F031デスク LIVING MOTIF限定モデル / 「ウォールナット」登場

 


 

 

フレンチモダンの定番デスク
機能性を追及したピエール・ポランの名品
LIVING MOTIFだけの特別カラー
限定モデル / 「ウォールナット」が登場

 



2003年にメトロクスが製造及び販売権を取得した待望の復刻版であるフレンチモダンファニチャー「F031デスク」から「*LIVING MOTIF」でのみ限定発売される特別カラー「ウォールナット」が登場します。


ピエール・ポランが1950年代に手掛けたこのデスクは1960年代を象徴する有機的なデザインとは異なり、初期作品にみられる直線を基調としたミニマルなデザインと、機能性を追求したシンプルなスタイルが特徴的です。ウォールナットの深みのある色合いは、マットブラックの天板と馴染みながら、互いを引き立て合う特別な組み合わせです。

 

*LIVING MOTIF
東京六本木のアクシスビルにあるインテリア雑貨からステーショナリー、書籍、家具まで揃うインテリアショップ.

https://www.livingmotif.com/

 

ピエール・ポランが1950年代に手掛けた「F031 デスク」 メトロクス限定カラー「ナチュラルオーク」

 

 


傷がつきにくいマットな質感の天板、設置場所を選ばない背面仕上げ、強度とデザインを両立させた安定感のあるスチール製の脚など、無駄を排除しディティールにこだわったシンプルな構造で、どこから見ても美しいデスクに仕上がっています。

 


ピエール・ポランが1950年代に手掛けた「F031 デスク」   LIVING MOTIF」特別カラー「ウォールナット」


 

デスクトップパソコンも悠々と置くことができる奥行き。深さの異なる2段の引出しは、A3サイズが入る大きさで十分な収納力があり、デスク上をすっきりと保つことができます。


ピエール・ポランが1950年代に手掛けた「F031 デスク」   LIVING MOTIF」特別カラー「ウォールナット」

 

 家具の産地、旭川近郊の家具工場で作られる最高峰の技術と品質。天然木の美しい木目を活かした仕上がりで、その軽やかながらも落ち着いた佇まいは、上質な空間を演出します。落ち着いた色合いは様々なインテリアに調和し、SOHOでのご使用はもちろん、ショップのカウンターデスクとしても上質な空間を演出します。

 

 


ピエール・ポラン

フランス・パリ生まれ。パリのエコール・カモンド校で家具のデザインを学ぶ。1950年代に入り、フランスの家具メーカーから多数の製品を発表し、頭角をあらわす。1960年代にはオランダのアーティフォート社から、リボンチェアやタンチェアなど自身の代表作となる椅子を次々と発表し、同社のブランド確立に貢献。国際的なデザイン賞を多く受賞したフランスを代表するデザイナーの一人である。

 

【商品概要】
F031Desk / ウォールナット
デザイン:ピエール・ポラン (1953年)
ブラン:メトロクス
生産国:日本サイズ幅1300×奥行610×高さ725mm
引出:深さ:上段85mm、
        下段110mm
材質:天板:メラミン化粧板
        取手、脚部:スチール
        引き出し:オーク仕様重量:25kg
重 量:25kg
価 格 ¥183,600(税込)
取扱店舗 :LIVING MOTIF
TEL:03-3587-2463
受注生産品:通常5日〜10日程度でお届けいたします
組立不要(取っ手の取付のみ)
 

 


https://www.livingmotif.com/


 



https://metrocs.jp/

(文:PR-W_PR制作部-5  /  更新日:2019.04.15)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ