅の直上に位置し、施設全体は東棟・中央棟・西棟の3棟で構成され、東棟は渋谷エリアで最も高い高さ230 m、地上46階・地下7階建てです。14階・45階~屋上の展望施設「SHIBUYA SKY」、17階~45階のオフィス、15階の産業交流施設「SHIBUYA QWS」、地下2階~14階の大規模複合施設商業施設「渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン」では、全212店のショップ&レストランがオープンします。

 





完成途中の渋谷スクランブルスクエア

 


渋谷スクランブルスクエア 位置図

 

 

| 「世界最旬宣言」をビジョンに掲げる商業施設
「渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン」(地下2階~14階)

日本初上陸7店、渋谷エリア初出店45店、新業態37店を含む全212店が出展するショップ&レストランは、時代にふさわしい価値観を世界に発信するラグジュアリーブランドや、渋谷のストリートファッションを牽引してきたセレクトショップがそれぞれの「旬」を体現するとともに、渋谷駅直結・直上の立地を生かし、都市生活者の利便性を向上する店舗です。


地下2階~1階は食物販を中心に、日本初上陸となるフランス発の人気パティスリー「MORI YOSHIDA(モリ ヨシダ)」やミシュランで5度星を獲得したシェフによるベーカリー「ティエリー マルクス ラ ブーランジェリー」など、スイーツや惣菜が集まる「TOKYU Foodshow EDGE(トウキュウ フードショー エッジ)」(運営:株式会社東急百貨店)や、エキナカ商業施設「エキュート」の新業態「ecute EDITION(エキュート エディション)」(運営:株式会社JR東日本リテールネット)が展開する旬のスイーツ専門フロア、老舗スーパーマーケット紀ノ国屋の新業態「Gourmand Market KINOKUNIYA(グルマン マーケット キノクニヤ)」で構成されます。

 


商業施設フロアイメージ

3階には、「BALENCIAGA(バレンシアガ)」、「ジバンシィ」、「ティファニー@渋谷スクランブルスクエア」などのインターナショナルラグジュアリーブランドや、日本発のコレクションブランド「sacai(サカイ)」が並びます。2階・4階~9階は「ユナイテッドアローズ」、「TOMORROWLAND(トゥモローランド)」、「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」をはじめとする人気のセレクトショップやファッション雑貨など、ライフスタイルを彩る店舗が出店します。
 

10階・11階・14階は、体感型デジタルコンテンツやラジオ公開収録など“公共メディア”に進化するNHKを体験できるスペース「NHKプラスクロスSHIBUYA」が出店するほか、シェアラウンジを設けた「TSUTAYA BOOKSTORE(ツタヤ ブックストア)」、「東急ハンズ」といった知的好奇心を満たす店舗が揃います。

 


 

商業施設12階イベントスペースイメージ


商業施設13階レストランフロアイメージ

12階~13階の全17店が並ぶレストランフロアは、「FOODIES SCRAMBLE(フーディーズ スクランブル)」に名称を決定しました。日本初上陸となるマドリードで人気のスペイン料理「José Luis(ホセ・ルイス)」をはじめとし、自社醸造のクラフトビールを提供する飯能(埼玉県)発都内初出店のアラビア・地中海料理「CARVAAN TOKYO(カールヴァーン・トウキョウ)」など、渋谷らしい新たな食のスタイルを発信します。

【施設概要】
フロア :地下2階~14階
営業面積 :約32,000㎡
店 舗 数 :212店(物販125店、食物販57店、飲食28店、サービス2店)
※詳細は店舗一覧参照
営業時間 :
◇物販・サービス(地下2階~11階、14階) 10:00~21:00
◇レストランフロア「FOODIES SCRAMBLE(フーディーズ スクランブル)」 (12階、13階)
 12階 11:00~23:00/13階 11:00~24:00
※一部店舗については、営業時間が異なります

 

 

 

 

| 展望施設 「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」(14階・45階・46階・屋上)


展望施設「SHIBUYA SKY」概念図
 

「SHIBUYA SKY」は渋谷最高峰約230mのパノラマビューを誇り、日本最大級の屋上展望空間(約2,500㎡)を有する展望施設「SHIBUYA SKY」は、世界的な注目を集めるクリエイティブ集団・株式会社ライゾマティクスの“ライゾマティクスデザイン”部門を演出プランナーとして採用。渋谷上空ならではの非日常的な空間演出と“解放感”あふれる展望施設で、感覚を研ぎ澄ませ想像力を刺激する一貫した体験ストーリーを提供します。また、46階からの景色を一望できるカフェ&バーや、スーベニアショップもお楽しみいただけます。
 

展望施設「SHIBUYA SKY」の考え方
たくさんのヒト・モノ・コトが、日本中・世界中から流れ込み、独自の文化や新しい価値観を生み出し続ける渋谷。そんな渋谷に生まれる「SHIBUYA SKY」は、景色を眺めるだけにとどまらない、この街だからできる展望施設の形です。施設全体が1つの展望装置となり、街の歴史やエネルギーを吸い上げ、目の前に広がる景色だけでなく、その先につながる世界や自分自身、そして未来をも展望する。訪れた人が「新しい物差し」に気づくきっかけとなる。想像力を育む場として、渋谷のシンボルになることを目指します。

株式会社ライゾマティクス
2006年に設立。Webから空間におけるインタラクティブ・デザインまで、幅広いメディアをカバーする高い技術力と表現力を併せ持つ組織。アーティストのほか、ハードウェア/ソフトウェアのエンジニアなど、さまざまなバックグラウンドを持つ個性豊かなクリエイター、プロデューサーが在籍し、メディアアートで培った知見と高い技術力・企画力をエンタテイメントや広告といった多分野において展開。プランニングから制作までフルスタックで手がけ、海外においてもその名を知られる数少ないプロダクションです。国内外の広告賞やクリエイティブアワードなど多数受賞の実績をもちます。
https://rhizomatiks.com

 

【施設概要】
名称:SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)
フロア:14階(チケットカウンター)、
          45階・46階(屋内展望施設・スーベニアショップ・カフェ)、
          屋上(屋上展望空間)
高さ:地上約230m
営業面積:屋上展望空間 約2,500㎡、
               屋内展望施設 約3,000㎡
入場料:2,000円(税込)
営業時間:9:00~23:00(最終入場22:00)

入場チケット予約
9月1日(日)から、予約受付を開始します。
オフィシャルWEBサイト( https://www.shibuya-scramble-square.com/sky
※11月分の入場チケットは、オフィシャルWEBサイトからの申込限定で完全予約制となります


 

| 産業交流施設 「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」 (15階)


産業交流施設「SHIBUYA QWS」は、「SHIBUYA QWS」オフィシャルWEBサイトにて会員募集を開始するとともに、イベントスペース「SCRAMBLE HALL(スクランブルホール)」の利用申込受付を開始します。

オフィシャルWEBサイト( https://shibuya-qws.com/space/rental

多様な人たちが交差・交流し、社会価値につながる種をうみだす「SHIBUYA QWS」。「渋谷から世界へ問いかける、可能性の交差点」をコンセプトとして11月1日(金)にオープンします。オフィシャルWEBサイトにて会員募集を開始するとともに、200名規模のイベントスペース「SCRAMBLEHALL(スクランブルホール)」の利用申込受付を開始しています。
 

「SHIBUYA QWS」3つの特長
①コミュニティコンセプト「Scramble Society(スクランブル・ソサエティ)」
SHIBUYA QWSは、年齢や専門領域を問わず、渋谷に集い活動するグループのための拠点です。コミュニティコンセプトを「Scramble Society」とし、グループ間の交流や領域横断の取り組みから化学変化が生まれ、未来に向けた価値創造活動を加速させます。

②オリジナルプログラム「QWS Program(キューズプログラム)」
  「QWS Program」は、大学をはじめとするさまざまな領域のパートナーと連携し、価値創造を加速させるSHIBUYA QWSのオリジナルプログラムです。プログラムは、「出会う」「磨く」「放つ」の3つのフェーズに分けて提供を行い、参加者それぞれが持つ「問い」を掛け合わせることで、かつてない化学反応を次々と起こし、領域横断的な価値を生み出します。

③共創と支援を促進する「多様でフレキシブルな空間」
 15階のフロア全体を占める約2,600㎡の空間は、スクランブル交差点を眼下にのぞみ、200名規模のイベントが開催できる「SCRAMBLE HALL」、さまざまな活動が行われ、人々が行き交う空間「CROSS PARK(クロスパーク)」、交流や対話を促進する上質空間「SALON(サロン)」、新しい価値創造に取り組む場「PROJECT BASE(プロジェクトベース)」などの多様な要素で構成され、共創と支援を促進します。
 

■主な連携パートナー(順不同)
SHIBUYA QWSは、東京大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京都市大学をはじめ、株式会社ロフトワーク、EDGEof、NPO法人 ETIC.、株式会社ミミクリデザイン、ドリフターズインターナショナル、株式会社東急エージェンシー、三浦法律事務所、フォースタートアップス株式会社、HAX Tokyoなど、領域を横断しさまざまなプレイヤーと連携していきます。(2019年7月現在)

■会員プラン
会員組織は、個人もしくはグループで新しい価値創造に挑戦する「QWSメンバー」を中心に、法人会員「QWSコーポレートメンバー」、各分野で活躍しているリーディングプレイヤーなどSHIBUYA QWSの価値に共感し支援するコミュニティ「QWSコモンズ」の3種類で構成されます。それぞれの会員プランによって会員特典が異なり、プログラムやイベントへの優待、フロアの利用権限などが付与されます。7月4日(木)から会員募集を開始します。
  ※詳細はオフィシャルWEBサイト( https://shibuya-qws.com/ )をご参照ください。

 

【施設概要】
イベントスペース「SCRAMBLE HALL」
名称 : SCRAMBLE HALL(スクランブルホール)
利用可能時間 : <午前・午後> 9:00~15:00(6時間)、
                       <午後・夜間> 16:00~22:00(6時間)
                       <全日> 9:00~22:00(13時間)
利用料金 : <午前・午後> 230,000円(税抜)、
                 <午後・夜間> 230,000円(税抜)
                 <全日> 420,000円(税抜)
※備品・人件費を含まず
面積 : 約200㎡
主な設備_: 200インチスクリーン(3面)、
                プロジェクター(3台)、
               音響設備、ライティングレールなど
予約期間_: 利用日の6カ月前の1日より申込受付
「SCRAMBLE HALL」の利用申込受付
詳細はオフィシャルWEBサイト( https://shibuya-qws.com/space/rental )をご参照ください

【施設概要】
名称:SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)
フロア:15階
営業面積:約2,600㎡
営業時間:平日8:00~23:00
              土日祝9:00~22:00

 

【施設全体概要】
名称 :渋谷スクランブルスクエア/SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE
事業主体 :東京急行電鉄㈱、東日本旅客鉄道㈱、東京地下鉄㈱
所在 :東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号
用途 :事務所、店舗、展望施設、駐車場など
延床面積 :第Ⅰ期(東棟)約181,000㎡、第Ⅱ期(中央棟・西棟)約96,000㎡
階数 :第Ⅰ期(東棟)地上47階 地下7階、第Ⅱ期(中央棟)地上10階 地下2階、(西棟)地上13階 地下5階
高さ :第Ⅰ期(東棟)約230m、第Ⅱ期(中央棟)約61m、(西棟)約76m
設計者 :渋谷駅周辺整備計画共同企業体
※㈱日建設計、㈱東急設計コンサルタント、㈱JR東日本建築設計、メトロ開発㈱
デザインアーキテクト :㈱日建設計、㈱隈研吾建築都市設計事務所、㈲SANAA事務所
運営会社 :渋谷スクランブルスクエア㈱
※東京急行電鉄㈱、東日本旅客鉄道㈱、東京地下鉄㈱の3社共同出資
 開業 :第Ⅰ期(東棟)2019年11月1日(金)、第Ⅱ期(中央棟・西棟)2027年度
 URL :https://www.shibuya-scramble-square.com

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2019.07.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ